プログラミング道場Top

エンジニアであることを辞めていった人達

更新日:

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、一方でエンジニアを辞めていく人の話も聞いたことがあります。
どういった理由で、辞めていったんでしょうか?

エンジニア目指していたはずが、いつの間にかコードを書くことを辞めたり、業界を去った人達の理由を挙げていきます。

本記事の内容

  • プログラミングを覚えることができない
  • 保守・運用がメイン業務で、技術をアップデートしない
  • 管理職ポジションになって、技術をアップデートしない
  • 労働環境が劣悪
  • 給料が悪い

プログラミングを覚えることができない

このタイプは、プログラミングを覚えることができない人です。
単純にプログラミングに向いてないのだと思います。
大体、エンジニアになろうとして、半年から一年以内に辞めていきます。

保守・運用がメイン業務で、技術をアップデートしない

同じ環境で仕事をしていると、その場所では新しい技術を覚えることができずに、いつのまにか自分の使っている技術が古くなっているということがあります。
保守・運用だけをやっている人にありがちです。
プライベートの時間を削って勉強していれば、別の道も開けやすいのですが、「勉強は会社にいる間だけ」と決めている人は、こうなりがちです。
その人と同じことができる人は沢山いるため、給料もあがらなくなるので、次第にプログラミング以外の道を模索し始めます。
コードを書かないエンジニアのマネージャーになるケースもありますが、残念ながら周りからの評価は低いことが多いです。

対応策

  • プライベートの時間も勉強にあてる。
  • 保守・運用しかしていなくてスキルが伸び悩んでいると思い始めたら、転職するか部署を移動する。

管理職ポジションになって、技術をアップデートしない

管理職になると、管理タスクが増えてきて、コードを書く機会が減ってきます。
このケースも上記と同様で、プライベートの時間を削って勉強すれば問題はないのですが、そうでないと次第に技術力が鈍ってきて、管理業務だけしかできない人になっていきます。

対応策

  • プライベートの時間も勉強にあてる。
  • あえて管理職から降りる。
    難しい決断ではありますが、ベンチャー企業では意外と見られる光景です。
    管理職は必要とされているようで、陳腐化しやすいポジションなので、ストックオプションでも貰ってない限りは、管理職に留まり続けるのはリスクです。
  • 転職する。

労働環境が劣悪で病んでいく

ITの現場は3K、もしくは4Kと呼ばれるぐらい劣悪な環境が沢山あります。
長時間労働やパワハラとかは普通にあります。
多重下請け構造や厳しい納期のせいで、そういったイジメが起こりやすい温床があります。
特にSier業界は厳しいようです。
その環境で心を病んだり、身体を壊して業界から去っていく人達がいます。

対応策

  • これは転職しかないです。
    今だと、大都市圏にいけば、いくらでも働き口があるので、そこで転職するのがいいと思います。
    多重下請け構造がないWeb系だと、環境は良いはずです。
    IT業界では、転職活動を頑張れる人が幸せになっています。

給料が悪い

IT業界は、多重下請け構造がまかり通っていたので、何社かに中抜きされた結果として、エンジニアの給料が安くなりがちという構造がありました。
わざわざ、他社の名刺を作ることもあるぐらいです。
次第に、その構造に疲れて業界を去る人達がいます。

対応策

  • Web系の会社で直接雇用を目指す。
  • SESの会社で働く。ただしマージンは20%以下のところ。
    例えばレバテックはマージン率が低いはずです。
  • 会社に辞意を伝えて給料交渉をする。
    あまりお勧めはできないですが、この方法で給料を上げる猛者もいます。

まとめ

過去10年間は、こういった事情で辞めていく人が多かったです。
でも、最近はエンジニアの待遇は良くなり、雇用の流動性も高まってきました。
これからは、エンジニアを辞める人は少なくなるかもしれません。

転職を考えている人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

Good luck for your engineer life!

-エンジニアの生き方

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.