プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

私がオススメするプログラミング教材です

【Dart入門】Streamの使い方

更新日:

記事の内容


この記事では、DartのStreamの使い方を説明します。

Streamの仕組み

Streamとは、「ある値を入れて」、「ある値を出す」仕組みです。
実際に例を見ていきましょう。
「StreamController」というものを使って、streamをコントロールします。

順番が変わっても、動作します。

int型だけではなく、あらゆる値を出し入れすることができます。

例外処理

例外処理を行うこともできます。
例外は、「onError」でcatchします。

Streamをcloseする

Streamをcloseして、その時に行う処理を書くこともできます。
「onDone」という項目で、closeした時の処理を行います。

closeをした後は、「新しい値」を追加することは、できなくなります。

Flutterエンジニアの求人

DODAにはFlutterエンジニアの案件が、約190件、登録されていました。



Flutterを使って働きたい人は、DODAに相談してみて下さい



DartとFlutterをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


SwiftでiOSアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


KotlinでAndroidアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


Gitをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


ゼロからWebエンジニアになりたい人には、この記事がオススメです


独学で実務っぽい経験を積みたい人には、この記事がオススメです

関連コンテンツ

-Dart, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.