プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

初等科修身 [中・高学年版]のレビュー【書評】

更新日:

この記事では、初等科修身のレビューをします。

非常に良い本だったので、この記事で紹介しますが、その前に、なぜ「修身なのか?」という点について、まずは説明したいと思います。

最近の日本では、生きていく上で、様々な所で道徳上の混乱があるように思います。
例えば、以下のようなものです。

  • 家族の在り方
  • トイレや銭湯におけるLGBTQの話
  • 同性婚
  • 男女差別とされる、様々な問題
  • 女性に対するAED問題
  • YouTubeやCAMPFIREなどで、人からお金を貰うことを当たり前とする事

ここでは一つ一つの問題については語りませんが、どの話もすぐには問題解決とはいかなそうです。
なぜならば、「絶対的に正しいこと」というのは、なかなか存在しないからです。
日常生活において、「絶対的に正しいこと」が存在しているわけではなく、「正しいとされていること」が法律や慣習で定義されています。
それは海外に行ってみるとわかります。
日本では堕胎は合法ですが、フィリピンでは堕胎は違法です。
日本では大麻は違法ですが、大麻が合法の国もあります。
また、戦前の日本では大麻は、農家で育てられていて、普通に薬として使われていました。

つまり、「正しいとされていること」とは、国や時代によって異なります。
ですから、情報が氾濫している現代では、みんなが混乱してしまうのも当然です。
そのため、修身で「正しいとされていること」をみんなが再定義して、そして新たに学び直すべきではないでしょうか?
私達、日本人は、今、新たな物語を必要としているように思います。

では、戦前の教科書で、どのような内容が書かれていたかを紹介したいと思います。

偉人の話

商人ながら、ロシア人とわたりあった高田屋嘉兵衛の話

種痘の発見者の話。

勤勉な二宮金次郎の話。
本を読みながら歩いている銅像の人です。

昔のタイで大活躍した山田長政の話

見事、主君の敵を討った赤穂浪士の話

勝海舟の貧乏だったけど、勉強した話。

吉田松陰の話。

フィリピンのダバオを開拓した太田恭三郎の話。

国家の目標的な話

 

日本の伝統

伊勢神宮の話

出雲大社の話

靖国神社の話

道徳

文武両道の話

時間を守ることの大切さ

日の丸の話。

宮古島にて、座礁したドイツ人を助けた日本人の話。

親しき仲にも礼儀あり

食事中のマナー

 

 

 

 

電子書籍を大きな画面で読みたい人には、外部ディスプレイがオススメです

ディスプレイのオススメ【2023年最新】

目次1 ディスプレイの選び方2 オススメのディスプレイ3 スタンディングデスク4 まとめ ディスプレイの選び方 ①、使い方に合ったサイズを選ぶ まずは、サイズを決めていきましょう。 21型といった場合の「型」はインチ(2.54cm)を意味し ...

続きを見る

-書評, 歴史

Copyright© プログラミング道場 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.