プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

フリーダイビングでケガをした時の記録と対応方法

更新日:

この記事では、私が経験したケガと、ケガをしなようにするための対応方法について説明したいと思います。

本記事の内容

  • 皮膚が擦り剥けた
  • 頭痛がする
  • 胸の筋肉を痛める
  • 鼻の奥から鼻出血
  • 気管から出血
  • 肺から出血
  • まとめ

皮膚が擦り剥けた

状況や原因

初心者の頃、頭を上にしながら、足でロープを挟んで潜っている時のことです。
その時に、スーツを着ていなかった部分とロープが擦れて、皮膚の皮が剥けました。

対応方法

足だけでなく、皮膚を水に晒しているとケガをする可能性が高まります。
ダイビング用のソックスや手袋をすれば、こういったケガを防ぐことができます。

頭痛がする

状況や原因

その日は、10mぐらい潜ったところで頭痛がしました。
それでも、気のせいかと思って潜り続けていたら、頭痛が悪化しました。

対応方法

体調が悪いと感じた時は、すぐに潜ることを止めましょう。

胸の筋肉を痛める

状況や原因

30mぐらい潜ったところで、上に上がる時に腕を伸ばしてロープを力強く引っ張りました。
その時に胸の筋肉を痛めました。

対応方法

これを防ぐためには、日頃からの十分な運動が大事になってきます。
以下の運動をするようにしましょう。

  • Empty lung stretch(空気を限界まで吐いた状態のでのストレッチ)
  • Full lung stretch(空気を限界まで吸った状態のでのストレッチ)
  • 通常のヨガ

万一、胸の筋肉を痛めた後でも、上記のトレーニングをしていれば、次第に治ってきます。
ただし、Empty lung stretchは、やり方にコツがいるので、インストラクターと一緒にやるようにしましょう。

鼻の奥から鼻出血

状況や原因

35mぐらい潜ったところで、強く耳抜きをしました。
耳抜きは成功しましたが、水面に潜った後にツバを吐いたら、ツバに血が混じっていました。
鼻の奥からの鼻出血は、鼻うがいをした時に血がついているので、それで区別をすることができます。

対応方法

30m以上の深いダイビングをする時は、強い耳抜きはしないようにしましょう。
もう少し言うと、私はフレンツェル法のHロックは、行わないようにしています。
ただし、これは人によると思います。

気管から出血

状況や原因

マウスフィルで口に空気を溜める時に、首を背中の方に曲げると思います。
この時に、気管を伸ばしすぎると、出血することがあります。

対応方法

これを防ぐためには、日頃からの十分な運動が大事になってきます。
以下の運動をするようにしましょう。

  • Empty lung stretch(空気を限界まで吐いた状態のでのストレッチ)
  • Full lung stretch(空気を限界まで吸った状態のでのストレッチ)
  • 通常のヨガ

肺から出血

状況や原因

2、3週間ぐらい潜りもせず、十分に運動をしていませんでした。
それで、久しぶりに潜った時に、30mまで潜ったら、口から血が出てきました。
肺から出血している場合は、出血量が多いので、わかりやすいと思います。

対応方法

久しぶりに潜る時は、20m、25mぐらいまでに留めて、いきなり深いところには潜らないようにしましょう。
また、日頃からの十分な運動も大事です。
日頃から以下の運動をするようにしましょう。

  • Empty lung stretch(空気を限界まで吐いた状態のでのストレッチ)
  • Full lung stretch(空気を限界まで吸った状態のでのストレッチ)
  • 通常のヨガ

肺からの出血は、こじらせると長引くことになります。
早めに病院に行ってレントゲンを撮り、抗生物質を貰うようにしましょう。

まとめ

この記事では、私がケガをした状況について説明しました。
この記事が、多くのフリーダイバーの助けになることを祈っています。

Good luck!

フリーダイビングをするために、人体の科学や安全についてもっと詳しく知りたい方は、この本を読んでみて下さい。

英語が苦にならなくて、フリーダイビングに関するトレーニング方法を知りたい人には、この本をオススメします。
フレンツェル法やマウスフィル方についても、説明が書かれています。

フリーダイビングそのものに興味がある方は、こちらの本がいいと思います。
岡本さんは、90m以上は潜れる世界的なダイバーで、篠宮さんは100mダイバーです。
木下さんは、CNFで72mの世界記録を持っている女性です。
2019/7/15日に、彼女が亡くなってしまったのは、本当に残念です。

フリーダイビングの先駆者で有名なジャック・マイヨールの本を読みたい人には、こちらをオススメしています。

フリーダイビングを題材にした映画に興味がある人には、これを観て下さい。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

フリーダイビングをやろうとしている人にオススメの本はこちらです。
ソーラー式のダイブコンピュータを探している方には、こちらがオススメです。

-フリーダイビング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.