プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

素潜りで20mまで潜るための練習方法

更新日:

素潜りで20mまで潜るためには、どうしたらいいのでしょうか?

記事の内容


この記事では、素潜りで20mまで潜れるようになるための練習方法を説明します。

フリーダイビングで行う3つの練習方法

スキューバのような機材を付けるのが面倒で、何もつけずに潜ってみたい。
でも、素潜りの練習方法がわからないという人にオススメなのがFree Dive HQです。
ここで練習をすると、素潜りで20mぐらいまでは、簡単に潜れるようになります。

どういった練習をするのか想像しづらいと思うので、簡単に練習項目を紹介します。

ヨガを取り入れた呼吸法、柔軟体操

ヨガの練習や柔軟を1時間ぐらい、行います。
柔軟性というのは、水圧に耐えるさいに、最も大事になってきます。
なぜならば、ガラスでは水圧に耐えられませんが、強いゴム風船ならば水圧に耐えることができるからです。
ヨガは、健康にも良いのでオススメです!

他にも特殊な柔軟体操があります。

耳抜きの練習

水深が深くなると、水圧で耳が痛くなり潜れなくなります。
それを防止するために、耳抜きというテクニックを覚える必要があります。
フレンツェルと呼ばれる、効率よく空気を耳管に送るテクニックを習います。

ジャックナイフ

水面から水中に潜るさいに、なるべくエネルギーを使わないで潜行する方法を練習します。

フリーダイビングの練習は、この3つを繰り返しやっていきます。

練習風景の写真

こちらが実際の練習風景です。

呼吸を整えています。

 

ロープを手繰って、浮上しています。

非常に新鮮な世界なので、是非、トライしてみて下さい。
フリーダイビングをする場所へ行きたい方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

セブ島でフリーダイビングをしてきました

フリーダイビングをすると人生が豊かになります【素直な生き方を目指したい人へ】

ダイビングで使う耳抜きのメカニズムを説明します(主にフレンツェル法)

フリーダイビングについてもっと知りたい人は、この記事を読んで下さい


ジャック・マイヨールのドキュメンタリー映画が気になる人は、この記事を読んで下さい。

関連コンテンツ

-フリーダイビング

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.