プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

実務未経験のエンジニアは1年で会社を辞めていいの?【1年で辞めた方が1000万円は得】

更新日:

実務未経験のエンジニアは一年で会社を辞めるべきなのか?


今回は、この3つのブログを読んで思ったことを書いていきたいと思います。

タイトルだけを見ると、あまり議論になっていない気もするので、私なりに、この記事を通して、思うところを書いていきたいと思います。
合わせて、解決方法も考えてみます。

本記事の内容

  • エンジニアが一年程度で、転職した方が良い理由
  • 経営者が、「1年程度で辞めるやつ」を採用したくない理由
  • 誰かから搾取して自分が得するという考え方を推奨するな
  • IT企業の従業員の給料テーブルをグラフで見てみよう
  • IT系の会社では、業績が良くても突然、リストラされることがあります
  • 解決方法を考えよう

エンジニアが一年程度で、転職した方が良い理由

1年の実務経験を積んでから転職すれば、大幅に年収が上がる可能性がある

これは、もうその通りです。
Web業界のエンジニアは、転職をして年収を上げるのが普通です。
なぜ、そうなっているのかと言えば、普通に一つの企業で働いていると、年収の上げ幅が良くても、5%ぐらいしかありません。
仮に年収が600万円だとしたら、年間で30万円の昇給です。
一般的に考えると決して悪い数字ではないということも留意しておいて下さい。
ちなみに、一般的な大企業の年収の上げ幅は、3%以下みたいですね。

でも、IT業界で転職をすると、年収が100万円アップは普通です。
「100万円アップ」+「一時金で数百万円」という話もあるぐらいです。
そう考えると、「何で一つの企業にいないとアカンの?」という話に、自然となります。

未経験者を採用している会社の技術力は高くない可能性が高く、技術力の成長も望めない

未経験者を採用している会社には、その会社なりの理由があります。
それは、「スキルのある経験者を雇えない」or「スキルのある経験者に見合った給料を出せない」のどちらかです。
そのため、仕方なしに未経験者を雇って、教育をしているわけです。
別に、その会社もボランティアで教育をしているわけではありません。

経営者が、「1年程度で辞めるやつ」を採用したくない理由

エンジニアを教育したコストを回収できない

この理論は、企業側からしたら、もっともです。
ただ、私が気になったのは、「未経験エンジニアは、いつになったら教育にかかったコストを会社に返済しているのか?」という点です。
返済時期の終わりを見せずに、「会社は教育したコストを回収したい」と言っても、都合が良すぎる気がします。

そのためか、ブログを読んでいても、ただの感情論にしか見えませんでした。
ちなみに面接で、「長い間、働くフリ」をするのは、そんなに難しくはないと思いますね(笑)
面接での企業と個人の化かし合いは、今に始まったことではないとは思うので、微妙な記事だなと思いました。

誰かから搾取して自分が得するという考え方を推奨するな

この記事も、かなり感情的になっている気はしました。
下記の文章はダウトで、イザとなったら、会社は「ルールを変えることはできない」と言いながら、会社のルールのせいにして、個人を切り捨てます。
そのため、会社が被害を受けた時だけ、「中にいる個人のことも考えてくれ!」というのは、ちょっと違うかなという気がします。

会社とは法人だが、法人とはあくまでも法律上の存在であって、そこに実在するのは生身の人間である。

次の文章に関しては同意です。
ただ、この記事も、いつからいつまでが「個人が会社から搾取の時期」で、いつからが「会社が個人から搾取をしている時期」なのかを伝えていません。
その辺りの曖昧さを考慮すると、結局は感情論なんだなと言わざるを得ません。
経営者の言うことを真に受けていると、いつの間にか、会社から搾取さている状況に陥りがちです。

誰かから搾取して自分が得しようという考え方。
私は搾取という行為が大嫌いなのだ。

「最初から1年で会社を利用して1年で辞めてやるつもりで入社するのは違うだろ?」とも言っていますが、「会社を辞めるつもり」で入社する若い世代はむしろ普通です。
もしかしたら、期間は1年ではなく3年かもしれません。
でも、いずれにせよ、「その内、キャリアアップのために転職しよう」と考えているのは、将来を真剣に考えている証拠です。
日本が終身雇用でなくなった以上は、そう考える若者が増えるのは当然のことです。

筆者は、「採用制度のバグ」と言っていますが、そのバグによる被害を誰もこうむりたくはありませんし、個人は全力でそのバグを避けるべきです。
つまり、終身雇用の時代ではないので、一社に勤めあげても、突然、リストラされる可能性があります。
個人として、それに対する対応方法を模索しておくことは、当然だと言えます。

IT企業の従業員の給料テーブルをグラフで見てみよう

具体的に、一社に勤めた場合と、転職した場合のグラフが、どのようになるのかを見てみたいと思います。

このグラフで示す青線が、未経験者が普通に一つの企業で勤め続けた場合の年収イメージのグラフです。
少しづつ年収が上がり、10年後には500万ぐらいに到達しているはずです。
先程も述べたように昇給率は、一般的な数字としては決して悪くありません。

次に、赤線が転職しながら企業に勤め続ける人の年収イメージのグラフです。
転職を何度かするたびに、ピョコンと年収が跳ね上がり、10年後には700万ぐらいに到達する可能性が高くなります。
一つの企業に勤め続けた場合と比較して、年収で100万から200万ぐらいの差になります。
10年間を合計した所得だと、1,000万円ぐらい差が出るのではないでしょうか?

従業員の企業への貢献度はオレンジ線で表しています。
オレンジ線青線差が、従業員が一社に勤め続けた場合に、企業の利益になります。
一年目に関しては、オレンジ線青線を上回っているので、企業が従業員に投資をしていることがわかります。
赤線青線の差が、従業員が転職した場合としなかった場合の差になります。

IT系の会社では、業績が良くても突然、リストラされることがあります

次に、IT系にありがちな、突然、リストラされるグラフも確認しておきましょう。
なぜ、これを説明するのかと言えば、全てのITエンジニアが持っているリスクを知っておいて欲しいからです。
IT系では、従業員の会社への貢献度が急に0になることがあります。
貢献度が0でも、従業員はそのまま給料を貰い続けることができますが、社内に仕事がない状態になります。
つまり、突然、会社側から、「あなたは必要ありません」と言われます。

例えば、オレンジの会社がメインの事業を「SNS から〇〇ストへ移行した時」などは、こういった感じになります。
今まで、SNSを手掛けていたエンジニアは、社内ではやることがなくなるので、お祓い箱になりがちです。
また、六本木のゲーム会社が、ゲーム事業を「WebからNative」に移行したときも、Webしかできないエンジニアはお祓い箱になりがちでした。
IT系の会社にいると、突然、会社から、「あんたは窓際族」と言われることがあります。
そもそも、Sier業界が流行った理由は、企業側がこのような「突然のリストラ  」に備えるためなので、IT業界では、リストラは日常茶飯事だと言えます。
Sier業界の場合だと、こういった場合に、エンジニアは他の会社に行かされますが、Web系だと「社内ニート」になります。

Web系であっても、エンジニアは、常にこのリスクを想定しておかなければいけません!

ちなみに、このような「突然のリストラ」は、会社の業績が良いときでも起こります。

解決方法を考えよう

今までのことをまとめると、以下のようになります。

  • エンジニアは、転職して年収を上げないと10年間ぐらいで、最低でも1,000万円ぐらいは損をする可能性があります
  • 会社はオレンジ線と青線の差(会社への貢献 − 従業員の給与)を利益にしたい
  • IT系のエンジニアは、サービスが廃れて、「社内ニート」になって、リストラされるリスクを抱えている

この状況を正しく理解した上で、一つの企業で働き続けたい人は、なかなかいないと思います。
なぜならば、従業員にとっては、会社に残るメリットが限りなく0に近いからです。

では、どのように、この問題を解決したらいいのでしょうか?

解決方法1;技術や勤怠ルールなどで、魅力のある会社にする

最先端の技術を使える会社や、リモートワーク、フレックスなどが許されている会社は、誰にとっても魅力的です。
そういった環境を整えれば、離職率は下がるはずです。

解決方法2;勤続年数に応じた退職金を出す

例えば、3年間、働いて辞めた場合は退職金を100万円、5年間、働いた場合には500万円を出すというルールを作れば、1年間で辞めようとする人は減るのではないでしょうか?
企業は、最初の教育コストを気にしているようなので、従業員に最初に出す給料は、時給1,000円ぐらいでもいいと思います。
その変わりに、数年後にはボーナスを出すような設計にすれば、両者ともに幸せだと思います。

解決方法3;会社の成長に応じた利益を受け取れる株を渡す

多くの会社では、会社が成長したとしても、従業員には大した利益はありません。
せいぜい、ちょっとしたボーナスが入るぐらいです。
それでは、従業員が自分のキャリアを捨ててまで、一つの企業で長く働きたいとは思えません。

それを避けて、会社の成長が従業員の利益に繋がるようにするために、メルカリさんのようにストックオプションを配ればいいと思います。
そうすれば、エンジニアは、IT業界に特有の「突然のリストラ」によるリスクを軽減することができますし、一つの企業で頑張ろうと思えるはずです。

IT業界がこのような感じで、みんなが働きやすくなり、エンジニアが増えてくれたらと思います。

最後に蛇足にはなりますが、この記事を完全には信じられないという人は、転職エージェントにも相談してみて下さい。
私のお勧めはdodaです。
彼らは、結構、親身に相談にのってくれます。
一年目で、まだ経験が足りないと判断されたら、素直に「あなたには経験が足りないので、数年後に改めて相談に来て下さい」と言ってくれますし、転職のチャンスがあるようでしたら、企業を紹介してくれます。
勿論、dodaの言うことが全て正しいとは限りませんが、このブログの情報と合わせて参考にして、最後は自分で納得のいく道を選んで下さい。

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-IT業界, エンジニアの処世術, 初心者向け, 転職, 転職全般

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.