プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

【Flutter入門】AdMobで広告を表示させる方法

投稿日:

記事の内容


この記事では、FlutterでAdMobを使って広告を表示する方法を紹介します。
firebase_admobを使って実装します。

pubspec.ymlの変更

追記場所はここです。
firebase_admobだけでなく、firebase_coreも忘れないようにしましょう。

firebase_core: ^0.4.4+3
firebase_admob: ^0.9.3+2

pubspec.ymlを変更した後は、main.dartに戻って、「Get Dependencies」をクリックします。

AndroidManifestの変更

app/src/main/AndroidManifest.xmlに追記します。
valueには、自分のIDを設定しましょう。
AdMobのコンソール画面で取得できます。

<meta-data
    android:name="com.google.android.gms.ads.APPLICATION_ID"
    android:value="ca-app-pub-52174119~8485805"/>

これも必要かも?

<uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH" />

build.gradleの設定

app/build.gradleも確認して、以下の行がない場合は、追記しましょう。

implementation 'com.google.firebase:firebase-core:17.0.0'

iOSの設定

iOSの場合は、ios/Runner/info.plistの中に、追記します。

<key>GADApplicationIdentifier</key>
<string>ca-app-pub-521333374119~848555533381444405</string>

コードの説明

initStateの先頭で読み込んでいます。
showの設定で、バナーの位置をTopやBottomに変更することができます。

FirebaseAdMob.instance.initialize(appId: FirebaseAdMob.testAppId);
BannerAd _bannerAd = _createBannerAd();
_bannerAd
  ..load()
  ..show(
    anchorOffset: 20.0,
  );

_targetingInfoで、自分が読み込みたいキーワードを設定できます。

MobileAdTargetingInfo _targetingInfo = new MobileAdTargetingInfo(
  keywords: <String>['travel'],
);

MobileAdTargetingInfoに設定できる引数のいくつかは「deprecated」なので警告が出ているものは、使わないようにしましょう。
birthdayやgenderとかですね。

パラメータの詳細な意味は、ここに書かれているので、気になる方は読んでみて下さい。

まとめ

この記事では、FlutterでAdMobを使って広告を表示する方法を紹介しました。
TestのAdは成功しても、自分のAdに切り替えると表示されない場合があります。
その時は、エラーメッセージを確認しましょう。

onAdFailedToLoad: 3
ERROR_CODE_NO_FILL

このエラーは、リクエスト自体は成功しているが、配信される広告がない場合に発生するそうです。
アプリの開発初期段階などで起こります。
放っておけば直るはずです。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.