プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

ベンチャーか大企業かで迷っている時に考えるべきこと

更新日:

「ベンチャーと大企業のどちらで働くべきか?」という疑問は、おそらく多くの人が一度は自問自答したことがあるはずだ。
考える軸はパッと思いつくだけで、いくつもある。

  • 40歳になった時の給料
  • 福利厚生
  • 裁量の大きさ
  • 仕事の規模
  • 得られるスキル

これらの事を考えた上で、ベンチャーか大企業かを選ぶのは普通だと思う。
でも、最近、もう一つ考えるべきだなと思ったことは組織の形とコミュニケーションの方法だ。
これらを意識していない人は、いくらスキルがあったとしても不幸になる可能性を秘めている。
どういうことかと言えば、ベンチャー企業と大企業では大きく組織の形が異なるからだ。

ベンチャー企業の場合は、サービス単位で組織を作る。
その特徴は主にこんな感じだ。

  • 職種や上限関係の垣根に関係なく、みんなが意見を言える
  • 上司と部下という概念が希薄
  • みんなが一丸となって、サービスの成功に向けて頑張っている

その一方で大企業の組織とは、縦割りだ。
その特徴は主にこんな感じだ。

  • トップ同士だけがコミュニケーションをとる
  • 手を動かす人達は密にコミュニケーションを取らない
  • 上司と部下という概念が強い
  • みんなが言われた仕事をこなす
  • 他部署の問題については、あまり触れない

この組織の差は明白だろう。
自分が就職した時には、必ず自社がどちらの組織かをよく確認しておくべきだ。
例えば、こんな状況を考えてみよう。

サービスの向上を願って、様々な部署の人達に奇譚なく意見を言う人がいたとする。

  • ベンチャーでは、積極的な素晴らしい人だと重宝されるかもしれない
  • 大企業では、空気の読めないKY扱いをされるかもしれない

目の前の仕事だけを淡々とする人がいたとする。

  • ベンチャーでは、主体性と積極性のない人と思われるかもしれない
  • 大企業では、キッチリと眼の前の仕事をこなす人だと思われるかもしれない

どちらのケースも本人は何も変わっていない。
変化しているのは社風と周りの人達だけだ。

「社風と周りの人達」が変われば本人の評価は180度変わることもある。
ベンチャーか大企業かで迷っている人には、是非、考えて欲しい話だ。

Good luck!

社内で出世をしたい人は、この記事を読んで下さい

錯覚資産という概念で社会の見え方が変わりました【会社での出世の仕組みがわかります】

実力があれば評価されて成功するという神話 まず最初に、この本を読んで「目から鱗」だったのが、下記の図の否定です。 この図は、実力のある人が成果を出したことにより、次にさらに良い仕事を貰えて、実力をつけていく。 そして、その繰り返しにより、圧 ...

続きを見る

相手の立場になって考えると、人間関係は上手くいきます

カップルでお互いにしたことの合計値は100%を越えます ある恋人同士の人間関係について考えてみます。 その人間関係を維持するためには、様々なことが必要です。 お金の負担、料理、洗濯、掃除、デートの段取りといった内容です。 それらの貢献度をお ...

続きを見る

会社で働くエンジニアが人間関係を良好に保つ方法

私はエンジニアとして働いていますが、人間関係が苦手で同僚とギクシャクしてしまうこともあります。 どのように人間関係を良好に保てばいいでしょうか? 同僚と付き合う時間はどれぐらいだろうか? まず始めに、会社の同僚の存在を考える上で、同僚と過ご ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

-ポエム, 組織論

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.