プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

【Flutter入門】Flutterで位置情報を取得する方法

更新日:

記事の内容


この記事では、Flutterで位置情報を取得する方法を紹介します。
具体的には、「geolocator」を使います。

準備

pubspec.yamlのdependenciesに、「geolocator: ^5.2.1」を追加します。

次に、Androidで動かす場合には、AndroidMAnifest.xmlを編集します。
どちらか一つのラインを、AndroidMAnifest.xmlに追加しましょう。
位置情報を取得する際に、Androidの権限を求めるための設定です。

<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_COARSE_LOCATION" />

iOSで動かす場合には、info.plistを編集します。
この2つのラインを追加しましょう。

<key>NSLocationWhenInUseUsageDescription</key>
<string>This app needs access to location when open.</string>

実際の使い方

設定が終わったら、アプリを止めてから再度、起動しましょう。
initState(起動する時に走るメソッド)の中で、_getLocationを呼んでいます。
positionの中に位置情報が入っています。
low、highといったオプションを変更することで、取得できる位置情報の中身が変わります。

Position position = await Geolocator()
.getCurrentPosition(desiredAccuracy: LocationAccuracy.low);

このプログラミングには、非同期通信が使われています。
非同期通信プログラミングが苦手な人は、この記事を読んで下さい。

【Dart入門】Future、async、awaitを使う方法を説明します

まとめ

この記事では、位置情報を取得する方法を紹介しました。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.