私がオススメするプログラミング教材です

【Dart入門】「?.」「??」「...」「!」という記法

更新日:

記事の内容


この記事では、Dartの特殊な4つの記法について説明します。
「?.」「??」「...」という記法を使うと、よりシンプルにコードを書くことができます。
あと、「!」という記法についても説明します。

「?.」

このコードはエラーが出ます。
なぜならば、nullに対してメソッドを呼び出そうとしているからです。

このコードでも動かすためには、こう書きます。
「?.」という記法を使って、「target?.length」と書けば、nullが返ってきます。
Railsでいう「try」というメソッドと同じです。

「??」

上のコードを、「??」を使って簡潔に書いてみます。
「??」は「nullだったならば」という意味です。

「...」

次に、「...」というSpreads記法についても説明します。
Spreads記法は、値を展開して渡します。

ただし、上のコードでは、nullが入るとエラーが出ます。

その場合は、「?」をつければ動作します。

「!」

まずは、コンパイルが通らないコードです。

上記のコードを、「!」を使って動かします。
ただ、もちろん、エラーが出ます。

式の値は決してNULLであってはならないと信じているけど、変数の型を変更することができない。
そして、もし間違っていた場合には、実行時に例外が出ることを覚悟している場合に使える記法です。

DartとFlutterをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


SwiftでiOSアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


KotlinでAndroidアプリを開発したい人には、この記事がオススメです


Gitをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです


ゼロからWebエンジニアになりたい人には、この記事がオススメです


独学で実務っぽい経験を積みたい人には、この記事がオススメです

-Dart, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.