プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

【Dart入門】if文の使い方を説明します(switchや三項演算子とも比較)

更新日:

記事の内容


この記事では、Dart言語でよく使う「if文」の使い方を説明します。
簡単なサンプルも書くので、これさえ読めば「if文」はバッチリです!
参考程度ですが、swtichや三項演算子との比較も説明します。

if文とは?

if文とは処理を分岐させるための仕組みです。
例えば、以下のような処理を書きたい時に、if文を使います

  • 変数が1だったら、「その値は奇数です」と表示させる
  • 変数が2だったら、「その値は偶数です」と表示させる

基本的なif文の使い方

「if()」の中にある条件式がtrueならば、「偶数です」と表示させて、falseならば「奇数です」と表示させています。

2番目のものは、「else if」という文を使って条件式を組み合わせています。
ただし、条件式は上から順番に読み取られていくので注意が必要です。
「2で割りきれる」「4で割りきれる」「8で割りきれる」という順番だと、常に「2で割りきれる」がヒットしてしまいます。
そのため、if文の条件式の順番には十分に気を付けて下さい。

条件式がfalseと判断される条件

ifの中の条件には、true、falseしか入りません。
空文字や文字列の「'false'」などを入れようとすると、Errorになります。
わかりやすくていいですね。

ちなみに、nullの場合は以下のエラーが出ます。

Uncaught Error: Assertion failed: "boolean expression must not be null"

論理演算子を使った複雑なif文の使い方

「&&」を使う場合

「&&」は、2つの条件が両方ともtrueの時という意味です。

「||」を使う場合

「||」は、どちらか一方の条件がtrueの時という意味です。

「!」を使う場合

「!」は条件の否定です。



switch文との比較

if文で書けることは、switch文でも書くことができます。
ここでは、同じロジックを両方の構文で書いています。
条件式が長い時は、switch文の方がスッキリしますね!

if文

switch文

三項演算子との比較

三項演算子も条件式の一つです。
「?」というキーワードと「:」というキーワードを組み合わせて使います。
簡単な条件式を書く時は、ifよりも三項演算子を使うことが好まれます。
同じロジックを三項演算子、switch、ifの3つで書くので、それぞれの違いを確認しましょう。

まとめ

この記事では、if文、swtich、三項演算子について説明しました。

Good luck with your engineer life!

DartとFlutterをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


SwiftでiOSアプリを開発したい人は、この記事を読んで下さい


KotlinでAndroidアプリを開発したい人は、この記事を読んで下さい


Gitをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


ゼロからWebエンジニアになりたい人は、この記事を読んで下さい


独学で実務っぽい経験を積みたい人は、この記事を読んで下さい

関連コンテンツ

-Dart, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.