プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

【Flutter入門】多言語化対応する方法

投稿日:

記事の内容


この記事では、Flutterで多言語化対応する方法を紹介します。

pubspec.ymlの変更

追記場所はここです。

pubspec.ymlを変更した後は、main.dartに戻って、「Get Dependencies」をクリックします。

ソースコードの説明

このclassで既存のプログラムをWrapすることで、多言語化対応が可能になります。

アプリの言語設定を知りたい場合は、このように取得します。

ここで、自分が多言語化対応させたいキーワードを定義していきます。
例では、titleを多言語化対応させています。

サポートしたい言語を設定しています。

iOSの設定

iOSの場合は、さらに設定ファイルをいじる必要があります。
ios/Runner/info.plistの中に、「Localizations」を追加して、自分が使いたい言語を追加します。

まとめ

この記事では、多言語化対応する方法を紹介しました。
わかりずらい箇所があれば、詳細はこの記事を読んでみて下さい。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Flutter, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.