プログラミング道場Top

Nativeアプリを作成する理由は少ないかもしれない

投稿日:

Nativeアプリは、どういった時に作る必要がありますか?

どういった時に、iPhoneやAndroidのNativeアプリを作るべきかは、悩ましいところです。
この記事では、それについて解説していきたいと思います。

本記事の内容

  • Nativeアプリを使いたいケース
  • Nativeアプリを使うデメリット
  • まとめ

Nativeアプリを使いたいケース

アプリ内で位置情報を頻繁に使う時

位置情報を使うことがそのアプリの価値だった場合に、Nativeアプリの方がよさそうです。

加速度計、湿度センサー、カメラ、気圧計を使う時

モバイル端末を使うことがアプリの価値の場合には、Nativeアプリを使うほかに手段はありません。

ユーザーが、サインインをしながら、そのアプリを頻繁に使うような場合。

例えば、FXの取引やメルカリのような場合を想像してみて下さい。
Nativeアプリを使えば、サインインの手間やブラウザのナビゲーションをさけて、リッチなUI/UXを作ることができます。

Nativeゲーム

最近のゲームはかなり高度なので、そういったゲームを作りたい場合は、Nativeアプリを使うべきです。

Nativeアプリを使うデメリット

開発コストの増大

Nativeアプリ用の開発者を集めるために、お金も時間もかかります。
ReactNativeでiPhoneとAndroidの両方を実装できればよいですが、一つ一つをバラバラに実装すると、2倍のコストがかかります。

配布が面倒

アプリに修正があるたびに、リリースするタイミングでプラットフォームのレビューが必要となるので、時間がかかるようになります。

費用

iPhoneアプリを開発するためには、Apple Storeに年間で99$を払う必要があります。
また、Store内で課金をした場合は、売上の30%をAppleやGoogleに払わなければいけません。

テストの複雑さ

iPhoneやAndroidには、様々な種類とバージョンのアプリがあり、開発者はそれらの全てをテストする必要があります。
それは、多大な労力を必要とします。

まとめ

この記事では、Nativeアプリを使いたいケースとデメリットについて説明しました。
スタートアップ企業では、ほとんどのケースにおいて、通常のブラウザのみの開発で良さそうな気がします。

Nativeアプリを使うデメリットは、重い感じのものが多いですね。。。

Good luck for your engineer life!

-初心者向け

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.