プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

【Flutter入門】FlutterでFirebaseAuthを使ってemailとpasswordでログインする方法

更新日:

記事の内容


この記事では、FlutterでFirebaseAuthを使ってemailとpasswordで登録、ログイン、ログアウトをする方法を紹介します。

Firebaseの設定

前提条件として、Firebaseの設定は終わっている必要があります。
画面に沿ってやっていけば、問題なく実装できるはずです^^

registerの実装方法

firebase_authのimportをします。

import 'package:firebase_auth/firebase_auth.dart';

インスタンスを生成します。

final _auth = FirebaseAuth.instance;

引数にemailとpasswordを設定して、createUserWithEmailAndPasswordに渡します。
戻り値はFutureなので、awaitとasyncを忘れないようにしましょう。

final newUser = await _auth.createUserWithEmailAndPassword(email: email, password: password);

ログインに成功した場合は、Navigatorで画面遷移をしています。

if (newUser != null) {
Navigator.pushNamed(context, ChatScreen.id);
}

遷移前のコード

遷移後のコード

loginの実装方法

ここで、ログインをしています。

final user = await _auth.signInWithEmailAndPassword(email: email, password: password);

logoutは、こちらです。

_auth.signOut();

Navigatorで、元の画面に戻っています。

Navigator.pop(context);

まとめ

この記事では、FlutterでFirebaseAuthを使ってemailとpasswordで登録、ログイン、ログアウトをする方法を紹介しました。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.