プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

プログラミング初心者にJavaScriptは難しい

更新日:

「プログラミング初心者にはJavaScriptをオススメします」という話を聞いたことがあります。
これは正しいですか?

こういった疑問にお応えします。
この記事を読んでいる方は、プログラミングの初心者で、これから何のプログラミング言語を学ぶか迷っているはずです。

基本的には、どの言語から始めても悪いことはありません。
でも、JavaScriptは難しいので、私は初心者にはオススメしていません。

本記事の内容

  • JavaScriptがオススメされる理由
  • JavaScriptのデメリット
  • 私はJavaScriptではなく他の言語をオススメします

JavaScriptがオススメされる理由

JavaScriptが、初心者にオススメされる理由は主に以下の2つです。

  • 実行環境を作る必要がないので、すぐに触ることができる。
  • プログラミングの動作をブラウザ(ChromeやIEなど)上でも行うことができるので、視覚的に見えやすい。
    つまり、初心者にとってはわかりやすい。

確かに、これらは大きなメリットです。
プログラミング学習において、実行環境を作るハードルは高いですし、「何をやっているのか、よくわからないプログラミング」というのは退屈なものです。
それだけを聞くと、JavaScriptっていいかも?と思うかもしれません。

でも、JavaScriptには初心者が学習するさいのデメリットもあります。

JavaScriptのデメリット

私はJavaScriptは、初心者にとってはわかりづらくて難しい側面があると思っています。
理由は以下の通りです。

プログラムが実行されるタイミングがわかりづらい

JavaScriptのプログラムは、実行されるタイミングがわかりづらいです。
JavaScriptのプログラムが実行されるタイミングを知るためには、プログラムが実行される(発火する)ためのイベントを覚える必要があります。
onChange、onSubmitといったものです。

ロジック的な操作とDOMの操作の2つを覚える必要がある

JavaScriptは、サーバーサイドで使われることもあれば、フロント・デザイン側で使われることもあります。
サーバーサイドで使うためには、ロジカルなプログラミング操作が必要になり、デザイン側を知るためにはDOM操作(デザインや動きをつける操作)が必要になります。
デザイン側では、HTMLとCSSの理解も必要になります。
つまり、JavaScriptを理解するためには、そのような両サイドのことを知っておく必要があります。

jQueryという有名なライブラリも学習する必要があります

実は、実際の現場ではJavaScriptがそのまま使われることは少なく、jQueryというライブラリが使われることが一般的でした。
そのため、JavaScriptだけを覚えても何の意味もなく、jQueryも合わせて覚えなければいけません。

古い文法で書かれたjavaScriptと新しい文法(ES6)で書かれたJavaScriptの二つがあります

JavaScriptは歴史のある言語で、長らくオモチャのような言語として扱われてきました。
でも、その扱いが急激に変わったのが、2015年ぐらいの話で、
それまではjQueryが幅広く使われてきました。

それが、ES5、ES6と呼ばれているもので、今、流行りのReactやVueといった人気のフレームワークは、これらの新しい文法で書かれています。

ただし、全てのIT企業が、このような新しいJavaScriptの文法を取り入れているわけではありません。
むしろ、JQueryを使っている企業の方が多いはずです。
ということは、これからJavaScriptを学ぶ人は、古いJavaScript、jQuery、新しいJavaScriptの3つを覚えて、初めてどこの現場にも対応できるということになります。

私はJavaScriptではなく他の言語をオススメします

JavaScriptを学習するさいの、メリットとデメリットを説明しました。

JavaScriptは、確かにすぐにさわれます。
言語のクセを理解した上で、一つ一つ、着実に学習していける人ならば問題ありません。
でも、そうでない人にはハードルが高いように思えます。
そのため、私は初心者向けのプログラミング学習には、PHPやRubyといった言語をオススメします。

まずはPHPやRubyといった言語を勉強して、成功体験を積み上げましょう。
それから、プログラミングに慣れた頃にJavaScriptに戻ってきても、遅くはないはずです。
JavaScriptは、プログラミング経験者でも苦手とする人がいるぐらいです。
そこから一度、離れたとしても決して恥ではありません。

でも、それでもどうしても勉強したいという方は、まずはProgateを始めとした学習サイトでJavaScriptを勉強してみるといいかもしれません。
Progateをやれば、自分なりの手応えが掴めるはずです。

また、私がオススメするJavaScriptの本も紹介しておきます。
これらをやり終えた後に、改めてJavaScriptが自分に合っているかを考えてみましょう。

また、転職サイトなどで、JavaScriptにどれぐらいの需要があるかを、自分の目で確かめてみるのもいいかもしれません。
JavaScriptだけで採用される求人は、ほぼありません。
大体は、RubyやPHPといった他の言語とのセットです。

Good luck for your engineer life!

プログラミング学習で有名なサイトを紹介します

-初心者向け

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.