プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!

エンジニアが市場価値を把握しておくべき理由 エンジニアは、なぜ市場価値を把握しておいた方がいいのか、まずはその理由について説明します。 エンジニアの市場価値を決める要素 エンジニアの市場価値を決める要素について説明します。 経験業務と年数 ...

続きを見る

私がオススメするプログラミング教材です

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

これからエンジニアになりたい人へ向けた本 私が書いた、「これからエンジニアになりたい人」に向けた本です。 最近、世間ではプログラミングの必要性が声高く叫ばれるようになりました。 子供向けには2021年からプログラミング教育が義務教育で実施さ ...

続きを見る

sshポートフォワーディング(sshトンネル)のやり方

更新日:

記事の内容


この記事では、sshポートフォワーディングのやり方について説明します。

sshポートフォワーディングとは?

「Aサーバ → Bサーバ  → Cサーバ」という構成があったとします。

BサーバからはCサーバにアクセスできます。
でも、AサーバからCサーバにアクセスはできません。

そして、AサーバからBサーバに、sshでアクセスすることはできます。
この時に、sshポートフォワーディングを使うことで、AサーバからCサーバにアクセスすることができるようになります。

sshポートフォワーディングのやり方

https通信の場合

ssh -f -N -L 8080:user.amway.co.jp:443 ec2-user@10.101.62.106 -i ~/.ssh/test-ec2.pem

処理の流れは、以下の通りです。

  1. ローカルのポート8080番を通して、test-ec2.pemというsshのkeyで10.101.62.106にアクセスする。
  2. 10.101.62.106からポート443番を通して、user.amway.co.jpにアクセスする。

ローカルのブラウザから、「https://localhost:8080/」にアクセスすれば、「user.amway.co.jp」が見られるはずです。

mysqlの通信の場合

ssh -f -N -L 4406:test01:3306 ec2-user@mg01.altnet.jp

処理の流れは、以下の通りです。

  1. ローカルのポート4406番を通して、ec2-user@mg01.altnet.jpにアクセスする。
  2. mg01.altnet.jpからポート3306番を通して、test01にアクセスする。

あとは、test01に実際に存在するユーザーを使って、ローカルからログインしてみて下さい。

mysql -uadmin_user -P 4406 --host 127.0.0.1

関連コンテンツ

-Linux, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.