プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

【Flutter入門】独自の複数ボタンを作成する方法

更新日:

記事の内容


FloatingActionButtonは、一つのスクリーンで、一つまで使うという作法があります。
でも、複数のボタンを使いたい時もあるはずです。
その時に、独自のボタンを作成する方法を紹介します。
具体的には、「RawMaterialButton」を使います。

独自ボタンの使い方

下記の図で、WEIGHTとAGEの所に使っているボタンの作成方法を紹介します。
「RoundIconButton」でボタンを作成して、Functionを使って動作を実装しています。

まとめ

この記事では、独自のボタンを作成する方法を紹介しました。
複数のFloatingActionButtonを使いたい時は、この記事が参考になるはずです。

Good luck for your engineer life!

DartとFlutterをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


SwiftでiOSアプリを開発したい人は、この記事を読んで下さい


KotlinでAndroidアプリを開発したい人は、この記事を読んで下さい


Gitをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


ゼロからWebエンジニアになりたい人は、この記事を読んで下さい


独学で実務っぽい経験を積みたい人は、この記事を読んで下さい

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.