プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

情熱、スキル、市場が重なりあうところを見つけよう

更新日:

将来、何をしたらいいのかわかりません。
どのように、将来の仕事を決めたらいいでしょうか?

将来的な仕事は、情熱、スキル、市場の三つのバランスを考慮して決めたらよいと思います。
この記事では、その詳細について説明します。

本記事の内容

  • 三つのバランスを考えよう
  • 自分の金脈の在り方は様々です。
  • 金脈は最初から存在しているわけではない
  • まとめ

三つのバランスを考えよう

理想の仕事は、以下の図のように、三つが交わるところが理想です。
自分がその仕事に情熱を持てて、スキルも十分にあり、市場規模が大きいことが理想です。
このような状態であれば、仕事は遊びであり、遊びは仕事と似たような感じになってきます。

私の場合はエンジニアがメインの仕事ですが、週末に時間を作って自分のアプリを作成したりもします。
自分ではそれほど、プログラミングに情熱を持っているとは思っていませんでしたが、週末だけの時間でアプリを作れるというのは、他の人に比べれば、かなり情熱がある方なのかもしれません。

では、どうすれば、このような金脈を見つけることが出来るのでしょうか?
それには、時代の流れを読む必要もありますが、自分自身に「自分が情熱を傾けられることは何か?」と問いかける意外に方法がない気がします。

自分の金脈の在り方は様々です。

この三つの関係をいくつかの具体例を交えて見ていきます。

私のプログラミングに関するキャリア

プログラミングは、今でこそ大人気ですが、10年前は人気ではありませんでした。
当時は、プログラマは35歳で定年と言われていましたし、かなり苦しいキャリアでした。
「いつまでもコードを書いていても仕方がないよ」なんてよく言われたものです。
10年前の状況を図に表すと、以下のようになります。
10年前は、私には情熱とそれなりのスキルはありましたが、市場はないという状況でした。
それから10年後に、たまたま市場が育ったので、自分にとっては最初に紹介した図のような金脈ができました。
この経験から、市場規模は、変化するということがよくわかりました。

ある合気道家のキャリア

塩田剛三先生の内弟子で、オーストラリアに渡って大成功している合気道家がいます。
彼がオーストラリアに渡った理由は不明ですが、最初はかなり苦労したと思います。
当時で、戦後60年ぐらいが経っていたとはいえ、日本は敗戦国です。
敗戦国のアジア人から、格闘技を学びたいと思う白人がどれぐらいいるでしょうか?
体格もかなり違うので、色々な工夫をされたことだと思います。
でも、日本という場所から離れたことで、市場を独占することができたのが功を奏しました。
その先生のキャリアを図にすると、このようになるはずです。

市場こそは拡大していませんが、情熱とスキルを拡大して市場を独占することで、自らの金脈を作りあげました。
アスリートの人は、こういった形で金脈を見つける人が多いように思います。

介護や保育士のようなキャリア

介護や保育士のように、政府から補助金が出ている業界は将来的にも成長しません。
つまり、以下の図のような状況がずっと続きます。
これでは、いくら情熱やスキルがあったとしても、残念ながら金脈ができることはありません。
ただし、これらの市場が補助金を貰うことを止めて、会社が独立して運営するようになれば、市場が大きくなる可能性は十分にあります。

出光興産の創業者のキャリア

出光佐三さんが、油関係の仕事を始めた頃は、油の需要は、ほとんどありませんでした。
当時、日本で走っている車は100台ぐらいだったそうです。
でも、10年、20年後には石油産業は急成長して、金脈を作り上げました。
出光さんは、見事に市場の拡大を予見しましたね!

金脈は最初から存在しているわけではない

図を見てわかることは、他人の金脈は、決して自分の金脈ではないということです。
例えば今だと、プログラミングは人気があり市場規模が大きく、これからも市場は拡大する予定です。
そして、情熱とスキルがある人になっては金脈です。
でも、あなたにプログラミングに関する情熱がなく、またスキルを身に付ける気持ちがなければ、以下の図のように、ただただ市場が大きいだけです。
その市場で頑張るよりは、「自分の情熱を傾けることができる何か」に力を注いだ方がいいかもしれません。

他にも気付いた点は、誰もが最初から金脈を見つけてはいないということです。
多くの人は、最初は三つの内の何かしらが欠けている状況の中で、10年以上の歳月をかけて、自分の金脈を見つけています。
「10年後に市場が変化した結果、たまたま、それが金脈になった人」や「情熱とスキルで小さな市場を独占している人」のどちらかのパターンです。
最初から金脈を狙って、楽な人生を歩もうとするのは、なかなか難しいのかもしれません。
なぜならば、そんな場所があれば、誰もが殺到して、金脈では無くなってしまうからです。

まとめ

この記事では、自分にとって理想の仕事を見つけるための考え方を記事にしました。
自分では仕事だとは思わずに取り組める役割を、社会に中に見つけられたら、それが理想の仕事です。
情熱、スキル、市場が重なり合う場所を見つけられたなら、仕事こそが人生を豊かにしてくれるものに変わります。
「仕事は人生を奪うものではなく、人生を豊かにしてくれるもの」という考え方こそが、今の日本人にとって、一番、必要なことかもしれません。
この記事を読んだ人が、自分の理想の仕事を見つけられることを祈っています!

Good luck!

この記事は、こちらの本を参考にして書きました。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-ポエム

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.