プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

ファクトフルネスの定義に基づいてフィリピンの所得をチェックしてみます

更新日:

ファクトフルネスでは、4つの所得レベルを定義しています。
この記事では、その定義に基づいて、フィリピンの所得レベルを見ていきたいと思います。

本記事の内容

  • ファクトフルネスで定義している4つの所得レベル
  • フィリピンの所得レベルの確認
  • フィリピンの出稼ぎ労働者
  • まとめ

ファクトフルネスで定義している4つの所得レベル

ファクトフルネスでは所得レベルを4つにわけているので、まずは、その定義を説明していきたいと思います。

レベル1

レベル1のスタートは、一日に100円からです。
子供の仕事は、バケツで水を運ぶことや薪を拾ってくることです。
食事はお粥などです。
もし、ヒドい病気になってしまうと、抗生剤などを買うお金はないので、そのまま命を落としてしまいます。

世界には、こういった人達が10億人はいます。

  • 日給は100 - 399円 (50 - 200フィリピンペソ)
  • 月給は2,000 - 8,000円(1,000 - 4,000フィリピンペソ)
  • 移動手段;徒歩
  • 食事;お粥
  • 火を扱う手段;薪
レベル2

レベル2のスタートは、一日に400円からです。
自分が育てた作物以外に、鶏を飼って卵を食べることもできます。
また、お金に余裕がでてきたので、自転車なども購入することができます。

世界には、こういった人達が30億人はいます。

  • 日給は400 - 1,599円 (200 - 800フィリピンペソ)
  • 月給は8,000 - 32,000円(3,000 - 16,000フィリピンペソ)
  • 移動手段;自転車
  • 食事;お粥、卵
  • 火を扱う手段;ストーブ
レベル3

レベル3のスタートは、一日に1,600円からです。
手元の資金に余裕ができ、家には水道管がきます。
また、電気を引くことで、電化製品を購入することができ、そのお陰で食料の貯蔵も可能になりました。

世界には、こういった人達が20億人はいます。

  • 日給は1,600 - 3,199円 (800 - 1,600フィリピンペソ)
  • 月給は32,000 - 64,000円(16,000 - 32,000フィリピンペソ)
  • 移動手段;自転車、バイク
  • 食事;先進国に近い食事
  • 電化製品;電気を使えるので、冷蔵庫や冷暖房を使うこともできます
  • 火を扱う手段;ガスや電気コンロを使うし、水道からお湯も出る。
  • 娯楽;家族で旅行に行くこともできます。
レベル4

レベル4のスタートは、一日に3,200円からです。
レベル4は、既に裕福な消費者だと言えます。
学校には、12年以上は通っています。
バイクや車なども購入することができます。

世界には、こういった人達が10億人はいます。

  • 日給は3,200円以上 (1,600フィリピンペソ)
  • 月給は64,000円以上(32,000フィリピンペソ)
  • 移動手段;自転車
  • 食事;先進国な食事。月に1回は外食をする。
  • 電化製品;電気を使えるので、冷蔵庫や冷暖房を使うこともできます
  • 火を扱う手段;ガスや電気コンロを使うし、水道からお湯も出る。
  • 娯楽;飛行機を使って、旅行などもできます。

フィリピンの所得レベルの確認

上記の定義に沿って、フィリピンの家族を当てはめていきたいと思います。
資料は、こちらのTABLE 1を使いました。(もし、表の見方が間違っていたら教えて下さい。)
ちなみに、ファクトフルネスの定義は個人で、この表では家族の収入が使われているですが、その違いは考慮していません。
(レベル1と2ぐらいの人は、個人と家族で財布が同じ気もしますが?)
また、フィリピン人の家族は、平均すると5人ぐらいが一般的なようです。

年収の分類 家族の数 平均年収 平均月収 レベル
4万ペソ
(8万円)
35万5千人 3万4千ペソ
(6万8千円)
2,900ペソ
(5千8百円)
レベル1
4 - 6万ペソ
(12万円)
90万1千人 5万5千ペソ
(11万1千円)
4,600ペソ
(9千2百円)
レベル2
6 - 10万ペソ
(20万円)
326万8千人 8万7千ペソ
(17万3千円)
7,200ペソ
(1万4千円)
レベル2
10 - 25万ペソ
(50万円)
1030万人 17万ペソ
(34万円)
14,200ペソ
(2万8千円)
レベル2
25万ペソ以上
(50万円以上)
788万人 55万ペソ
(55万円)
46,000ペソ
(9万2千円)
レベル4

フィリピン人の多くの家族は、収入の定義に照らし合わせると、レベル2に当てはまりそうです。
でも、彼らの多くはバイクも持っていますし、電化製品も持っています。
そのため、私の目からは、レベル3の人が多いように見えます。

その理由は、フィリピン人の10%を占める、海外で働く出稼ぎ労働者が理由かもしれません。

フィリピンの出稼ぎ労働者

フィリピンでは、人口の1割にあたる約1000万人が海外で働いています。
2017年通年の「フィリピン人海外出稼ぎ労働者」からフィリピンへの送金額は、前年比4.3%増の280億6,000万ドルです。
およそ、2兆8千億円もの外貨を稼いでいます。
2兆8千億を1000万人で割ると、一人当たりの年間の送金額は28万円になります。

その送金額が、上の図には含まれていないので、所得額に比べて、フィリピン人の生活がリッチに見えるではないかと思います。
(根拠のない推論で、申し訳ありません。)

ちなみに、オンライン英会話の講師の時給は200円ぐらいです。
200円×8時間×20日を一ヶ月の労働時間だとすると、それだけで32,000円になります。
また、2、3年の経験を持つWebエンジニアの給料は60,000円以上です。

まとめ

この記事では、フィリピンの統計を使いながら、おおよそですが、フィリピン人の所得レベルを分類してみました。
フィリピン社会には、レベル1からレベル4までの幅広い所得層が存在するのが特徴ですね。
日本では、貧困やら格差社会だと言われることがあっても、それは全てレベル4の中での出来事です。
でも、フィリピンではレベル1からレベル4までが混在しています。
そのような社会だと、より格差社会を感じやすい気がします。

フィリピンの絶対的な貧困層は、1000万人以下ぐらいまで減ってきているように見えます。
フィリピンの人口が1億人で、絶対的な貧困層は1割だとすると、貧困層はかなり減ってきているのかもしれません。
これからのフィリピン社会では貧困層はさらに減っていき、明るい未来が待っているような気がします。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-ポエム, 書評, 社会

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.