プログラミング道場Top

プログラマーのやりがいって何ですか

更新日:

プログラマーのやりがいって何ですか?

プログラマーのやりがいは、人によってポイントが違うかもしれません。
この記事では、それぞれのポイントを説明したいと思います。

本記事の内容

  • プログラマーがやりがいを感じるポイント
  • 考察

プログラマーがやりがいを感じるポイント

世界を変えることができる

プログラマーになれば、世界を変えることができるかもしれません。
Amazonを作ったベゾスだったり、Facebookを作ったザッカーバーグは、最初はただのいちプログラマーでした。
そして、自分でプロトタイプを作成して、それを世の中にリリースして、製品を大きくしました。
今では両プロダクトとも、世界を変える力を持っています。
プログラマーになれば、このようなチャンスを掴むことができるかもしれません。

最先端の技術に関わることができる

IT業界には様々な最先端の技術があります。
例えば、VR、車の自動運転、ドローン、iPhone、Bitcoinなどです。
それらをいち早くキャッチアップするのは、プログラマーが多いような気がします。
そうした最先端の技術に関われることは、プログラマーとしては幸せなことです。

実際にものが動いたときに達成感を感じることができる

プログラミングをすることは、0を1にすることです。
0が1になって、初めてものが動くのを見ることは、プログラマーにとっては何よりの喜びです。

話は少し変わりますが、企画案だけしかない、0の状態を評価してくれる人は誰もいません。
プロトタイプができた1になって、初めて投資家は企画を評価してくれるようになります。
そう考えると、プログラミングができることは本当に大事です。

人のために役立つ仕事ができる

IT業界には、様々なサービスがあります。

  • Google;Android、Google Map、Gmail
  • Amazon;ECサイト
  • Apple; MacBook、iPhone
  • Microsoft;Windows、Office製品
  • クックパッド;料理レシピ
  • Yahoo;メディア
  • Dena;ゲーム
  • Line;メッセンジャー

他にも多くのサービスがありますが、我々の生活とITのサービスは、切っても切れない関係にあります。
そういったサービスを支えることは、プログラマーにとって、大きなやりがいになっています。

学ぶことが多い

IT業界は日進月歩で進んでいます。
20年ぐらい前まではGoogleはなかったし、10年前まではスマホもありませんでした。
ところが、今はGoogleやスマホを使うことは当たり前のようになっています。
それは、プログラマーが裏でそういった技術を支えていることを意味しています。
日々、学びがあるということは、プログラマーにとって喜ばしいことでもあります。

自分の欲しいものを作れる

エンジニアは、自分で欲しいものを自分で作成することができます。
例えば、iPhoneアプリやAndroidアプリで、欲しいものがあれば自分で作ることが可能です。
こういったことは、エンジニアの自尊心を高めています。

スキルを身につければ、高給を稼ぐことができる

最近のIT業界はプログラマー不足なので、完全に売り手市場です。
また、2030年ぐらいまでは、プログラマー不足は続くと言われています。
そういった状況なので、都内に限って言えば、今は月収で80万円以上は楽に稼げます。
お金が全てではありませんが、そういった状況はプログラマーのモチベーションを高めています。

まとめ

代表的なやりがいをあげましたが、何がよくて何が悪いということはありません。
エンジニアによって、やるがいを感じるポイントは異なります。
これからエンジニアになる人が、これらを読んだ時に、何かを感じてくれたらと思います。

Good luck for your engineer life!

 

-エンジニアの生き方

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.