プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

経営層が理解しておくべきITの知識【7つのITスキル】

更新日:

記事の内容


今、先進国では会社のIT化が急速に進んでいます。
IT化が進む社会では、経営層に求められるスキルが今までとは異なってきます。
この記事では、経営層が知っておくべき重要な7つのITの知識を紹介したいと思います。

現在、利益を上げている会社

現在、大幅に利益をあげている会社は、GAFAのようなテック系の企業です。
それらの企業の時価総額は、これほどまでに膨れ上がっています。
これらのテック企業が創業されたのは、ここ数十年なので、いかにIT企業が成長しているのかがわかります。
ちなみに、トヨタの時価総額は、わずか20兆円程度です。。。

企業名 創業 2000年辺りの
時価総額
(概算です)
今の時価総額
Apple 1997年
(ジョブスが復帰)
約5,000億円 140兆円
Microsoft 1975年 約10兆円 - 20兆円 130兆円
Amazon 1994年 3,000億円 - 5兆円 100兆円
Google 1998年 未上場 100兆円
Facebook 2004年 未上場 65兆円
Cisco 1984年 5,000億円 - 5兆円 20兆円
Netflix 1997年 未上場 15兆円

これらのIT企業が成長できた理由を簡単に説明すると、既存産業のIT化を進めたからです。

そして、今後も「IT化」はあらゆる産業の垣根を越えていきます。
わかりやすい例で言えば、自動車産業です。
「AIによる自動運転」が一般的に普及すれば、Googleは大幅に利益を上げる一方で、日本のトヨタやタクシー業界は大打撃を受けることになります。

そのような社会において、経営層に求められるスキルとは、どういったものなのでしょうか?

経営層に必要とされるITスキル

人工知能(AI)

現在、人工知能を使ったビジネスは急速に拡大しつつあります。
人口知能でできることは、以下のような内容です。

人工知能(AI)で、できること

  • 自動運転
  • 電話内容の要約
  • 税の申告の最適化
  • 犯罪予測やセキュリティの向上
  • 作曲
  • 天気予報

19世紀の人工知能は「人間の筋肉を代替したもの」と言われていますが、AI革命は「人間の頭脳を代替するもの」と言われています。

将来が楽しみですね^^

データサイエンス

データサイエンスとは、膨大なデータを分析することで、社会の中に存在する関連性を見つけるために使われています。
特に、今までに人間が思いもつかなかったような関連性を見つけるのに役立っています。

IT化が進むにつれて、企業が取得するデータ、ユーザーが取得されるデータが増大しています。
わかりやすい例でいえば、Googleは無料で様々なアプリを提供している一方で、膨大なデータを取得しています。
今後は、データを制するものが、ビジネスを制するとも言われています。
それこそが、ビッグデータ(膨大なデータ)がお宝だとも言われている理由です。

マシーンラーニング

マシーンラーニングは、膨大な学習データをAIに覚えさせることで、「人間には理由がわからないけど結果を出す」という仕組みです。
そして、結果をAIに搭載して使うことが一般的です。

AIがレントゲン写真を見た場合、癌の探知は医者よりも優れていると言われています。
アルファ碁は、すでに人間のトッププロより強いです。
Google翻訳は、すでにTOEIC 700点ぐらいと言われています。

マシーンラーニングで有名なもの

  • 医療現場での、レントゲン写真の判断
  • 囲碁で使われている、アルファ碁
  • Google翻訳

サイバーセキュリティ

ITが発達した社会では、セキュリティも大事になってきます。
セキュリティが甘いと、コインチェックのように600億円以上を失うことになるかもしれません。

顧客の情報やお金を守るためには、セキュリティは必須ですね。

DevOps

最近のビジネス現場では、「PDCAを高速で回す」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?
PDCAとは、Plan Do Check Actionの略で、計画、実行、評価、改善のことです。
「PDCAを高速で回す」という言葉は、「ビジネスを高速に変化させながら向上させる」ということを意味しています。
そして、「ビジネスを高速に変化させながら向上させる」ためには、裏側で動いているITの仕組みも高速に変化させる必要があります。

そしてDevOpsとは、「ITの仕組みを高速に変化させる」ために必要な仕組みです。
DevOpsが出来ていない現場では、経営層が現場には命令するものの、現場は思うように動かないということが起こります。

PDCAとDevOps

  1. ビジネスの向上には、PDCAを高速に回す必要がある
  2. PDCAとは、「ビジネスを高速に変化させながら向上」させること
  3. 「ビジネスを高速に変化させながら向上」させるためにはITの高速な変化が必要
  4. ITの高速な変化のためには、DevOpsが必要

Amazon Web Serviceの知識

Amazon Web Serviceとは、AWS(エー、ダブリュ、エス)と呼ばれているクラウドサービスです。
DevOpsの開発現場では、もっとも使われているサービスの一つだと言えます。
類似のクラウドサービスでは、GoogleのGCP、MicrosoftのAzureがあります。

例えば、サービスをリリースした後に、急にサービスが人気になって、サーバーの台数を2台から20台に増やす必要があったとします。
その時に、AWSのようなクラウドサービスで運用していれば、サーバーの台数を増やすための時間は、数時間で済みます。
そのように、素早くビジネス側の都合に合わせられるのが、クラウドサービスです。

ちなみに、AWSを使っていない場合は、サーバーを2台から20台に増やすためには、一ヶ月以上の時間がかかるかもしれません。

IoTの知識

IoTは、Internet of Thingsと呼ばれているものです。
IoTが普及した世界では、家電製品や車などがInternetに繋がるので、私達の生活が便利になります。
これから5Gが一般的になることで、今より高速のインターネットを使えるようになります。
IoTと5Gが普及すれば、我々の生活は一新するはずです。

きっと、スマホで家の鍵を開けたり、部屋の室温を管理することが一般的になるはずです^^

まとめ

この記事では、経営層が理解しておくべき、スキルについて説明しました。
「技術のことはエンジニアに任せておけばいい」と考えている人もいるかもしれませんが、エンジニアを使うためにも、最低限の知識は必要だと思います^^

Good luck!

この記事は、こちらの記事を参考にしました。

関連コンテンツ

-IT業界, IT業界の説明

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.