プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

日本人を拘束している「空気」を把握して脱却しよう

更新日:

この記事では、日本の3つの悪と、その悪を運用している「空気」の存在について説明します。
その3つの悪とは、堕胎、パチンコ、外国人技能実習生の制度です。
それらは、日本ではグレーゾーンにも関わらず、なぜか運用されています。
それらは駄目だとされているのに、どうして日本で運用されているのでしょうか?

堕胎

日本で堕胎が駄目な理由を説明します。

1つ目の理由は道徳的な理由からです。
堕胎とは、赤ちゃんを殺すことです。
これが道徳的に悪いことは、言うまでもないことでしょう。
レイプされた時などは仕方ないかもしれませんが、原則的に堕胎は禁止されるべきです。

2つ目の理由は、違法だからです。
日本には堕胎罪という罪があります。
しかし、母体保護法という法律を作り、それを拡大解釈することで、堕胎罪を形骸化させています。

その結果、今の日本では年間で約15万件の赤ちゃんが殺されています。
それに対して産まれてくる赤ちゃんの数は、約80万件です。
産まれてくるはずの赤ちゃんの約15%を殺している日本社会は、どこか狂っていると言わざるを得ません。
しかも、多くの人達がそれに対して声も上げません。

ちなみにカトリック色が強いフィリピン社会では、堕胎は禁止されています。
私には、フィリピンの方が先進的で正常な社会だと感じられます。

ここがおかしい!

  • 堕胎は法律上でも罪!
  • 少子化だと騒いでいるはずの日本で、15%の赤ちゃんが殺されている

パチンコ

日本でパチンコが駄目な理由を説明します。

その理由は、パチンコが賭博だからです。
賭博は日本で原則禁止されていて、国が運営しているところしか許可されていません。
日本でもカジノの話がたまに話題になりますが、カジノが許可されない理由は、カジノが賭博だからです。

それにも関わらず、パチンコと(少額な賭け麻雀)だけが許されています。
10万円、20万円単位の大金が動く賭博は、民間ではパチンコだけということです。
しかも、その管轄は警察がやっているというから驚きです。

「諸外国でもカジノがあるから、日本のパチンコもいいんじゃない?」と言う人もいるかもしれません。
でも、カジノの多くは一箇所に固まっているし、入場制限があるので、誰でも入れるわけではありません。
フィリピンで気軽にカジノに行けるのは、大都市に住んでいて身なりがちゃんとしている人達だけです。
カジノのターゲットはあくまでも外国人か富裕層であって、一般の国民ではないということです。

日本のようにパチンコ店が至る所にあり、誰でもいつでもすぐに入れるということはありません。
また、うるさい音響で人間の脳を破壊するのは、パチンコ店だけです。
さらに言えば、諸外国では生活保護を受け取っている人達で、パチンコをできる人はあまりいません。
なぜならば、世界の多くの国々には生活保護はありませんし、あっても食料券などがほとんどだからです。
国民の税金を生活保護費に費やして、そのお金がパチンコ店の手に渡る。
こんなおかしな事を、国民は許していいのでしょうか?

ここがおかしい!

  • パチンコには誰でも気軽にアクセスできる
  • パチンコ店は音響で、人をおかしくさせる
  • 国民の税金から生活保護を受け取っている人でも、パチンコができる

外国人技能実習生

日本で外国人技能実習生の制度が駄目な理由を説明します。

まず、第一に、日本政府は移民をすることを決定していません。
それなのに、なぜ、海外から多くの労働者を受け入れているのでしょうか?

次に、外国人技能実習生の制度は非人道的な制度です。
技能実習生の時給は300円ぐらいの所もありますし、ブラックな現場も多いようです。
それを証明するように、多くの若い外国人が日本で亡くなっています。

日本で働く外国人技能実習生のうち、98人が2018年と19年の2年間に死亡していることが30日までに分かりました。

日本に来ているアジア人の間では、日本の労働環境がブラックであることは、かなり広まっています。
このままでは、将来に禍根を残すことは間違いありません。
今すぐに、日本は外国人技能実習生の受け入れを止めるべきです。

ここがおかしい!

  • 日本では移民は、まだ認められていない
  • 外国人技能実習生の賃金は、最低賃金を下回っている

共通していること

これらの3つの悪には共通していることがあります。
それは、建前では禁止しているものの、実際にはなぜか許されているということです。

  • 堕胎は禁止 → 母体保護ならOK
  • ギャンブルは禁止 → 3店方式ならOK
  • 移民は駄目 → 技能実習生ならOK

このように、日本政府は根本的な議論をして法律を変更することはなく、全てを都合よくやりたいように書き換えています。
全てがチャンチャラおかしい謎の理論です。

日本人が大切にする「空気」

実はこのような不思議な話は、最近に始まったことではありません。
山本七平という人が、「空気の研究」という本でこの件について述べています。

至る所で人びとは、何かの最終的決定者は「人でなく空気」である、と言っている。

以前から私は、この「空気」という言葉が少々気にはなっていた。
そして気になり出すと、この言葉は一つの“〝絶対の権威”〟の如くに至る所に顔を出して、驚くべき力を振っているのに気づく。

そして太平洋戦争の遠因も、その空気のせいだと述べています。

太平洋戦争の前にすでに日本は「先立つもの」がなかったそうである。
また石油という「先立つもの」もなかった。
だがだれもそれを口にしなかった

今まで自己の通常性を無視して、「空気」さえ盛りあげれば何かができるような錯覚を抱きつづけてきた。
太平洋戦争とは、まことに痛ましい膨大なその大実験である。

つまり、日本は何か後ろめたい事をやろうとする時には、根本的な議論を進めようとはせずに、「空気」を醸成して、なぁなぁにしてコトを進めようとします。
太平洋戦争の特攻も、形式上は「志願」だったと聞いたことがありますが、それも同じ話でしょう。
これは明らかに日本人の悪い習慣です。

まとめ

この記事では、堕胎、パチンコ、外国人技能実習生の話をしました。
これらは、全て問題となるべき事案のはずなのに、なぜか人ではなく、「空気」によって実行されています。
そして、「空気」が実行しているので、いざとなった時は誰も責任を取りません。
このやり方が、近い将来、日本に不幸な結果をもたらすことは間違いありません。

我々、一人一人が声を上げることで、これらのやり方を何としても無くしていけたらと私は思います。
「空気」からの脱却こそが、太平洋戦争の敗戦を克服することなのかなと、最近は考えています。

最後に、山本七平の言葉を紹介します。

本書によって人びとが自己を拘束している「空気」を把握し得、それによってその拘束から脱却し得たならば、この奇妙な研究の目的への第一歩が踏み出されたわけである。
どうか本書が、そのために役立ってほしいと思う。

Good luck!

日本がアメリカに負けた理由を知りたい人は、この記事を読んで下さい

「失敗の本質」に書かれている内容はコロナ禍の対応にも当てはまっている

日本軍は優れていた 「失敗の本質」というタイトルですが、この本には日本軍の優れた特性についても書かれています。 まずは、日本には素晴らしい点もあるという事例から紹介していきたいと思います。 アメリカのパイロットに「1対1では戦うな」と厳命さ ...

続きを見る

日本社会と女性の出産について考えたい人は、この記事を読んで下さい

日本社会は女性の出産をどこまで考慮するべきなのか?

今回は、「日本社会は女性の出産をどこまで考慮するべきなのか?」というテーマについて書いていきたいと思います。 ちなみに、最後まで読んでも何か正しい回答を得られるわけでありません。。。 記事のキッカケ 今回、この内容を書こうと思ったキッカケは ...

続きを見る

フィリピンと日本の命に対する考え方の違いを知りたい人は、この記事を読んで下さい

命を管理したがる日本人と自然に任せるフィリピン人

日本に住んでいる人にとっては、日本の常識が自分の常識になる。 こうして文章に書くと当たり前のことだけど、多くの人達にはその話がピンとこない。 自分の常識は世界の常識であると、悪気なく自然に考えてしまっている。 それが良いか悪いかは別にして、 ...

続きを見る

特攻隊について興味がある人は、この記事を読んで下さい

特攻隊とその周辺事情

みなさんは特攻隊について、どれぐらいご存知ですか? ひょっとしたら、今の日本人の中には、80年前に日本とアメリカが戦争をしたことを知らない人達がいるかもしれません。 80年前、日本はアメリカと戦争をして、日本は特攻隊という部隊を作りました。 ...

続きを見る

関連コンテンツ

-ポエム, 社会

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.