プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

【Flutter入門】FlutterでFirebaseにデータを登録して取り出す方法

更新日:

記事の内容


この記事では、FlutterでFirebaseを使ってデータを登録する方法と取り出す方法を紹介します。
Firebaseのデータベースが更新されると、自動でデータが更新される方法も合わせて紹介しています。

Firebaseのcollectionの中

messagesというコレクションの中に、senderとtextがあります。

Firebaseへの登録方法

Firestoreのインスタンスを作成

final _firestore = Firestore.instance;

collectionにMapを指定して、addします。

_firestore.collection('messages').add({
'text': messageText,
'sender': loggedInUser.email,
});

Firebaseからデータの取得方法

ソースコードは上記のものと同じです。

void getMessages() async {
final messages = await _firestore.collection('messages').getDocuments();
for (var message in messages.documents) {
print(message.data);
}
}

FirebaseからStreamでデータを取得する場合

この場合、「Firestore側でデータが更新されること」をトリガーにして、データが取得されます。
チャットなどの場合は、この取得方法がいいですね^^

void messagesStream() async {
await for (var snapshot in _firestore.collection('messages').snapshots()) {
for (var message in snapshot.documents) {
print(message.data);
}}}

まとめ

この記事では、FlutterでFirebaseを使ってデータを登録する方法と取り出す方法を紹介しました。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.