プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

プログラミング言語 スクリプト言語 コンパイル言語 アプリ開発 サーバー、インフラ、セキュリティなど 機械学習系 ゲーム開発 データベース 子供向け デザイン その他 おまけ まとめ この記事では、様々な書籍を紹介しました。 是非、自分に合 ...

続きを見る

Linuxのメモリを確認する方法

更新日:

記事の内容


この記事では、Linuxのメモリを確認する方法を紹介します。

Linuxにあるメモリの確認方法

Procから情報を確認する場合

項目 意味
MemTotal 全てのメモリ 62GB
(61835524 kB)
MemFree 使われていないメモリ 39GB
(39735428 kB)

freeコマンドで確認する場合

total used free s
h
a
r
e
d
b
u
f
f
e
r
s
cached
Mem OSが認識
している
物理的な
メモリ
使用している
メモリサイズ
空きメモリ
サイズ(例38G)
無視 File cache
(例15G)
buffers/
cache
使用中のメモリ 実際に使用
されていないメモリ(38+15=54G)
Swap 全てのSwap 0
(0の状態がいい。
diskアクセスが
ない)
使われていない
swap

buffers/cacheに書かれている数字が、実際にLinuxで使われているメモリです。
上記の例だと、約5GBが使われています。
cachedは、Linuxのページキャッシュのことですね。
Linuxのページキャッシュのために、約15GBが確保されています。

もう少し、ページキャッシュについて知りたい方は、以下の内容を読んで下さい。

Linuxは一度ディスクから読みだしたデータは、可能な限りメモリにキャッシュして、次回以降の読み込みが高速に行われるように調整します。
このメモリに読みだしたデータのキャッシュを「ページキャッシュ」と呼びます。
CPUはディスクのデータを直接読むことができないので、一度ディスクのデータをメモリにロードしてから読み込んでいます。

Linux のディスクキャッシュが「ページキャッシュ」と呼ばれるのは、キャッシュの単位がページだからです。
ページというのは Linux の仮想メモリの最小単位で、4KBです。
つまり何かしらのデータがメモリに存在するとき、そのメモリ領域をカーネルが扱うときの最小単位です。
ディスクの内容をキャッシュする場合、ファイルを丸ごとキャッシュしたりするのではなくiノード番号とファイルのオフセットをキーにしてページ単位でキャッシュします。

まとめ

この記事では、Linuxにおいて、メモリ情報を確認する方法とページキャッシュについて説明しました。

Good luck for your engineer life!

Linuxの勉強をしたい人は、この記事を読んで下さい。

Linuxの学習でおすすめの本と動画【2020年最新】

インフラの勉強をしたい人は、この記事を読んで下さい。

インフラの学習でおすすめの本と動画【2020年最新】

シェルスクリプトの勉強をしたい人は、この記事を読んで下さい。

シェルスクリプトの学習でおすすめの本【2020年最新】

VimとEmacsの勉強をしたい人は、この記事を読んで下さい。

VimとEmacsの学習でおすすめの本と動画【2020年最新】

インフラエンジニアの需要を知りたい人は、この記事を読んで下さい

Linuxを使うインフラエンジニアの年収と需要

関連コンテンツ

-Linux, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.