プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

30代からプログラミングを始めることは可能なのか?【頑張ればギリギリセーフ】

更新日:

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、若い人達が多い印象です。
30代から始めても間にあいますか?


記事の内容


私は10年ぐらい前、ITがそこまで流行りではない時期に、20代後半でエンジニアになったので、30代の人が不安になる気持ちはよくわかります。
結論から言うと、30代からプログラミングを始めてもエンジニアになることはできます。
ただし、ちょっとしたコツはあります。
この記事では、30代からエンジニアになるさいの注意点や、具体的にエンジニアになる方法を説明します。

2030年には79万人のエンジニアが不足

まずは、今後、10年間以上に渡るエンジニア不足の状況について説明します。
記事やニュースなどで知っている人もいるかと思いますが、今、エンジニアは世界的に不足しています。
日本においても、エンジニアの不足数は経済産業省の公的な資料で試算が出されており、2020年には約30万人のエンジニアが不足します。
また、10年後の2030年には最大で約79万人のエンジニアが不足する可能性があります。

エンジニアが不足しているので、多くの人がエンジニアになりやすいという当たり前の状況が作られています。

高齢化社会になるので、40、50代の活躍が期待されています

この図は、2010年、2020年、2030年のエンジニア数の予測も含めた推移です。
今の一般的な常識は、2010年の青色のグラフが元になって作られています。
そのケースだと、確かに40代、50代のエンジニアは少なくて、20、30代の人達がボリュームゾーンになっています。
でも、2030年を表す黄色のグラフを見ると、50代でも10万人以上のエンジニアが働いています。
それは、これからの日本社会では、20代から50代まで、幅広い年齢層がエンジニアとして働くことを意味しています。

ということは、30代からエンジニアになっても、十分に間に合うということも意味しています。

30代からの転職の不安材料は杞憂

上記で説明したような状況なので、以前に比べると、間違いなく30代の人でもエンジニアになりやすい状況になっています。
でも、それでも不安に感じている人もいるはずです。
30代からのプログラマーへの転職は、何で不安になるのか、その理由を一つ一つ説明します。
でも、よくよく考えると、どれも大した問題ではないので安心して下さい。

  • 転職することで年収が下がる
  • 30代になると記憶力が衰える
  • 30代は即戦力が求められる
  • 30代になると採用が厳しくなる
  • エンジニアになれなかったらどうしよう

年収が下がる

年収が下がることは残念ながら、避けられないことです。
転職すれば年収は300万台からのスタートでしょう。
でも、年収が下がることは一時的なものです。
なぜならば、エンジニアのような職人系の仕事だと、経験が積み上がっていくからです。

次第に給与が上がっていく理由を説明するために、介護職と比較してみます。
最初の1、2年は、エンジニアも介護職も、年収は300万円ぐらいだとします。
エンジニアが、そこから5年ぐらいの経験を積めば、500万から600万の年収を目指すことが可能です。
でも介護職の場合だと、5年後でも給料はあまり上がりません。
それは介護職の場合だと、2年の経験と5年の経験を比べた場合に、スキルに大きな違いがないからです。
これが、「経験が積み上がる仕事」と「積み上がらない仕事」の大きな違いです。

また、最初の1、2年の年収が低いからといって、エンジニアを止める人もいますが、むしろ、それはチャンスだと捉えて下さい。
誰でも簡単になれる仕事に対しては、リターンはありません。
諦める人もいるからこそ、そのハードルを乗り越えた人にはご褒美があります。
5年間、働きながら勉強をしつつ、さらに転職をすれば、年収はまず間違いなく上がっていきます。

記憶力が衰える

私は、30代になってから、記憶力を問題に感じたことはありません。
むしろ、勉強に対するモチベーションが明確になったせいか、記憶力があがった気がします。

学生時代の勉強は、何に使うかわからなかったので、全く楽しくないし、積極的に覚える気になれませんでした。
でも、社会人になってからの勉強は、使う目的が明確になっているからこそ、それに対して勉強をします。
受け身な勉強と積極的な勉強を比較した場合に、どちらの方が物事を覚えやすいかは言うまでもありません。

他の側面から見ても、年齢は、記憶力にはあまり関係がないように思います。
なぜならば、若宮正子さんという80歳のiPadエンジニアもいるからです。
若宮さんは、80歳になってからプログラミングを始めました。
その偉業?が称えられて、AppleのCEOであるティム・クックとも会談しているぐらいです。
彼女の80歳という年齢と比べれば、30代ごときで、記憶力を理由にしてプログラミングを始められないと言うべきではありません(笑)

また、最近はシニア向けのプログラミング事業などもあるそうです。

京都府精華町から依頼を受け、18年末ごろから1月まで、シニア向けプログラミング講座を主催してきた。受講生は60―70代の約20人。アンドロイド向けアプリの開発を進めており、今後随時リリースしていく。

即戦力が求められる

30代は即戦力が求められるというのは、年収が高いケースには、確かに当てはまります。
でも、年収が300万の人の場合は、見習いなので決して即戦力ではありません。
会社によっては、30代の見習いエンジニアのための枠があるので大丈夫です。

採用が厳しくなる

30代になると採用が厳しくなるというのは事実です。
なぜならば、企業のルールというよりは、自分より年上を雇うことを嫌がるマネージャーがいるからです。
ただし、エンジニア不足の現状を考えると、採用されることは普通にあります。
将来的に見ても、エンジニアは移民などで簡単に増やせる職種ではないので、他業種に比べれば採用されやすいと言えます。

エンジニアになれなかったらどうしよう

30代になって職種を変える人は、そういった不安を持つことは当然です。
今までの経験を捨てて、新しい世界に飛び込むのは誰しもが怖いものです。

無責任に、人の適正を考えずに、「エンジニアが最高」と言うつもりはありません。
まずは最初のステップとして、現職で働きながら、Progateやドットインストールなどを使って、プログラミングを始めてみましょう。
そこで、ある程度の向き不向きはわかるはずです。
向いてないと思ったら、エンジニアになることは素直に止めておくべきです。

もう一つの伝えておくべき事実があるのですが、エンジニアは生涯、勉強をしていかなければいけません。
一度、エンジニアになったら、そこで終わりではありません。
エンジニアには、ずっと勉強していく覚悟が求められます。
その代わりに、勉強をやり続ければ、きっとよいエンジニアになれるはずです。

エンジニアであることを辞めていった人達」という記事を書きました。
こちらも合わせて読んでみると、自分がエンジニアとしてやっていけるかどうかが、わかるかもしれません。

エンジニアになる具体的な方法

不安を乗り越えた人は、下記で説明する、エンジニアになる具体的な方法を読んで下さい。

適正を判断するために、実際に手を動かそう

まずは学習サイトに沿ってプログラミングを始めてみましょう。
最初は、ProgateやPaizaといったブラウザベースのサイトがいいかもしれません。
これらのサービスを使えば、プログラミングがどういったものなのか理解できます。
実際に手を動かして、プログラミングを書くことが大事です。

就職も斡旋してくれるスクールに通おう

独学で勉強してみて、イケるかも?と感じた人は、次にプログラミングスクールに通うことを考えてみましょう。
特に金銭的な負担を考えると、無料のプログラミングスクールがオススメです。
就職斡旋もついてると、なおよしです。
無料のプログラミングスクールは怖いと言う人もいますが、そんなことはありません。
むしろ、無料でプログラミングを学べて、就職もさせて貰えることに感謝すべきです。
ただし、その就職先がよいとは限りませんので、そこは修行だと思って1、2年は耐えましょう。
エンジニアは、なによりも実務経験を持っていることが重宝されます。
その1、2年の間に、資格の勉強をして、確かなスキルと経験を身に着けて、再度、転職をするのが一人前のエンジニアになる近道です。
詳細な内容については、下記の記事に書きました。

なんとなく、エンジニアになりたい人が無料のプログラミングスクールに行くべき理由

DMM WEBCAMP

無料ではありませんが、転職できなかった場合には全額を返金してくれるDMM WEBCAMPを選ぶという選択肢もあります。
DMM WEBCAMPは、「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」に認定されており、教育訓練給付制度にも認定されています。
条件を満たせば、最大で受講料の70%の受け取ることができます。
詳細は、こちらを確認して下さい。

ただし、注意点としては、転職先がブラック企業の可能性があるということです。
その場合はさらに転職するようにしましょう。

IT業界では、転職は普通の話です。
ブラックな環境だとしても、経験を積めることはラッキーです。
一年ぐらいたったら、サッサと次の会社にいきましょう。
IT業界では、これぐらいの精神的なタフさが求められます。

こんな人にオススメ

  • 教育訓練給付制度の条件を満たしている人
  • 絶対にエンジニアとして就職したい人
  • お金にある程度の余裕がある人

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、未経験からITエンジニアを目指す方にネットワークエンジニアになることをオススメしている学校です。

就職する前提ですが、講座代、テキスト料等は一切無料で受講できます。
最初に保証金などを3万8千円払うだけで、研修、就職活動中の2ヶ月間シェアハウスの賃貸も無料みたいです。

無料で勉強ができて、資格の勉強もできるって最高ですね!
自分が未経験者なら、確実に飛びつきます。
ネットワーク周りやCCNAレベルの知識なら、Webエンジニアにも必要な技術です。
ネットワークは興味がないという人もいるかもしれませんが、IT業界に入るならば、持っていても全く損はない知識です。
ネットワークエンジニアとして知識を得たら、AWSなどを勉強してクラウドエンジニアになるのが、今だと稼げるキャリアパスになると思います。

こんな人にオススメ

  • ネットワークエンジニアとして就職したい人
  • 地方から上京してきたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

0円スクール

サーバーサイドのエンジニアになるためのスクールで、主にJava言語を習います。
「入学金」「受講料」「教材費」等一切かからず、途中で退校しても違約金等もありません。
無理に就職する必要もないので、かなり良心的なスクールだと言えます。

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • Javaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

Geek Job

Geek Jobもサーバーサイドのエンジニアになるためのスクールです。
Geek Jobの場合は最初に12万円を払って、もし、転職が成功すれば、12万円がキャッシュバックされます。
こういったサービスを利用して、お金を節約するのはアリだと思います。
20代の場合は無料なので、それと比較すると30代にはハンディがあります。
でも、本人の努力次第では、ハンディをカバーできるはずです。

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • PHPやJavaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

ProEngineer(プログラマカレッジ)

プログラマカレッジもサーバーサイドのエンジニアになるためのスクールです。
プログラマカレッジは、東京に通える人限定で、年齢制限も30歳以下なようです。
ただし、その人の能力次第では例外もありえるので、まずは問い合わせてみて下さい。
なぜならば、31歳になったから駄目という区切りを自分でしてしまうのは、もったいないからです。
プログラマカレッジは、卒業後には就職をする必要があります。

このスクールも無料なので、気になる方は、こちらのページから登録してみて下さい。

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • PHPやJavaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

自分のポートフォリオを作成しよう

プログラミングスクールに通ったあとは、すでに自分では何かを作成できる能力が身に付いているはずです。
自分の能力を会社にアピールするために、自分で作ったプログラミングをQiitaやGithubにアップロードしましょう。
経験年数が豊富な人でも、成果物のアップロードを怠っている人を見かけますが、あまり得策ではありません。
転職時に苦労しないように、常日頃から自分の作品作りを心掛けましょう。
また、実務に沿った経験をしたい方は、こちらの記事を読んでみて下さい

プログラマ35歳定年説を知っていますか?

表題とは直接の関係はないのですが、参考になるかもしれないので、10年以上前にあった「プログラマ35歳定年説」というものをお伝えしておきます。

2006年当時、私がまだ20代のエンジニアだった頃に、当時のマネージャーからよく言われたエンジニアの生存戦略は、「プログラマは35歳になったら、プロジェクトマネージャーにならなければいけない。
そうでないと年収は低いままだろう」という内容でした。
ソースコードを書く作業は(いくらでもいる)若い人達に任せて、もっと難しいプロジェクトマネージャーを目指せということです。
ソースコードを書くことにおいて、なぜ若い人と経験ある人の間で成果に差がつかなかったのかは不思議です。
もしかすると、実際に成果に差があっても人月商売が一般的だったので、区別がつかなかっただけかもしれません。
いずれにせよ、そういった先の見えない不安の中で、私は無我夢中になって設計、プログラミング、インフラ、プロジェクトマネージメントなど、都度、必要とされることをやってきました。
他人との差別化のために英語も勉強しました。

そして、自分が35歳になった頃には、「プログラマ35歳定年説」というものは、もはや一般的では無くなっていました。
むしろマネージメントができる人より、ソースコードを書ける人が重宝されている節があります。
ここで言いたいことは、「IT業界における価値観の変遷がいかに大きいか」ということです。

これから先の10年で、IT業界に起こることを予測はできたとしても、確実なことは何一つありません。
しかしながら、勉強をしたことは、着実に私達の中に積み上がっていきます。
「10年後はどうしよう?」という不安は、30代の方だけではなく誰もが持っている不安です。
そんな中で私達ができることは、エンジニアになることを止めることではなく、勉強を積み重ねて、どのような未来にも対処できるエンジニアになることだと私は信じています。

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

関連コンテンツ

-IT業界, エンジニアの生き方, 初心者向け, 転職, 転職全般

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.