プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

Sierに勤めてCOBOLを勉強することは絶対に止めよう【触るな危険!】

更新日:

Sier企業に勤めると、今でもCOBOLの案件があると聞きます。
今からCOBOLを勉強することについて、どう思いますか?

記事の内容


今でも、一部の大手金融機関ではCOBOLが使われているので、その保守をするエンジニアが必要とされているようです。
ただし、これからはCOBOLの案件がドンドンと減っていくので、今から勉強することは全くオススメできません。
この記事では、私がそう思う理由について説明していきたいと思います。

COBOLとは何で、どこで使われているのか?

COBOL(コボル)は、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語です。
金融系の企業や政府機関で主に使われていて、COBOLで書かれているプログラミングの行数は、世界で2,000億行と推定されているそうです。
古い言語ということもあり、2010年のIPAの資料によれば、国内で2番目によく使われていた言語だそうです。
それから10年近く経っているので、状況は変わっているとは思いますが、それでもかなり使われている言語なのかもしれません。
ただし、現在、多くの場所で、COBOLからJavaへの移行プロジェクトが進んでいるはずです。
10年後には、COBOLが使われている現場は、さらに減少しているはずです。

ちなみに、新規開発で使われているという話は聞いたことがありません。

気になるCOBOLエンジニアの収入

COBOLはエンジニアが少ないから、収入がいいという話をたまに聞きます。
それで、実際に求人を調べてみました。

安すぎる。45万円から50万円!

都内のWeb系の求人だと、80万円から100万円が一般的なので、Web系に比べると2分の1ぐらいの給与です。
ハッキリ言って、安すぎますね(笑)


基本情報処理試験の問題から外されたCOBOL

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2019年1月24日、「基本情報技術者試験」で、COBOLを廃止し、Pythonを追加すると発表しました。

基本情報技術者試験とは、エンジニアとして一人前になるための登竜門的な試験です。
その試験のプログラミングの問題において、今までは受験者は、C、Java、アセンブラ、表計算(Excel)、COBOLから、どれか一つを選択して問題を解いていました。
でも、これからはCOBOLが外されて、Web系や機械学習で需要があるPythonが採用されます。

この事実からも、COBOLの需要が減衰していることがわかります。

まとめ

この記事では、簡単にCOBOLの特徴を説明しました。

ここがポイント

  • COBOLは歴史のある言語で、世界で使われている
  • COBOLでの新規開発は、ほとんどない
  • COBOLエンジニアの収入は低い
  • COBOLの試験は、基本情報技術者試験から外される

ハッキリ言って、COBOLを勉強したとしても、将来性は全くありません。
今、COBOLに関わっている人は、ダッシュで逃げ出しましょう。

Good luck for your engineer life!

Web系への転職を考えている人は、こちらの記事を読んで下さい

エンジニアになるなら、Web系が最高な理由【デメリットがない!】

Web系のエンジニアを目指す人が勉強すべき言語【RubyかPHP】

働きながらプログラミングを学習したい人は、この記事を読んで下さい

働きながら学べるオンラインプログラミングスクール【転職すれば無料もあります!】

プログラミングを始めたいのですが、仕事を辞めるつもりはありません。 私にはプログラミングの才能があるかわからないので、保険的な意味で仕事を辞めるべきではないと思うからです。 それでもプログラミングを始めてみたいのですが、働きながら通えるプロ ...

続きを見る


30代からプログラミングを始めようか迷っている人は、この記事を読んで下さい

30代からプログラミングを始めることは可能なのか?【頑張ればギリギリセーフ】

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、若い人達が多い印象です。 30代から始めても間にあいますか? 2019年12月の有効求人倍率 記事やニュースなどで知っている人もいるかと思いますが、今、エンジニアは世界的に不足しています。 まずは、 ...

続きを見る


プログラミングスクールに行くか迷っている人は、この記事を読んで下さい

なんとなく、エンジニアになりたい人が無料のプログラミングスクールに行くべき理由【2020年最新】

有料や無料のプログラミングスクールが多すぎて、どこにしようか迷っています。 無料のプログラミングスクールは、お得そうに見えますが、実際の所はどうですか? メリットやデメリットなどがあれば教えて下さい。 前提として この記事は、エンジニアにな ...

続きを見る


自分がやりたいことにプログラミングが必要かどうかを知りたい人は、この記事を読んで下さい

プログラミングを始める前に動機を確認しよう【プログラミング学習は本当に必要ですか?】

プログラマの仕事の今と昔 プログラマという職業に就く人達が増え始めたのは、2005年ぐらいからです。 2005年は、Webが流行り始めた頃だと言い換えてもいいかもしれません。 プログラミングを使った仕事の変遷を知るためにも、まずはその当時の ...

続きを見る


ゼロからWebエンジニアになりたい人は、この記事を読んで下さい

ゼロからWebエンジニアとして就職する方法【何もない自分に積み上げていく】

ちまたには、「エンジニアになるための情報」で溢れかえっています。 ジョージさんが考える「Webエンジニアになる方法」を教えて下さい。 私が定義するWebエンジニア まず、最初に以下の図を見て下さい。 これが、Web業界で働く人達の大分類です ...

続きを見る


海外で働いてみたい人は、この記事を読んで下さい

海外で働きたいエンジニアが登録すべき求人サイト

海外で働いてみたいけど、何から始めたらいいの? どのサイトに登録したらいいんだろう? doda dodaのサイトで検索条件を「勤務地;海外」、「職種;技術職」として検索してみましょう。 そうするといくつかの案件がマッチします。 ここでは、そ ...

続きを見る

関連コンテンツ

-IT業界, IT業界の説明, Sier

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.