私がオススメするプログラミング教材です

【Flutter入門】FlutterでFirebaseからデータを取り出してリストに出力する方法

更新日:

記事の内容


この記事では、FlutterでFirebaseからデータを取り出して、リストに出力する方法を紹介します。

Firebaseのcollectionの中

messagesというコレクションの中に、senderとtextがあります。

実装後の画面

Firebaseからデータの取得方法

pubspec.yamlに一行を追加してから、パッケージをインストールします。

cloud_firestore: ^0.13.5

データの取得

        final messages = snapshot.data.documents;
        List<MessageBubble> messageBubbles = [];
        for (var message in messages) {
          final messageText = message.data['text'];
          final messageSender = message.data['sender'];

          final messageBubble = MessageBubble(
            sender: messageSender,
            text: messageText,
          );
          messageBubbles.add(messageBubble);
        }

Listにセットする

child: ListView(
            padding: EdgeInsets.symmetric(horizontal: 10, vertical: 20.0),
            children: messageBubbles,
          ),

DartとFlutterをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


SwiftでiOSアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


KotlinでAndroidアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


Gitをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


ゼロからWebエンジニアになりたい人には、この記事がオススメです


独学で実務っぽい経験を積みたい人には、この記事がオススメです

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.