プログラミング道場Top

30代からプログラミングを始めることは可能なのか?

更新日:

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、若い人達が多い印象です。
30代から始めても間にあいますか?


私も20代後半になってエンジニアになったものですから、その気持はよくわかります。
この記事では、30代からエンジニアになるさいの注意点や、具体的にエンジニアになる方法を説明していきます。

本記事の内容

  • 30代からの転職の不安材料
  • エンジニアになる具体的な方法
  • プログラマ35歳定年説を知っていますか?

30代からの転職の不安材料

30代からのプログラマーへの転職は、何で不安になるのか、まずは書き出してみましょう。

  • 転職することで年収が下がる。
  • 30代になると記憶力が衰える。
  • 30代は即戦力が求められる。
  • 30代になると採用が厳しくなる。
  • エンジニアになれなかったらどうしよう。
転職することで年収が下がる

これは残念ながら、避けられないことかと思います。
転職すれば年収は300万台からスタートでしょう。
ただし、エンジニアの場合は経験は積み上がっていきます。
5年ぐらいの経験を積めば、500万から600万の年収を目指すことが可能です。
「経験が積み上がること」が他業種と比べた場合に大きく違うところです。
例えば介護職などでは2年の経験と5年の経験で、大きな違いはありません。
でも、エンジニアの場合は大きな違いになり得ます。

5年間、働きながら勉強しつつ、転職をすれば、まず間違いなく年収は上がるでしょう。

30代になると記憶力が衰える

私は、この問題を感じたことはありません。
むしろ、勉強に対するモチベーションが明確になったせいか、記憶力があがった気がします。
もしくは、勉強方法が上手になったせいかもしれません。
年齢は、記憶力にはあまり関係がないように思えます。
若宮正子さんという80歳のiPadエンジニアもいるぐらいです。
それに比べると30代の方は、記憶力を理由にしてプログラミングを始められないことを理由にすべきではありません(笑)

30代は即戦力が求められる

30代は即戦力が求められるというのは、年収が高いケースに当てはまります。
年収が300万の人の場合は、見習いなので決して即戦力ではありません。
「30代の見習いが採用してもらえるの?」という疑問もあるかと思います。
ただ、経済産業省の試算によると、2020年には約30万人のエンジニアが不足します。

それを考慮すれば、見習いでも十分に雇ってもらえる可能性があります。

30代になると採用が厳しくなる

30代になると採用が厳しくなるという事実は、現実的に存在します。
なぜならば、自分より年上を雇うことを嫌がるマネージャーがいるからです。
ただし、先程もお伝えした通り、エンジニア不足の現状を考えると、採用されることは普通にあります。
将来的に見ても、エンジニアは移民などで簡単に増やせる職種ではないので、他業種に比べれば採用されやすいと言えます。

エンジニアになれなかったらどうしよう

30代になって職種を変える人は、そういった不安を持つことは当然です。
まずは最初のステップとして、現職で働きながら、Progateやドットインストールなどを使って、プログラミングをやってみましょう。
そこで、ある程度の向き不向きはわかります。
次に、もう一つの注意点は、「エンジニアは生涯、勉強をする必要がある」という事実を理解しておくことです。
一度、エンジニアになったら、そこで終わりという話ではありません。
エンジニアには、ずっと勉強していく覚悟が求められます。
ただし、勉強をやり続ければ、きっとよいエンジニアになれます。
エンジニアであることを辞めていった人達」という記事を書きました。
こちらも合わせて読んでみると、自分がエンジニアとしてやっていけるかどうかが、わかるかもしれません。

エンジニアになる具体的な方法

実際に手を動かしてみよう

Progateドットインストールをやってみましょう。
これらのサービスを使えば、プログラミングがどういったものなのかというサワリは理解できます。
実際に手を動かしてプログラミングを書いていきましょう。

プログラミングスクールに通う

独学で勉強してみて、イケるかも?と感じた人は、次にプログラミングスクールに通うことを考えてみましょう。
いくつかのスクールでは年齢制限がありますが、Geek Jobの場合は最初に12万円を払って、もし、転職が成功すれば、12万円がキャッシュバックされるようです。
こういったサービスを利用して、お金を節約するのはよいと思います。
20代の場合は無料なので、それと比較すると30代にはハンディがあります。
でも、本人の努力次第では、ハンディをカバーできるはずです。

申し訳ございません、「転職コース」につきましては、基本的には20代の方を対象とさせていただいております。ただ、一旦「学習コース(120,000円(税抜き))」にご参加いただき、その後就 職支援をさせていただくことは可能です。※もし当社がご紹介する求人で就職がきまりましたら、事前にいただいておりました学習コースの料金を全額キャッシュバックさせていただきます。(実質無料となります)

他には、webcampProを選ぶという選択肢もあります。
「受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金しています」とのことなので、安心してスクールに通えます。
転職先がブラックな可能性も0ではありませんが、その場合はさらに転職することをお勧めします。
IT業界では、転職は普通の話です。
ブラックな環境だとしても、経験を積めることはラッキーです。
一年ぐらいたったら、サッサと次の会社にいきましょう。
IT業界では、これぐらいの精神的なタフさが求められます。

次に自分の成果物作りを心掛けよう

プログラミングスクールに通ったあとは、すでに自分では何かを作成できる能力が身に付いているはずです。
それをQiitaやGithubにアップロードして、自分ができるプログラミングをアピールしましょう。
経験年数が豊富な人でも、成果物のアップロードを怠っている人を見かけますが、あまり得策ではありません。
転職時に苦労しないように、常日頃から自分の作品作りを心掛けましょう。

プログラマ35歳定年説を知っていますか?

表題とは直接の関係はないのですが、参考になるかもしれないので、10年以上前にあった「プログラマ35歳定年説」というものをお伝えします。

2006年当時、私がまだ20代のエンジニアだった頃に、当時のマネージャーからよく言われたエンジニアの生存戦略は、「プログラマは35歳になったら、プロジェクトマネージャーにならなければいけない。
そうでないと年収は低いままだろう」という内容でした。

ソースコードを書く作業は(いくらでもいる)若い人達に任せて、もっと難しいプロジェクトマネージャーを目指せということです。
ソースコードを書くことにおいて、なぜ若い人と経験ある人の間で成果に差がつかなかったのかは不思議です。
もしかすると、実際に成果に差があっても人月商売が一般的だったので、区別がつかなかっただけかもしれません。

いずれにせよ、そういった先の見えない不安の中で、私は無我夢中になって設計、プログラミング、インフラ、プロジェクトマネージメントなど、都度、必要とされることをやってきました。
他人との差別化のために英語も勉強しました。
そして、自分が35歳になった頃には、「プログラマ35歳定年説」というものは、もはや一般的では無くなっていました。
むしろマネージメントができる人より、ソースコードを書ける人が重宝されいる節があります。
IT業界における価値観の変遷というものがいかに大きいかが、これを読むと理解できるはずです。

これから先の10年で、IT業界に起こることは、予測はできたとしても、確実なことは何一つありません。
しかしながら、勉強したことは着実に私達の中に積み上がっていきます。
「10年後はどうしよう?」という不安は、30代の方だけではなく誰もが持っている不安です。
そんな中で私達ができることは、エンジニアになることを止めることではなく、勉強を積み重ねて、どのような未来にも対処できるエンジニアになることだと私は信じています。

Good luck for your engineer life!

 

-エンジニアの生き方, 転職

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.