プログラミング道場Top

IT業界が終わっていると言われる理由

更新日:

IT業界は、なぜオワコンって言われるんですか?

IT業界がオワコンと呼ばれるのには、明確な理由があります。
この記事では、その理由を説明します。
ちなみに、IT業界でもWeb業界はオワコンではありません。
オワコンなのはSier(エスアイアー)業界です。
Sierとは、System Integrator(システム インテグレーター)の略称です。

本記事の内容

  • Web業界とSier業界の違い
  • Sier業界のプロジェクトの始め方
  • Sier業界の中抜き体質
  • プロジェクトが終わった後
  • Sier方式がオワコンである2つの理由
  • 考察

Web業界とSier業界の違い

IT業界には大別してWeb業界とSier業界があります。
業界の違いは、大まかには以下のようになります。

  • Web業界は、自分達でサービスを作っている業界。
  • Sier業界は、IT以外の業界でITが使われる仕事を手伝っている業界。
    例えば、Sierの会社は銀行のATMシステムを作ったりします。

IT業界の詳細を知りたい方は、こちらの記事を読んでみて下さい

Sier業界のプロジェクトの始め方

オワコンと呼ばれるSier業界のプロジェクトの始め方を見ていきましょう。
ここに書かれている数字は、あくまでも例です。

銀行

みずぽ銀行のATMを作りたいんだけど?
予算は100億円で頼むわ。


Sier

[ボスSier]
わかりました。

エンジニアを500人集めます。

↓(下請けの数社に声をかける)

Sier

[ボスSier]
みずぽ銀行がATMを作りたいらしい。
各社、エンジニアを100人づつ集めて欲しい。
予算は80億円で頼むわ。

Sier

[下請けSier1]
わかりました。
エンジニアを100人集めます

↓(下請けの数社に声をかける)

Sier

[下請けSier1]
どっかの銀行がATMを作りたいらしい。
各社、エンジニアを10人づつ集めて欲しい。
予算は60億円で頼むわ。

Sier

[下請けSier2]
わかりました。
エンジニアを10人集めます

↓(エンジニアに声をかける)

Sier

[下請けSier2]
どこかの銀行がATMを作りたいらしい。
発注元は現場にいってから確認してくれ。
みんな頑張ってほしい。



はい、わかりました。

このように、発注元から仕事を受けて、下請けに仕事をまわしていくのがSierのやり方です。
日本の企業では、従業員の解雇は認められていません。

従って、Sierは、普段は多くの正社員を雇用するわけにはいきません。
その変わり、エンジニアが必要になったら、このように下請けに声をかけていきます。
これをSier業界のピラミッド構造と呼んでいます。

Sier業界の中抜き体質

上の会話を読んでいると、下にいくほど予算が減っていくことがわかります。
これは間に入っている会社が、多くの中間マージンを抜いていくからです。
そのため、銀行が出した予算が100万/月だとしても、エンジニアの手元に入ってくる金額は50万/月以下になります。
そして、ほとんど何もしていない営業の人が残りの50 万円を貰います。
これをSier業界の中抜き体質と呼んでいます。

プロジェクト体制

こうして出来上がったチームは、同じ会社の社員でもなんでもありません。
むしろ、こんな感じの寄せ集めチームです。
A社;10人、B社;10人
C社;10人、D社;10人
E社;10人、F社;10人
G社;10人、H社;10人
I社;10人、J社;10人

そのため、プロジェクト開始時はコミュニケーションすら、ままなありません。
このような会話はよくある話です。
「オタクは何次受け?」

「5次受けって聞きましたけど、よくわかりません。」
こうして、まずはチーム作りとお互いのスキルを知ることからプロジェクトが始まります。

このしたプロジェクト体制では、精神的に病む人も出てきます。
今のIT業界のエンジニア不足の一因は、こういったプロジェクト体制のためです。
私は、このやり方が本当に嫌いです。

プロジェクトが終わったあと

仮に2年かけてプロジェクトが完成したとします。
そうすると現場にいた100人は、ほとんどやることがなくなります。
そのため10人ぐらいのエンジニアをのこして、残りの90人は現場から撤収します。

プロジェクトの追加開発をやる時

数年後に、追加開発の作業をやる必要がでてきたとします。
その時に残った10人で作業ができれば、問題はありません。
でも、その10人では間に合わない場合は、改めて人を呼ぶところからやり直しです。

そして、集められるエンジニアは、前回、開発を手掛けたエンジニアではありません。
なぜならば、その時に銀行で働いていたエンジニアは、すでに別の現場で働いているからです。
そうして、新たに派遣されてきたエンジニアは、残されたドキュメントとソースコードを手掛かりにして、追加開発を始めます。
彼らは、既存の仕様やコードを理解していないので、開発効率が悪いのは言うまでもありません。

Sier方式がオワコンである理由

Sierの仕事を見ながら、改めてWeb系との仕事のやり方を比べてみましょう。

Sier
  • エンジニアを集めるのに時間がかかる。(数ヶ月はかかります)
  • エンジニアに払われている給料が安いので、エンジニアのモチベーションが上がらない。
  • エンジニアは、銀行(受注元)から言われたことしかやらないので、サービスが洗練されない。
    エンジニアからの主体的な提案がない。
  • エンジニアの流動性が激しいので、システムに熟知している人が少ない。
  • エンジニアの銀行に対する忠誠度は低い。
Web系
  • エンジニアを自社で雇っているので、新規機能の追加が早い。
  • 直接雇用なので、給料が高めで、エンジニアのモチベーションも高い。
  • エンジニアがサービス運営に関わっているので、エンジニア側からも積極的に意見が出てくる。
  • エンジニアの流動性はあるものの、そのシステムを熟知しているエンジニアが多い。
  • エンジニアの企業に対する忠誠度は高い。

考察

SierとWeb系を比べてみて、Web系の開発方式がよいのは一目瞭然です。
それでも、2010年ぐらいまでは、Sierのやり方が一般的でした。
なぜならば、それまでは世の中のビジネスのスピードがそこまで早くはなかったからです。
つまり、追加開発をする機会はあまり多くありませんでした。
その場合は、エンジニアを自社で雇用する必要のないSierのやり方が好まれていました。

ところが2010年以降ぐらいから、ビジネスのスピードがあがってきました。
様々なWeb系の会社が、毎日、創意工夫をして、常に追加開発をしています。
これを我々はアジャイル開発と呼んでいます。


こうしてWeb系が躍進して、Sierは没落しているのが今の時代です。

それでも長年のやり方は、なかなか止められないので、Sier中心の開発はしばらく続きそうです。
それは日本のIT業界が、しばらく停滞することを意味します。

一方で、自社でエンジニアを雇って、自社開発に切り替えている会社も増えています。
そうしたSierからの脱却の流れが加速すれば、日本の企業の復活も早まるかもしれません。

ちなみに、もし、あなたがSierに勤めているならば、Web業界への早めの転職をオススメします。
5000人規模の配置転換を決めた富士通を見ればわかりますが、Sier業界は多くの余剰人員を抱えています。
そして、Sierは余剰人員(使えない社員)をリストラすることはできないので、積極的な投資をすることもできません。
なぜならば、積極的な投資をする傍らでリストラをすることは、残念ながら日本では認められていないからです。
それは今後、Sier業界は右肩下がりであり続けることを意味します。
Sier業界で働く多くのエンジニアは、なかなか日の目を見ることはないでしょう。

もし、そんな状況を変えるキッカケを掴みたいという方がいれば、dudaに登録して無料相談をしてみるとよいと思います。

Good luck for your engineer life!

-IT業界の説明

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.