プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

日本のIT業界で必要とされている価値創造型の人材とは?

更新日:

日本のIT業界では、どのような人材が不足していますか?

今、日本のIT業界では、「価値創造型の人材」が不足していると言われています。
この記事では、その詳細について説明していきたいと思います。

本記事の内容

  • 価値創造型のIT事業とは?
  • 価値創造型の人材は、どれぐらい不足しているのか?
  • 価値創造型の人材に求められていること
  • 企業が価値創造型の人材を育成する方法
  • まとめ

価値創造型のIT事業とは?

価値創造型のIT事業という言葉は、あまり聞き慣れないと思うので、その特徴を紹介します。

  • 価値創造を目的としたIT活用
  • 要件が不確実
  • スピード感を重視
  • 主にアジャイル型で開発

価値創造型の人材は、どれぐらい不足しているのか?

ユーザー企業(IT以外を主な生業としている企業)では、価値創造型の人材がかなり不足しているようです。
約85.6%もの企業が、レベルの高い価値創造型の人材が足りていないと言っています。

  • 大幅に不足している;44.5%
  • やや不足している;41.1%

一方で、IT企業でも不足しており、約81.9%もの企業が、レベルの高い価値創造型の人材が足りていないと言っています。

  • 大幅に不足している;31.5%
  • やや不足している;50.4%

では、価値創造型の人材とは、どういった人材なのでしょうか?

価値創造型の人材に求められていること

価値創造型の人材に特に求められがちなスキルは、以下のようなものです。

  • 問題を発見する力・デザイン力
  • 新しい技術への好奇心や適応力
  • 独創性・創造性

それとは別に、IT技術者として、以下のようなスキルも求められています。

  • 高い技術力
  • 自発的に動く力
  • IT業務の全般的な知識・実務ノウハウ
  • 顧客要求への対応力

企業が価値創造型の人材を育成する方法

企業は、どうすれば価値創造型の人材を育成できるのでしょうか?

人材を育てるためには、企業文化や風土が大事になってきます。
従業員の満足度が高い会社には、レベルの高い価値創造型の人材が多くいる傾向にあります。
以下に示したような施策を行えば、価値創造型の人材が育つのかもしれません。

大事な風土のポイント
  • 風通し・情報共有
  • 学びあう、育てる、助け合う土壌
  • 仕事を楽しむ、遊び心を持とうとする姿勢
  • 新しいことにチャレンジ
  • 多様な価値観の受け入れ
  • 他社とは違う特徴
  • ビジョンや価値観の浸透

風土を育てるための具体的な施策
  • 実力に応じた待遇
  • 多面的な視点での公正な評価
  • 努力やスキル向上、成果などを称える表彰
  • 直属の上司でない指導者や相談者の導入
  • 適切な職種転換(適材適所、希望の受け入れ)
  • 自己啓発支援(費用補助、学ぶ場と機会の提供など)
  • 社内交流の活性化(社員交流の場の整備)
  • 社外活動の設定、参加促進(学会参加、異業種交流会など)
  • 勤務場所や時間の自由度の拡大
  • 兼業や副業の許可
  • 最新技術を利用しやすい場の整備

まとめ

この記事では、価値創造型の人材について説明しました。
価値創造型の人材は大幅に不足しているようなので、これからステップアップを目指したい人は、積極的に狙っていくべき人材像だと思います。

また、企業で、「価値創造型の人材を育てたい」という人は、社内の風土を育てるところから取り掛かると良さそうですね!

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-IT業界の説明

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.