プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

有料のプログラミングスクールに行くべきではない理由!【2019年12月の最新】

更新日:

高いお金を払ってプログラミングスクールに行く必要はありますか?
無料のスクールがあることも知っていますが、効率よく勉強したいと考えています。
有料のスクールにお金を払う価値があるのか知りたいです。

記事の内容


今は、数十万円も払って、プログラミングスクールに行く時代ではありません。
お金に余裕のある人が有料のプログラミングスクールに行くことを止めはしませんが、私の大切な友人達には、無料のプログラミングスクールをオススメしています。
時代は完全に「独学 + 無料のプログラミングスクール」です。
この記事では、その理由を説明します。

42 Tokyo

まず、最初に紹介したいのが、DMMさんが運営している「42 Tokyo」です。
無料のプログラミングスクール(エンジニア養成機関)です。
すでに黒船として話題になっており、気になっている方も多いのではないでしょうか?
42 Tokyo(フォーティーツー)は、フランス発のエンジニア養成機関です。
「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」を理念にシリコンバレーをはじめ、世界各国でエンジニア教育をおこなっています。
42 Tokyoの主な特徴は以下の通りです。

ここがポイント

  • 応募資格は16歳以上
  • Piscine(ピシン)と呼ばれる4週間続く入学試験がある
  • 学費が完全に無料
  • 学生同士で教え合う
  • 24時間365日、施設がオープン
  • 一人一人のライフスタイルに合わせた学習が可能

ハッキリいって、オススメすることしかありません!
これが無料って、ありえなくないですか?
ただし、入学するにはPiscineと呼ばれる4週間続く試験を突破する必要があります。
事前に独学しておいたり、他の無料のプログラミングスクールに通ってから、改めて42 Tokyoに通うのもアリかもしれません。

それにしても、「42の設立によせて」というところに、駐日フランス大使からもメッセージが来てるところに期待の大きさが現れていますね。

ただし残念なことに、42 Tokyoは、2019年12月現在において、人気すぎて既に来年の1月、2月、3月まで予約が埋まっているそうです。
凄まじい人気ですね。

Amazonも無償教育を開始

次に紹介したいのが、Amazonが始める無償の教育です。
AIを活用できるエンジニアを育てたいようです。
全国に広がる2020年以降が楽しみですね!

アマゾンジャパンは中高生向けに、人工知能(AI)の活用に必要なプログラミング教育を無償で始めた。
首都圏を中心に試験的に始めた。
IT教育を提供するライフイズテック、日本YMCA同盟と連携して2020年以降、全国に広げることを検討している。

株式会社LABOT

株式会社LABOTは、2020年1月、日本初となるIncome Share Agreements(=所得分配契約/以下、ISAs)モデルを採用したプログラミングスクールを開講します。
このスクールは、学校に通っている間の学費は無料ですが、就職して一定の所得水準を越えた後は、給与から学費を払う必要があるそうです。

現在の年収水準が概ね 420万円以下 の非IT職種・プログラミング未経験者を対象に、6ヶ月のカリキュラムを提供。
入学金や学費の支払いが一切ない代わりに、卒業後に希望する職種への就労が実現した後、一定期間(24〜48ヶ月)、給与(月給)の13〜17%を支払う義務が発生します。

この条件だと、安心して通学できますね!

学習中に挫折してしまったり、望む転職に成功しない場合や、当社の ISAs の規定に定める年収ライン(年320万円)を下回る期間においては、支払いの義務は発生しません。

ここがポイント

  • 学費は無料
  • 途中で挫折した場合の学費も無料
  • 就職して年収321万円以上になった場合は、給与から学費を返済する

人気の無料プログラミングスクール4選

他にも多くの無料のプログラミングスクールがあります。

0円スクール

サーバーサイドのエンジニアになるためのスクールで、主にJava言語を習います。
「入学金」「受講料」「教材費」等一切かからず、途中で退校しても違約金等もありません。
無理に就職する必要もないので、かなり良心的なスクールだと言えます。

今すぐ詳細を見てみる

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • Javaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

ProEngineer(プログラマカレッジ)

プログラマカレッジは、Webエンジニア(サーバーサイドエンジニア)になるための学校です。
企業からの協賛金を得ることで、無料のスクールが成り立っています。

勉強時間はコースによってまちまちですが、3ヶ月目間の研修の後に、就職先を斡旋してもらえるそうです。
また、三ヶ月後に、自分がエンジニアとして向いてないと思った場合に、無理に就職させられることはないそうです。

今すぐ詳細を見てみる

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • PHPやJavaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、未経験からITエンジニアを目指す方に、ネットワークエンジニアになることを推奨している学校です。

就職する前提ですが、講座代、テキスト料等は一切無料で受講できます。
最初に保証金などを3万8千円払うだけで、研修、就職活動中の2ヶ月間、シェアハウスの賃貸も無料です。
無料でITに関する知識や資格の勉強もできる最高のアカデミーです。
そして、3ヶ月目には就職先も斡旋してもらえます。

個人的には、ネットビジョンアカデミーを経て、ネットワークエンジニア、クラウドエンジニアというキャリアパスを積んでいくのが、いいパターンかなと思います。
勿論、ネットワークエンジニアからWebエンジニアというのもアリです。

今すぐ詳細を見てみる

こんな人にオススメ

  • ネットワーク(クラウド)エンジニアとして就職したい人
  • 地方から上京してきたい人
  • あまり、お金に余裕がない人

Geek Jobについて

Geek Jobは、サーバーサイドエンジニアになるための学校です。
こちらは、生徒が就職した際に、成果報酬として企業からお金を貰っているので、無料のスクールが成り立っています。

勉強時間はコースによってまちまちですが、1ヶ月目間の研修の後に、就職先を斡旋してもらえるようです。

今すぐ詳細を見てみる

こんな人にオススメ

  • なんとなく、エンジニアになってみたい人
  • PHPやJavaを勉強して、サーバーサイドのエンジニアになりたい人
  • あまり、お金に余裕がない人
  • 20代?

無料のスクールでも問題がない理由

エンジニアが不足しています

無料のプログラミングスクールが増えてきている背景には、未曾有のエンジニア不足があります。
2020年において、エンジニアは約29万人の不足ですが、2030年には79万人のエンジニアが不足するともいわれています。
同時に、エンジニア不足は世界的な現象でもあります。
だからこそ、プログラミングスクールに協賛してくれる企業も多くあるのでしょう。

大事なことは自分自身での問題解決力

テクノロジーは絶えず進化しています。
そして、その流れと共に歩むために大事なことは、自分自身での問題解決力です。
つまり学校では、「プログラミング」だけではなく、「物事の学び方」も一緒に学ぶ必要があります。
エンジニアになることがゴールではなく、エンジニアになってからがスタートです。
そう考えた時に、プログラミングスクールが有料である必要性は全くありません。
例え、少しぐらい不親切なスクールだったとしても、自分自身で積極的に解決していきましょう。
そうした努力こそが、現場に入った時に活かされてきます。

まとめ

この記事では、無料のプログラミングスクールに行くべき理由と、無料のプログラミングスクールでも全く問題がない話をしました。
若い時にはお金がないことが普通です。
でも、その分、体力と時間があります。
積極的に無料のプログラミングスクールを利用しながら、体力と時間を費やして、立派なエンジニアになって下さい。

最初から、「42 Tokyo」に行くのもありですが、入学試験を突破する自身がない人は、無料のプログラミングスクールに通った後で、「42 Tokyo」に行くのがいいと思います!
ただし、無料のプログラミングスクールに入った後に揉めるケースも、たまにあります。
入学前に、必ず以下の点を確認しておきましょう。

注意事項

  • 途中で、プログラミングスクールを辞めたらどうなるか?
  • 斡旋先の会社に就職しなかったらどうなるか?
  • 斡旋先の会社に就職した後で、すぐに会社を辞めたらどうなるか?

Good luck for your engineer life!

Webデザイナーかプログラマかで迷っている人は、この記事を読んで下さい。

Webデザイナーとプログラマのどちらを目指すべきか?

ブログの内容を復習をしたい人は、動画を見て下さい

IT業界について詳しく知りたい人は、この記事を読んで下さい

IT業界にいる人にオススメの本【2019年最新】

IT技術を使った会社の生存戦略 ソフトウェア・ファースト Sierを使った開発には限界がきており、これからは事業会社がエンジニアを雇用することで、ITの手の内化が必要だと、筆者は述べています。 現在のSierを使った開発方法の問題点と、事業 ...

続きを見る


30代からプログラミングを始めようか迷っている人は、この記事を読んで下さい

30代からプログラミングを始めることは可能なのか?【頑張ればギリギリセーフ】

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、若い人達が多い印象です。 30代から始めても間にあいますか? 2030年には79万人のエンジニアが不足 まずは、今後、10年間以上に渡るエンジニアの需給について確認しましょう。 自分の身を預けたいと ...

続きを見る


プログラミングスクールに行くか迷っている人は、この記事を読んで下さい

なんとなく、エンジニアになりたい人が無料のプログラミングスクールに行くべき理由【2019年12月の最新】

有料や無料のプログラミングスクールが多すぎて、どこにしようか迷っています。 無料のプログラミングスクールは、お得そうに見えますが、実際の所はどうですか? メリットやデメリットなどがあれば教えて下さい。 無料のスクールを推す理由 まずは、私が ...

続きを見る


自分がプログラミングスクールに行っても大丈夫か知りたい人は、この記事を読んで下さい

プログラミングスクールに通って挫折する人と上手くいく人の違い

スクールに通っている人の3パターン プログラミングスクールに通っている人のパターンを整理すると、以下の3パターンに分かれます。 それぞれのタイプの特徴を、もう少し詳細に説明していきます。 それぞれのタイプの特徴 大した努力をせずに文句ばかり ...

続きを見る


プログラミング学習で時間を無駄にしたくない人は、この記事を読んで下さい

プログラミング学習で時間を無駄にしない方法【実行あるのみ!】

今からWeb系のエンジニアになりたいのですが、経験は全くありません。 プログラミング学習を始めるにあたって、時間を無駄にしたくないのですが、どのように、勉強を始めたらよいのでしょうか? スタート地点に立つまで、ダラダラと勉強を続けない 周り ...

続きを見る


関連コンテンツ

-IT業界, IT業界の説明, 初心者向け

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.