プログラミング道場Top

プログラミングができないとIT業界への就職は厳しい?

更新日:

プログラミングができないとIT業界への就職は厳しいですか?

プログラミングができなくても、IT業界への就職はできます。
IT業界にも営業を始めとしたプログラミングを使わない部署は沢山あります。

でも、プログラミングができないとプログラマーになれないのは勿論のこと、
ソフトウェアの設計をすることも難しいと思います。
「プログラミングができなくても設計はできる」と言う人もいますが、私は懐疑的です。
この記事では、その理由について説明します。

本記事の内容

  • 「プログラミングができなくても設計はできる」という主張
  • エンジニアがよい設計をするために

「プログラミングができなくても設計はできる」という主張

IT業界には、昔から、プログラミングは書けなくても設計はできるという主張があります。
その主張が存在した理由は2つあります。

一つの目の理由は、Sierに勤めている人のポジショントークです。
Sierに勤めている人達の中には、プログラミングを書けない人達が大勢います。
そんな彼らが「プログラミングを書く価値」を認めてしまえば、それは自分達の価値を下げることを意味します。
そして、下請けのプログラマーに高い給料を払わなければいけません。
でも、もちろん、Sierはプログラマーには高い給料を払いたくありません。
そのため、Sierの人達は「設計する人が偉いし、プログラミングができなくても設計はできるよ」と主張していました。
なんともわかりやすい話です。

もう一つの理由は、ソフトウェアがシンプルだったためです。
昔は、インターネットがない時代もありました。
また、インターネットが現れたあとも、大規模なアプリケーションは、あまりありませんでした。
そのため、システムの構成が似たりよったりで、プログラミングを書かない人でも想像がしやすいアプリケーションが多かったはずです。
でも、今の時代は違います。

例えば、SQLを書くときのことを考えてみます。
設計書に、「Aテーブル、Bテーブルからデータを取得してくる」と書かれていたとしましょう。
その時に、考えられるSQLは2つです。

  • AとBをJOINしてデータを持ってくる。
  • Aからデータを取ってきてから、Bからもデータを持ってくる。

この2つの方法で、どちらか一方が必ず正解ということはありません。
プログラマーは、アーキテクチャー、負荷、サーバーリソースを考えた上で判断する必要があります。
クラウド環境なのか、アクセス数はどれぐらいなのか、レプリケーションは何台まで増やせるのかといった内容を考慮した上で、初めて正解を導くことができます。

他の例だと、設計書に「ファイルにデータを保存する」と書かれていたとします。
昔だったら、作業をしているサーバーのどこかだったはずです。
でも、今の時代ならS3かもしれないし、Amazon Elastic File Systemかもしれません。
ベストな方法は、そのデータの用途を考慮した上で判断する必要があります。
そして、そういった判断を「設計だけする人」ができるとは思えません。
そのため、「プログラミングができなくても設計はできる」という主張は、今の時代では実現が困難だと思います。

エンジニアがよい設計をするために

2つの例をあげましたが、こういったアーキテクチャの話を理解できるのは、現場でコードを書いているプログラマーです。
そして端的に言って、こういったアーキテクチャを理解して判断できない人は、よいプログラマーとは言えません。
よいプログラマーになるためには、最低でも以下のことを理解しておく必要があります。

  • システムのアーキテクチャ
  • サーバーの構成
  • 新しい技術

言うだけなら簡単ですが、実践するのはなかなか難しいものです。
それでも、私はよい設計をしたいので、現場でプログラミングを書き続けたいと思います。

Good luck for your engineer life!

-IT業界の説明

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.