プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

もし学生に戻れたら、どういうキャリアを選びますか?【エンジニアが最高!】

更新日:

もし学生に戻れたら、どういうキャリアを選びますか?

高校生までに戻れるのか、大学生までに戻れるのかで、選択肢が変わってきそうです。
また、自分の才能にもよりますが、とりあえず凡人であるという想定で回答したいと思います。
ちなみに、もし天才だったら、大学に通う必要はないですね。

本記事の内容

  • 高校生に戻れたら
  • 大学生に戻れたら
  • まとめ

高校生に戻れたら

もし、自分が高校生まで戻れたとしたら、アメリカに留学して「Computer Science」の修士まで取得したいと思います。
なぜならば、それは今、世界でもっとも素晴らしい価値の一つだからです。
今の私では、仮に私の能力が、アメリカで働けるだけの技術力と英語力に到達していたとしても、アメリカで働くことはできません。
なぜならば、CSの学位や修士を持っていないので、アメリカで働くためのVISAの取得が困難だからです。

卒業後は、そのままエンジニアになると思いますが、仮にエンジニアにならなかったとしても、その学歴は他のところでも十分に活かせると思っています。
もしかしたら、FacebookやAmazonのCEOのように、経営者を目指すかもしれません。

大学生に戻れたら

大学生まで戻れたら、やっぱり、プログラミングの勉強をします。
理由は、プログラミングが楽しいというのありますが、プログラミングは誰でも気軽に始められて、経験が積み上がるタイプで、他の仕事に比べて高給が貰える仕事だからです。
例えば、スーパーのレジ打ちや介護の仕事を10年やっても時給は大して上がりませんが、プログラミングならば、時給は倍以上になります。
他の職人系と比較してみても、医者などの仕事は誰でも簡単になれるわけではありませんし、他の職人系の仕事は見習い期間が数年はあります。

少し話は変わりますが、最近、「左官業界では、4年で一人前になれるようになり画期的だ」という記事を見ました。
年収も合わせて調べてみたのですが、若い間は年収が400万に届くかどうかというところでした。
正直、辛い業界だなと感じます。
一方で、プログラミングだと簡単に始められて、それからすぐに経験が積み上がっていき、5年ぐらいの経験を積めば年収が500 - 600万に到達する人達も多くいます。

勉強方法ですが、最初はプロゲートやドットインストールなどのサイトで勉強します。
具体的には、「html、JavaScript」「Ruby」「MySQL」「Linux」について勉強します。
それから、Rails Tutorialのような成果物を作る傍らで、インターン先を探します。

独学も悪くはないのですが、効率よく身になるのは、実務経験です。
最初は時給800円でも何でもいいと思うので、会社に入り込んで経験を身につけることを優先します。
さらに、インターン先がいい会社であれば、1、2年は休学することを考るかもしれません。
経験を積んでいけば、大学生の間に時給が3,000円ぐらいまでは上がっていくので、かなり効率がよいバイトです。
あまりにもバイトで稼げるので、インターンを辞めて新卒として就職した後に、「給料が大幅に下がったから辛い」と言って退職していった新入社員を何人か知っています。

インターンとして経験を積んだ上で、サイバー、DeNA、グリー、Yahooといったメガベンチャーの会社を狙います。
そうすれば、新卒にも関わらず、初任給は450万円から500万円ぐらいでスタートできるはずです。
メガベンチャーでの経験は、それから先のエンジニアライフにおいて、大きな財産となるはずです。

また、もしかしたら、「一生、エンジニアでやっていける自信はない」という人もいるかもしれませんが、若い間に稼げるという自信を持てることは、それから先の人生において選択肢が大幅に広がります。
そういった意味でも、エンジニアはオススメです。

まとめ

「IT業界で働くといいことがありますか?」という記事にも書いたのですが、これからの社会は全てがIT企業になっていきます。
そんな中で、エンジニアとしてのキャリアを持つことは、大きな強みとなります。
学生まで戻れたら、必死になってプログラミングを勉強したいですね!

Good luck for your engineer life!

-勉強方法

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.