Go言語の学習でおすすめの本と動画【2024年最新】

更新日:

記事の内容


この記事では、Golangを学習する上での良書を紹介していきたいと思います。

動画教材

Udemyのここがオススメ

  • 一ヶ月間は自由に返金することができるので、お試しで講座を受けられる。
  • 情報が古くなった場合には、著者が教材をアップデートしてくれることが多いので、初心者に優しい。

【Go入門】Golang基礎入門 + 各種ライブラリ + 簡単なTodoWebアプリケーション開発(Go言語)

興味がある方は、画像をクリック

iconicon

Golang(Go言語)の基礎、各種パッケージの解説 + 簡単なTodoアプリケーションを作成 + Herokuへのデプロイを学んでいきます。
「短期間」で「Golangで何ができるのか?」を知ることができる、基礎入門コースとなっています。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + 応用でビットコインのシストレFintechアプリの開発

興味がある方は、画像をクリック

iconicon

現役シリコンバレーエンジニアの15時間のGo講座 〜 シリコンバレーで流行り出したGoを入門から習得し、応用で次世代Fintechアプリを開発する。
Bitcoin以外の株やFXにも使えるシステムトレーディング分析方法を教授。

Go言語で学ぶ実践gRPC入門

興味がある方は、画像をクリック

iconicon

マイクロサービスの文脈などで大変注目度の高いgRPCを基礎から応用まで短期間でまとめて学べるコースです!
gRPCって名前は聞いたことがあって、気にはなっているけど、実際どんな内容なんだろう。
そんな方にぴったりなコースとなっています!

初心者向け

たった1日で基本が身に付く!Go言語 超入門


本書は、Go言語によるプログラミングを学ぶための入門書です。
開発環境のインストールから始まり、Go言語の基本を解説しています。

ただ、解説が微妙な所もあります。
他の言語をすでに学んでいる人には問題ないと思いますが、これからプログラミングを学ぼうとしている人にはオススメしません。

改訂2版 基礎からわかる Go言語


Go言語のバージョン1.4に対応しています。
Go言語の入門書であり、定番本の改訂版です。
ある程度は、他の言語で経験を積んでる人にオススメです。

スターティングGo言語


Go言語のバージョン1.6に対応しています。
他の言語の経験者で、これからGo言語を勉強したい人にはオススメです。

初めてのGo言語


イディオマティックなGo言語の解説書。構文がシンプル、静的型付け、タイプセーフでメモリセーフ、バグが入り込みにくい、並行処理が得意、実行速度が速い……これらの魅力的な特徴を生かすためには、Go言語らしい書き方を可能にする「イディオム」を学ぶ必要があります。
Go言語のイディオムをマスターすれば、効率的で読みやすいコードを書けます。
本書では、Go言語の基本機能を明快かつ簡潔に説明しつつ、イディオマティックなGoコードの書き方やGoプロジェクトの設計方法を解説します。

中級者向け

Go言語 100Tips ありがちなミスを把握し、実装を最適化する


本書では、Goアプリケーションによくある100の間違いを取り上げ、その例を検証し、その背景にある事柄を掘り下げていきます。

さらに、間違いを回避するためのヒント、テクニックを紹介し、
実際の現場で間違いを回避できるようにします。

本書で取り上げる間違いは、バグ、不必要な複雑さ、可読性の低下、最適ではない/慣用的ではないソフトウェア構成、APIの利便性の欠如、最適化されていないコード、生産性の欠如です。

Go言語プログラミングエッセンス


Go言語ユーザーとして、「もう一段レベルアップしたい」「開発に使いたい」と思っている方に向けた、Go言語の解説本です。
関数やパッケージの使い方、並行処理、テストといった基本的なトピックにおいて、「こう書くと綺麗になる」「こう書くとパフォーマンスが上がる」といったエッセンスを紹介します。

Go言語による分散サービス


本書は、Go言語で分散サービスを構築する方法を解説する書籍です。
分散サービスの概要と基本を解説し、設計、開発、およびデプロイする方法をコードを使ってハンズオン形式で学びます。
はじめに、ストレージレイヤの構築とデータ構造の定義を行い、gRPCを用いてAPIを定義したサービスをネットワーク上で動作させる方法を説明します。

詳解Go言語Webアプリケーション開発


本書はGoでREST API Webアプリケーションを開発するときに必要な知識に特化した内容になっています。
本書は前半でWebアプリケーション開発の事前知識としてGoの設計思想や知っていると便利な標準パッケージの機能について紹介し、後半でGoを用いたWebアプリケーションのコードをハンズオン形式で解説します。
また、本書ではベテランGopherが暗黙知的に行なっているイディオムの解説や、標準パッケージやメジャーなサードパーティOSSを使った実践的なコーディングテクニックを紹介しています。

エキスパートたちのGo言語 一流のコードから応用力を学ぶ


本書では、現役のGoプログラマーが実務や趣味で開発したオープンソースソフトウェア(OSS)を紹介します。
その開発の過程で書かれたコード、参照された資料、使われた開発手法を解説しつつ、より詳しく学ぶための参考資料を提示します。
入門レベルを脱して、自ら応用力を身につけるための取っ掛かりとなる情報を提供します。
新しい本ですが、エンジニアによく読まれています。

実用 Go言語 ―システム開発の現場で知っておきたいアドバイス


本書は、Goを使う上でのポイントを単なる文法詳解ではなく「よりGoらしく書くには」「実用的なアプリケーションを書くには」といった観点から紹介します。
構造体やインターフェースの使い方からJSON、CSVファイル、Excel、固定長ファイルの扱い方、またログやテスト、環境構築など現場に即した幅広いトピックについて、「Goらしいプログラムの書き方」をその背景と共に教えてくれる先輩のような書籍です。

GoとSAMで学ぶAWS Lambda


Go言語での実装を通して、AWS Lambdaの扱い方やサーバーレスアーキテクチャについて学べる本です。
AWS Lambdaを学びたい人には、オススメの本です^^

この本は、「Kindle Unlimited」の30日間無料体験で読むのがオススメです ^^
無料体験後も、200万冊以上の本を月額980円で読むことができる、読書好きにはもってこいのプランです。

Go言語による並行処理


Go言語の強みである並行処理について、詳しく解説されている本です。
ゴルーチン(goroutine)について詳しく勉強したい人にオススメの本です。

Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る


Go言語を学びながら、Webアプリケーションを作成するときの基礎について学びます。
Webアプリをフレームワークなしで構築するので、かなり勉強になります。
HTTP、HTTP/2、CRUD操作、Cookie、XSS、本番へのdeployと、かなり幅広く勉強できる本です。

ただし、実際の現場ではフレームワークを使うことも多いので、フレームワークの勉強をしたい場合は別に本を読んだ方がいいかもしれません。

上級者向け

Go言語でつくるインタプリタ


Go言語でプログラミング言語のインタプリタを作る本です。
シンプルなコードですし、テスト駆動開発で進めていけるところも勉強になります。
「新しい言語を作ってみたい」と考えている人にオススメです。

Goならわかるシステムプログラミング


OSの内部、低レイヤーについて、Golangで勉強できる人にオススメの本です。
システムプログラミングの勉強をしたい方は、是非、読んで下さい。

-おすすめ本

Copyright© プログラミング道場 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.