プログラミング道場Top

二人の上司の意見が異なる時にどう対応したらよいのか?

更新日:

仕事中にシステムの障害が起こって、自分の仕事が進まなくなりました。
それを上司のA先輩に相談したところ、「仕方ないので、直るまで2、3日まとう」と言われたので作業を止めることにしました。
ところが、後日、それを知ったA先輩の上司のB課長から、「何で俺に報告してくれなかったの?君にはガッカリした」と言われました。
上司のA先輩には報告していたので、やるせない気持ちになりました。
この問題は、どう解決したらいいのでしょうか?

こういった疑問にお応えします。
人間関係に正しい解決策はありませんが、うまく解決できたケースをお伝えします。

本記事の内容

  • 状況の確認
  • 解決策

状況の確認

これは簡単に見えるかもしれませんが、非常にややこしい話です。
まずは状況の確認をしてみましょう。
上下関係はこのようになっています。

B課長
A先輩
花子さん(相談者)

花子さんとしては、常にB課長に相談できれば楽なのですが、そういうわけにはいきません。
そうすると、今度はB課長から、「A先輩に相談しろ」と言わるのが関の山です。
また、A先輩の心情的にもおもしろくありません。

B課長からすれば、簡単な問題はA先輩に相談して、難しい問題はB課長に相談して欲しいはずです。
でも、その判断は花子さんにはつきません。

何が簡単な問題で、何が難しい問題なんだろう?

さて、B課長もA先輩も満足するようには、どうしたらよいのでしょうか?

解決策

この問題の原因は、以下の3つにまとめられます。

  • 情報共有が、しっかりとできていない。
  • A先輩の判断とB課長の判断が異なる。
  • 花子さんはB課長と同じ判断ができない。

それに対する私の解決策は、以下の方法です。

SlackやSkype、メールなどを利用して、情報共有をすること。
メールを投げる前にA先輩には一言、「念のためにB課長にも情報共有しておきますね」ぐらいは言っておきましょう。

タイトル「システム障害のため、2、3日の間、作業を停止します」

To A先輩 CC B課長

A先輩、先程は相談にのっていただきありがとうございました。システム障害で、タスクが進まないので、一旦はペンディングとしておきます。新たに進捗があり次第、報告いたします。

他の方法としては、JIRAなどのタスク管理ツールを使って、コメントを残しておくのもいいと思います。
ステータスを「進行中」→「ペンディング」に変更して、「システム障害のために作業をストップしました」とかでいいと思います。
こんな感じのやつです。
そして、念のために、そのリンクをA先輩とB課長に共有しておきましょう。

これらの方法のよいところは、情報共有ができて、さらに問題の判断をA先輩とB課長に任せているからです。
もし些細な問題だったら、B課長はスルーしますし、大事な問題だと思えば助けてくれるはずです。

B課長がサッと判断できるように、メールのタイトルなどの題名はわかりやすいものにしておきましょう。

相談者の方の問題が解決できることを祈っています。

-エンジニアの処世術

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.