プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

プログラミング学習で時間を無駄にしない方法【実行あるのみ!】

更新日:

今からWeb系のエンジニアになりたいのですが、経験は全くありません。
プログラミング学習を始めるにあたって、時間を無駄にしたくないのですが、どのように、勉強を始めたらよいのでしょうか?

記事の内容


この記事を読もうといしている方は、今まで経験がなく、きっと効率よくプログラミング学習を進めたいと思っているはずです。
そして、おそらくは、IT系の会社への就職を目指しているのでしょう。
私も社会人で営業をしていたころから、突然、仕事を辞めて、エンジニアを目指したので、その気持はよくわかります。
今までのキャリアを捨てて、新しい道に進んでいる時に、無駄な時間を使っている余裕はありません。

プログラミング未経験の人が、web系の会社に就職することは簡単ではありませんが、不可能ではありません。
効率よく勉強していけば、まず間違いなく就職できます。
この記事では、プログラミングを学習するにあたって、時間を無駄にしない方法を紹介していきたいと思います。

スタート地点に立つまで、ダラダラと勉強を続けない

周りを見ていると、エンジニアを目指しているけど、ずっとエンジニアになれずに勉強だけを続けている人を見掛けます。
その人達にも事情があるとは思うので、決してそれを責めたりはしません。
でも、そのように、時間を細切れにして使っていては、なかなかプログラミングスキルは上達しません。
そうして、次第に、「自分にはプログラミングの才能がない」と思い込んでしまい、挫折してしまうことになりがちです。
それは非常に勿体ないことですし、今までプログラミングに掛けた時間も無駄になってしまいます。
せっかくプログラミングを始めたのですから、私は、それを避けて欲しいと思います。
一度、目標を決めたら、集中的に勉強する時間を確保して、目標に向かって走りきりましょう。

解決方法

  • プログラミングスクールに通うなどして、集中的に勉強をする。
    理想は三ヶ月程度ですが、事前学習などをしている人ならば、一ヶ月でも大丈夫かも。

基礎を固めすぎない

Twitterを見ていると、Progateをずっとやり続けている人を見掛けます。
Progateはブラウザベースの学習ツールで、初心者がプログラミングを始める分には素晴らしいサイトです。
でも、Progateだけを長くやり続けることは、あまりオススメしません。

日本では、義務教育で基礎学習を長く続けさせられてきたせいか、そのやり方に則って、勉強をしてしまう人達がいます。
でも、残念ながら、その方法では時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

例えば、日本の英語学習を考えてみて下さい。
中学や高校で、「文法や長文読解のテストで100点をとるための勉強」をしてきて英語を話せるようになりましたか?
おそらく、多くの人が、「No」と答えるはずです。
私もそのような中高の英語学習では、全く英語力が伸びませんでした。
そのため、「あれほどの時間を掛けても英語ができないんだから、私には英語の才能がないんだ」と思っていました。

そんな私の英語力が伸び始めたのは、Skype英会話で実際に英語を話し始めてからです。
Skype英会話を始めた頃は、発音や文法はかなり間違っていたので、テストだったら50点にも満たなかったはずです。
それでも、実戦形式で英語を使うことで、英語を話せるようになりました。
そうして、英語を話せるようになってから、改めて基礎の勉強もやり直しました。

同様に、プログラミング学習においても、ある程度の勉強を進めたら、あとは実践形式でやるべきです。
実戦形式でプログラミングを行うことで、スキルが身につき、同時に基礎学習の意味もわかってきます。
そうして、「実践的なプログラミング → 基礎学習 → 実践的なプログラミング」というループを繰り返すことで、時間を無駄にすることなく、エンジニアとしての道を歩み始めることができます。

Facebookの創始者であるザッカーバーグは、こう述べています。
「Done is better than perfect」
「完璧を目指すよりは、やってみて、とりあえず完成させよう」という感じの意味です。
perfectを目指して、いつまでもウダウダしていては、何も始まらないということです。

解決方法

  • Progateは一周でいいかも?
    ある程度の基礎学習が済んだら、自分でプログラムを作り始めよう。

独学で勉強をしない

私は何度か、「これからエンジニアを目指そうとしている人」や「経験が浅いエンジニア」の相談にのったことがあります。
正直、相談内容は、「え、ここで詰まるの?」というモノばかりでした。
初心者の方が、何かに対して詰まることは、決して悪いことではありません。
当然と言えば、当然の話です。
でも、経験者ならば5分ぐらいで解ける問題に、1、2時間も掛けるのは時間がもったいです。
なにより、時間を掛けることで、あなたが自信を失ってしまうことが心配です。
私は、あなたに自信を喪失して欲しくはありません。
なぜならば、プログラミングは、学習方法さえ間違えなければ、多くの人が習得できるものだからです。

解決方法

  • メンターを見つけて、困った時には相談をしましょう。
    また、「どうして、そうなっているのか?」という理由も合わせて聞きましょう。
  • 可能ならば、プログラミングスクールに通うことを検討しましょう。
    そして、スクールは、できるだけ無料のスクールを選びましょう。

まとめ

今は、昔に比べて学習方法が格段に向上しているので、多くの人がエンジニアになれるチャンスがあります。
ただし、それには、ちょっとしたコツが必要です。
「集中して勉強」「プログラムを作り始める」「メンターに聞く」の3つに則って勉強すれば、きっとあなたも、時間を無駄にせずエンジニアになれるはずです。

あと、プログラミングは楽しいものなので、プログラミングをすることを楽しんで下さい!

Good luck for your engineer life!

ブログの内容を復習をしたい人は、動画を見て下さい

IT業界について詳しく知りたい人は、この記事を読んで下さい

IT業界にいる人にオススメの本【2019年最新】

IT技術を使った会社の生存戦略 ソフトウェア・ファースト Sierを使った開発には限界がきており、これからは事業会社がエンジニアを雇用することで、ITの手の内化が必要だと、筆者は述べています。 現在のSierを使った開発方法の問題点と、事業 ...

続きを見る


30代からプログラミングを始めようか迷っている人は、この記事を読んで下さい

30代からプログラミングを始めることは可能なのか?【頑張ればギリギリセーフ】

エンジニアは人気の職種だと聞いていますが、若い人達が多い印象です。 30代から始めても間にあいますか? 2030年には79万人のエンジニアが不足 まずは、今後、10年間以上に渡るエンジニアの需給について確認しましょう。 自分の身を預けたいと ...

続きを見る


プログラミングスクールに行くか迷っている人は、この記事を読んで下さい

なんとなく、エンジニアになりたい人が無料のプログラミングスクールに行くべき理由【2019年12月の最新】

有料や無料のプログラミングスクールが多すぎて、どこにしようか迷っています。 無料のプログラミングスクールは、お得そうに見えますが、実際の所はどうですか? メリットやデメリットなどがあれば教えて下さい。 無料のスクールを推す理由 まずは、私が ...

続きを見る


自分がプログラミングスクールに行っても大丈夫か知りたい人は、この記事を読んで下さい

プログラミングスクールに通って挫折する人と上手くいく人の違い

スクールに通っている人の3パターン プログラミングスクールに通っている人のパターンを整理すると、以下の3パターンに分かれます。 それぞれのタイプの特徴を、もう少し詳細に説明していきます。 それぞれのタイプの特徴 大した努力をせずに文句ばかり ...

続きを見る


ゼロからWebエンジニアになりたい人は、この記事を読んで下さい

ゼロからWebエンジニアとして就職する方法【何もない自分に積み上げていく】

ちまたには、「エンジニアになるための情報」で溢れかえっています。 ジョージさんが考える「Webエンジニアになる方法」を教えて下さい。 私が定義するWebエンジニア まず、最初に以下の図を見て下さい。 これが、Web業界で働く人達の大分類です ...

続きを見る


独学で実務っぽい経験を積みたい人は、この記事を読んで下さい

エンジニアが独学で実務経験っぽいことを学ぶ方法

エンジニアとして就職するためには実務経験が大事だと聞いていますが、就職しないことには実務経験を積むことができません。 どうやって、最初の実務経験を積んだらいいでしょうか? スクールの理想と現実 これからプログラミングを学ぼうとしている人が描 ...

続きを見る



関連コンテンツ

-初心者向け, 勉強方法

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.