プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がオススメするプログラミング教材です

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍】

目次1 これからエンジニアになりたい人へ向けた本2 プログラミング言語3 アプリ開発4 サーバー、インフラ、セキュリティなど5 機械学習系6 ゲーム開発7 データベース8 子供向け9 デザイン10 組織作り11 自作シリーズ12 その他13 ...

続きを見る

sshポートフォワーディング(sshトンネル)のやり方

更新日:

記事の内容


この記事では、sshポートフォワーディングのやり方について説明します。

sshポートフォワーディングとは?

「Aサーバ → Bサーバ  → Cサーバ」という構成があったとします。

BサーバからはCサーバにアクセスできます。
でも、AサーバからCサーバにアクセスはできません。

そして、AサーバからBサーバに、sshでアクセスすることはできます。
この時に、sshポートフォワーディングを使うことで、AサーバからCサーバにアクセスすることができるようになります。

sshポートフォワーディングのやり方

https通信の場合

ssh -f -N -L 8080:user.amway.co.jp:443 ec2-user@10.101.62.106 -i ~/.ssh/test-ec2.pem

処理の流れは、以下の通りです。

  1. ローカルのポート8080番を通して、test-ec2.pemというsshのkeyで10.101.62.106にアクセスする。
  2. 10.101.62.106からポート443番を通して、user.amway.co.jpにアクセスする。

ローカルのブラウザから、「https://localhost:8080/」にアクセスすれば、「user.amway.co.jp」が見られるはずです。

mysqlの通信の場合

ssh -f -N -L 4406:test01:3306 ec2-user@mg01.altnet.jp

処理の流れは、以下の通りです。

  1. ローカルのポート4406番を通して、ec2-user@mg01.altnet.jpにアクセスする。
  2. mg01.altnet.jpからポート3306番を通して、test01にアクセスする。

あとは、test01に実際に存在するユーザーを使って、ローカルからログインしてみて下さい。

mysql -uadmin_user -P 4406 --host 127.0.0.1

-Linux, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.