プログラミング道場Top

エンジニアに将来性はあるのか?

更新日:

今は、エンジニアは売り手市場だと聞いていますが、将来的にはどうでしょうか?
40歳、50歳になった時にどうなっているのか心配です。


その心配はもっともです。
私も、それを心配しています。

将来のことは誰にもわかりませんが、私なりに予測してみたいと思います。

本記事の内容

  • 過去10年を振り返ってみて
  • 今のアメリカ社会はどうなっているのか
  • 将来の日本を予測してみる
  • エンジニアの生き残り戦略

過去10年を振り返ってみて

未来を予測するためには、過去が参考になることもあるので、10年ぐらい前まで遡って見てみたいと思います。
2007年当時は、「プログラマ35歳定年説」という常識がはびこっていました。
それは、エンジニアは35歳を過ぎたら、コードを書かずにPM(プロジェクトマネージャー)になれという常識です。
詳細はこの記事の最後に書きましたが、当時のエンジニア達は「プログラマ35歳定年説」を聞いて、自分達の将来を心配していたものです。
ところが、2018年にフタを開けてみれば、面接で「ジョージさんは、PMだけでなくコードも書けるんですよね?」と聞かれる始末です(笑)
要するに、「プログラマ35歳定年説」は大幅に外れました。

また、当時は、「30代以降になると文系の人は出世して給料が上がっていくが、理系の人の給料はあまり伸びない」といった話をする人もいました。
理系といえば、ノーベル賞をもらった島津製作所で働く田中さんのイメージを持つ人もいたはずです。
(彼はノーベル賞をもらうまでは、社内ではあんまりうだつの上がるタイプではなかったそうです。不思議な話です。)

ところが、今、webエンジニアの年収はドンドンと上昇していますが、文系の方で景気のよい話はあまり聞きません。
むしろ「仕事がAIにとられるので、リストラされるだろう」といった話があるぐらいです。
ここでも、10年前の予測は外れています。

どうも、ITの進化が進んだお蔭で、10年後の未来を予測することは難しくなっているようです。
それでも、未来を予測をしている人はいるので、こういった本を読んでみるのもいいかもしれません。
きっと参考になるはずです。
次に日本社会の先をゆくアメリカ社会に目を向けてみたいと思います。

今のアメリカ社会はどうなっているのか

アメリカ社会では、50歳になってもコードを書き続ける人は珍しくありません。
また、エンジニアの給料は上がり続けていて、RubyやPythonを使えるエンジニアの平均年収は1,300万だそうです。
「アメリカは生活コストが高いから単純に比較はできないよ」と言う意見もあるとは思います。
それでも、彼らにとってはiPhoneやMacPCを買う負担は、日本人に比べて間違いなく軽いはずです。

アメリカのエンジニアは、安価に働くフィリピン人やインド人と価格競争をしつつも、常に給料が上がっています。
エンジニアの努力もあるとは思いますが、社会におけるITエンジニアの需要の底堅さを感じさせます。
ちなみにフィリピンでは、リモートワークでアメリカの会社と仕事をするエンジニアもいて、彼らは月給50万円ほどで働いています。
フィリピン人の月給は4、5万円なので、一般人の年収を一月で稼いでいる計算です。
日本では、あまり聞かない話です(笑)

また、アメリカ社会ではリモートワークが浸透しています。
2017年のNY timesの記事によると、43%以上の人が一定量の仕事をリモートワークでこなしているようです。

Last year, 43 percent of employed Americans said they spent at least some time working remotely, according to the survey of more than 15,000 adults.

結論

  • アメリカでは、50歳になってもエンジニアはコードを書き続ける。
  • アメリカでは、ITエンジニアの給料が上がり続けている。
  • アメリカでは、リモートワークが浸透している。

次に日本社会の未来を予測してみましょう。

将来の日本社会を予測してみる

日本社会では、最近になって副業が解禁されました。
また、「働き方改革」というキーワードもよく叫ばれています。
これらの状況を鑑みつつ、日本はアメリカ型社会の後追いをする傾向にあるということも考慮すると、日本の将来はきっとこのようになっているはずです。

  • エンジニアは50歳になってもコードを書き続ける。
  • エンジニアの給料は上がり続ける。
    英語圏のように良いオフショア先もないので、目立った下げ圧力はなさそうです。
  • リモートワークが一般的になる。
    週2、3回のリモートワークは普通になっているかもしれません。

でも、先ほど私自身が言っていたように、10年後の未来を予測することは簡単ではありません。
他にも考えられる可能性を探ってみましょう。

  • AIの発達によりエンジニアの仕事が少なくなるかもしれません。
    もしくは、AIではないにしろ、何らかの技術が発達してエンジニアの仕事が減る可能性は十分にあります。
    いま現在も、アマゾンAWSは従来のインフラエンジニアの仕事を激減させています。
    でも、その代わりにAWSクラウドエンジニアという新しい仕事のジャンルが生まれています。
  • プログラミングの義務教育化や、Progateなどのプログラミングへの敷居を下げるツールの発達により、エンジニアの人口が増えるかもしれません。
    これは既にそうなりつつあり、周りを見ているとエンジニアの卵が随分と増えたなと感じています。
    このまま会社に馴染むようでしたら、徐々にエンジニアは増えていきそうです。
    特にデザインやフロントまわりのエンジニアの増加は顕著です。

上記のことを踏まえて、エンジニアはどのような生存戦略を立てたらよいのでしょうか?

エンジニアの生き残り戦略

ここまで読んできたところで、漠然ながらも、10年後の未来が見えてきたのではないでしょうか?
楽観的な未来にも見えて、悲観的にも見えてきます。
そういった未来が見えるなかで、将来もエンジニアとして生き残っていくための戦略を説明します。

何歳になってもコードを書く

これは、必ずしもプロジェクトマネージャー(PM)になることを避けろと言っているわけではありません。
PMの立場になって全体を知ることは大事なことです。
でも、「俺はPMだから、コードを書く必要はない」といい切ってしまうのは危険です。
コードを書けるPMを目指しましょう。

変化に強くなる

ここ数年で、従来のインフラエンジニアの仕事が激減したことは、すでにお伝えしました。
同じことは、これから先も十分に起こる可能性があります。
AndroidやiOSなどに使われる言語は変わったとしても全く不思議ではありません。
例えば、Androidアプリを書く言語は、徐々にJavaからKotlinに変わりつつあります。
ただ、何かが無くなったら、その代わりに何かが生まれてくるのがIT業界です。
新しいものを常にキャッチアップできるような姿勢がエンジニアには求められます。

他者との差別化を図る

今もエンジニアは増え続けていますが、幅広い範囲を対応できるエンジニアは、さほどは増えていないように見えます。
デザイン、フロント、アプリなど、ユーザーに見せる側のエンジニアは増えています。
でも、SQLやOS周りをさわれるエンジニアの数はあまり変わっているようには見えません。

エンジニアの仕事は積み重ねです。
フロントができる人は、そこにアプリ、SQL、OSなどを積み重ねましょう。
そのように、常に何かを積み重ねられるエンジニアになれば、若いエンジニアを恐れる必要は何もありません。
もちろん、国語力、英語力、数学力といった基礎学力も武器になります。

今、自分が持っていないことを嘆くのではなく、これから一つ一つ何かを積み重ねていくエンジニア像を想像しましょう。

Good luck for your engineer life!

-エンジニアの生き方

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.