プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

ブロックチェーンで使われている暗号方式

投稿日:

ビットコインはブロックチェーンという技術で作られていると聞きました。
ビットコインでは、他人にお金を盗まれたりしないんですか?

記事の内容


仮想通貨が盗まれたという話がニュースで話題になることもあるので、その不安を持っている人も多いはずです。
技術的には、ビットコインが他人に盗まれることは決してありません。
ただし、「秘密鍵」というものを他人に盗まれてしまうと、ビットコインも盗まれてしまいます。
この記事では、ブロックチェーンで使われている、「他人にビットコインを盗まれないようにするための2つ技術」について説明します。

ブロックチェーンで使われている2つの技術

公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、2つの鍵を使う暗号方式です。
その2つの鍵は、公開鍵と秘密鍵と言います。
平文化とは、暗号された文字を元に戻すことです。

Aさん Bさん
秘密鍵で、ある文字を暗号化 公開鍵で、ある文字を平文化
公開鍵で、ある文字を暗号化 秘密鍵で、ある文字を平文化

このように、片方の鍵で暗号化したものを、もう片方の鍵で元に戻すことができます。
ただし、注意点が一つあります。
秘密鍵からは、公開鍵を作成することもできます。

ということは、秘密鍵がバレたら、AさんとBさんの秘密は第三者にだだ漏れということです。
そのため、秘密鍵はそれを作った人だけが保持して、公開鍵を他人に渡すことが一般的です。

電子署名

次に電子署名について説明します。
電子署名とは、その人が間違いなく、そのデータを送信したことを証明するための技術です。
また、送信した中身の改ざんを検知するための仕組みでもあります。

秘密鍵を持っているのは、送信者だけです。
そのため、受信者が2つのハッシュを比較した時に、その2つが同じであれば、そのデータは間違いなく送信者が送ってきたものであることがわかります。

ちなみに、ビットコインでは暗号化されたデータと公開鍵は一緒に送られます。
ということは、誰でもそれを平文化することができます。
中身はバレバレですね(笑)
でも、それでも何も問題はありません。
ビットコインのデータは、「AさんがBさんに○BTCを送信した」という情報だけしか入っていません。
決して見られて困る情報ではありません。
そして、このデータを送信した人は、鍵を作成した本人であることだけはわかります。
ビットコインの送受信の仕組みで、大事なことはその一点だけです。

まとめ

この記事では、ブロックチェーンで使われている2つの暗号の技術について説明しました。
くれぐれも、秘密鍵は他人に見られたり盗まれたりしないようにして下さい。

Good luck!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい人は、この記事を読んで下さい

ブロックチェーンを学びたい人にオススメの本と動画【2019年最新】

ブロックチェーンの基礎(誰でも読めます) いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン コインチェックの共同創業者である大塚さんが書いた本です。 ブロックチェーンの特徴や、ブロックチェーンが描く未来について書かれています。 また、多くの ...

続きを見る



IT業界について詳しく知りたい人は、この記事を読んで下さい

IT業界にいる人にオススメの本【2019年最新】

IT技術を使った会社の生存戦略 ソフトウェア・ファースト Sierを使った開発には限界がきており、これからは事業会社がエンジニアを雇用することで、ITの手の内化が必要だと、筆者は述べています。 現在のSierを使った開発方法の問題点と、事業 ...

続きを見る

関連コンテンツ

-ブロックチェーン

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.