プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

AIが代替していく感情労働【AIは我々の生活を楽にしてくれます!】

更新日:

今回の記事では、AIが代替していくと言われている感情労働についてお話していきたいと思います。

本記事の内容

  • 感情労働の代替
  • 愛媛でのコミュニケーションロボットの実験
  • 各社のスマートスピーカーの比較
  • まとめ

感情労働の代替

AI白書によると、2015年から2030年の間に、感情労働の代替が進みます。
感情労働とは、こういったものを指すようです。

顧客の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のことをいいます。

こういった仕事をAIが代替できるのだろうか?という疑問は湧いてきます。
顧客は、人間相手にストレスを発散させたいのであって、AI相手で満足できるのでしょうか?
キャリアアテンダントは、綺麗なお姉さんだから満足度が高いわけであって、それがAIであったとしても、顧客は満足できるのか不思議です。

というわけで、実際に、どういう風に使われるのかと思って調べてみました。

愛媛でのコミュニケーションロボットの実験

愛媛発 コミュニケーションロボットで超高齢社会の課題を解決

愛媛県西条市では、2019年1月からコミュニケーションロボットを活用した高齢者の見守りサービスを本格的にスタートさせます。
日々の安否確認や家族との連絡などに利用でき、高齢者に簡単な声もかけてくれるそうです。
その機能の一覧は以下に通りです。

その機能を要約すると、このようになります。

  • 家族や友人が持つ、他のデバイスとの情報交換
  • 天気やニュースを伝えてくれる
  • ちょっとした雑談

「ちょっとした雑談」の辺りが、AIが代替する「感情労働」にあたるのだと思います。

この記事には、以下のように書かれています。

「話しかけられると、黙ってはいられないので、思わず返事をしてしまいます。
でも、一日中誰とも話すことがないまま終わってしまう日もありますし、時々面白いことを言ってくるからおかしくて。とても癒されています」。
広い屋敷に一人で暮らす佐伯さんは88歳。
毎日声をかけてくるロボットがいい話し相手になっている。

このロボットが、一応、感情労働の代替として機能していることがわかります。
こんなんで、「年配の方の孤独」が解決されてるの?と個人的には不思議に思いますが、問題解決にはなっているようです。

各社のスマートスピーカーの比較

こういった機能を提供しているものは、他にもないの?って思う方もいると思うので、他のロボット?も紹介しておきます。

製品名 製造会社 値段 月額料金
PaPeRo NEC 13,000 6,500
Amazon echo Amazon 12,000 0
Google Home Google 15,000 0
Line Clova Line 3,000 0

この分野は、大手の各社がしのぎを削って争っています。
NECの月額料金の徴収は、高いなというのが正直なところです。
地方自治体だからこそ導入したものの、数年以内には誰も使わなくなる気がします。

スマートスピーカーは、仕様をオープンにして、誰でもそのスマートスピーカー用のアプリを作れるようにすることが、最低条件だと思います。
仕様がクローズなスマートスピーカーなんて、誰も使わないですね。

まとめ

この記事では、AIの感情労働の代替とその周辺事情について書きました。
発想は面白いけど、正直、まだまだな気がします。
そもそも、人は人相手に話すからこそ満足するわけで、AIと話して満足するものなんでしょうか?

これから、どのようにAIが感情を表現していくのか楽しみですね!

-AI

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.