プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

既に始まっているSierの没落【富士通、NEC、NTTデータ、Amazonの売上の変化】

更新日:

「富士通のリストラに関するニュース」と「NECのリストラに関するニュース」を見て、いよいよSierの没落が始まったなと思いました。
この記事では、これらに関する考察を書いていきたいと思います。
富士通のニュース

富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5,000人規模の配置転換を行うと発表した。
対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。
ITサービスなどの成長分野を強化する狙いがある。
富士通はグループ全体で間接部門に約2万人の従業員がいる。

富士通のニュース(2019/3/18に追記)

2019年1月末に締め切った間接部門従業員の割り増し給付金付き早期退職を含めた今後のジョブ選択を45歳以上の富士通グループ全従業員に拡大する

NECの発表

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」において、成長軌道への回帰に必要な継続的な投資を実現すべく、抜本的な収益構造改革を進めています。
この一環として実施したNECグループにおける特別転進支援施策(希望退職の募集)を含む人財活用施策の結果、および照明事業の譲渡についてお知らせします。
これらの施策により、約3,000名の人員が減少する見込みです。
なお、これらの施策による収益の改善効果は、年度換算ベースで約240億円を見込んでいます。

本記事の内容

  • 富士通のニュースの危険なポイント
  • 2009年と2019年での富士通の情報を比較
  • 2009年と2019年でのNECの情報を比較
  • 2009年と2019年でのNTTデータの情報を比較
  • その間にAmazonはどのように成長していたのか
  • これからの富士通とNEC、そしてSier
  • Sierで働いている人達は、これからどうすべきなのか?

富士通のニュースの危険なポイント

このニュースを見て、ヤバイなと思ったポイントがいくつかあります。

富士通の従業員は14万人なのに、間接部門に2万人もの人がいます。
およそ従業員の15%で、14人に2人は間接部門の社員ということになります。
効率化を目指すIT企業のわりには、ずいぶんと効率の悪い仕事をしているように見えます。

次に、配置転換をしてITサービスなどの成長分野を強化することができると思っていることです。
建前上、そう述べているだけかもしれませんが、本気だとしたら正気とは思えません。
ITエンジニアを育てるためには、若くて筋のいい人でも2、3年はかかります。
今までバックオフィスの業務をやってきた大人が、簡単になれるような職業ではありません。
配置転換したぐらいで、IT部門を強化できるならば、誰も苦労していません。

最後に、5,000人、間接部門の全従業員の25%にあたる人を配置転換するという点です。
そもそも、何でこんなに余剰な人員がいたのでしょうか?
正直、経営者に危機意識が無さすぎると思います。

追記;この記事を最初に書いたのは2018年の後半で、「この売上の落ち込み方では、さらに追加でリストラをしていくのではないか?」と予想をしていましたが、やっぱりそうなりましたね。
2019年のリストラでは、間接部門に限らず、全従業員が対象のようです。

2009年と2019年での富士通の情報を比較

2009年の富士通と今のデータを比較してみます。
富士通の従業員数のピークは2009年で、およそ17万人がいました。

2009年 2019年
売上高 4兆6,000億円 3兆9,500億円
営業利益 950億円 1,300億円
従業員数 17万人 14万人

売上げは落ちていますが、営業利益は上がっています。
そして、従業員数は3万人も減っています。
従業員の一人辺りの年収が500万円だとすると、500万×3万人で、合計の出費は1,500億円です。
売上げが7,000億円も落ちているのに、営業利益が上がっているのは、従業員が3万人も減ったせいかもしれません。

2009年と2019年でのNECの情報を比較

次に2009年のNECと今のデータを比較してみます。
NECの従業員数のピークは2009年で、およそ14万人がいました。

2009年 2019年
売上高 3兆5,800億円 2兆9,100億円
営業利益 500億円 585億円
従業員数 14万3千人 10万9千人

売上げは落ちていますが、営業利益は同じぐらいです。
そして、従業員数は3万人も減っています。
従業員の一人辺りの年収が500万円だとすると、500万×3万人で、合計の出費は1,500億円です。
売上げが7,500億円も落ちているのに、営業利益が同じなのは、従業員が3万人も減ったせいかもしれません。

2009年と2019年でのNTTデータの情報を比較

参考までに、他の有名なSier企業であるNTTデータの情報も記述しておきます。

2009年 2019年
売上高 1兆1,390億円 2兆1,636億円
営業利益 985億円 1,477億円
従業員数 12万3千人

NTTデータに関しては、順調に営業利益を伸ばしています。
ただし、「公共・社会基盤」の売上高が4,799億円で、金融の売上高が5,591億円です。
これから、大幅な伸び代があるとは思えません。

その間にAmazonは、どのように成長していたのか

最後にAmazonのデータを2009年と比較してみましょう。

2009年 2019年
売上高 2兆5,000億円 25兆円
営業利益 1,000億円 1兆1,000億円
従業員数 2万4000人 56万人

売上げは10倍ほどになり、営業利益は11倍になっています。
従業員は20倍以上になっています。
ここ10年はIT業界の躍進の時代でしたが、それを体現しているのがAmazonだと言えます。

Amazonの本社があるアメリカのシアトルでは、Amazonで働く従業員が増えすぎたために、家賃が上がりすぎるという社会問題まで発生しているそうです。

これからの富士通とNEC、そしてSier

およそ10年前だと、富士通やNECは売上げにおいてAmazonに勝っていました。
ところが、今では逆転されて、途方もない差がついています。
IT業界がこれだけ成長している時代に、売上げが落ちている富士通やNECは、かなりの末期症状だと言えそうです。
富士通に至っては、「FUJITSU Cloud Service for AWS」といったものを始めており、Amazonのパートナーのようなことすらも始めています。
そのビジネスに需要があることはわかりますが、富士通レベルの企業がやる仕事としては、あまりにも残念に感じてしまいます。。。

また、データを見た感じだと、企業は営業利益を維持することを目的の一つとしています。
それはつまり、売上が落ちれば、人員をリストラするということを意味しています。
今後も、富士通とNECでは、リストラが続くことになりそうですね。

富士通やNECで働いている人は、かなりの危機感を持った方がよさそうです。
また、それは、その他のSierで働いている方にとっても同様かもしれません。

Sierで働いている人達は、これからどうすべきなのか?

最後に蛇足かもしれませが、現在、Sierで働いている人達に向けてのアドバイスです。
今、成長が著しいWeb業界では、エンジニアを始めとして多くの職種が人手不足に苦しんでいます。
特にエンジニアの場合だと、都内では2018年12月の時点で、有効求人倍率が8倍を越えており、一人のエンジニアに対して8つ以上の求人がある状態です。
今のSierの状況を見て、「将来はヤバイかも?」と思う人は、早い段階でWeb業界への転職を考えてみるのも一案かもしれません。

Sierブランドが使える期間はそう長くはありません。
転職市場が売り手優位であるうちに、Web業界に転職をするのも一つの戦略です。
これから沈みゆく業界より、日が昇る業界の方が、様々な視点から見てもいいはずです。
Sierで働いている多くの人達が、「Sierはヤバイ!」と感じる前に転職をする方が、競争率が低いために、自分の理想に沿った転職がしやすくなります。

転職に興味がある方は、転職サイトの一覧の記事を読んでみて下さい。
転職は、人材を募集している会社側の都合もあるので、慌てて転職活動をしても、なかなか上手くいきません。
まずはエージェントに登録した上で、現職で働きながら、自分の理想とする求人を待つのが転職のコツです。

ちなみに、私の一番のお勧めはdodaです。

自分が経験したエージェントでは、一番、親身になって相談に乗ってくれました。
転職サービスは無料ですので、安心して使って下さい。
あなたの転職が成功した際には、転職先の会社からdodaにお金が支払われる仕組みになっています。

Good luck for your engineer life!

この記事に興味を持たれた方には、これらの本をオススメしています。
様々な視点があり、非常に参考になりました。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

Sier業界について、もっと詳しく知りたい人は、これらの本を読んでみて下さい。

-IT業界, IT業界の説明, Sier

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.