プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

フリーランスのエンジニアの年収は高い?【資料に基づいて説明します】

更新日:

記事の内容


この記事では、フリーランスエンジニアの年収について、いくつかの資料に基づきながら、正社員と比較して説明していきたいと思います。

フリーランスのエンジニアの年収(IT人材白書2016)

フリーランスの場合、20、30代で年収1000万以上の人が、8.8%もいます。
また、年収500万以上の人は、何歳になっても35%以上、存在しています。
年収700万以上の人でも、常に20%弱、存在しています。

実力に応じて、年齢に関係なく稼げるのが、フリーランスだと言えます。

正社員のエンジニアの年収(IT人材白書2016)

正社員の場合は、20、30代で年収1000万以上の人が、1.2%しかいません。
そして、20、30代だと年収500万未満の人が、70%を占めています。

一方で、40、50代になるにつれて、年収700万以上の人は、次第に増えていきます。
40代で年収が700万円以上の人は、30%ぐらいです。
50代だと、年収が700万円以上の人は、44%ぐらいです。

いわゆる、年功序列と言われている給与体系になっていることがわかります。

フリーランスと正社員をグラフで比較(IT人材白書2016)

何歳になっても、フリーランスの人は、年収300万未満の人が多いですね。
もしかすると、自分で仕事量を調整して、意図的に少なくしているのかもしれません。

30代までは、高所得の人はフリーランスの方が多いのですが、40代、50代になると、それが逆転します。
特に、50代では明らかに正社員の方が稼いでいます。
このデータを見る限りでは、若い頃はフリーランスで、40代になってから正社員になるのが、一番、安定した道なのかもしれません。

でも、これは過去のデータです。
10年、20年先でも、同じ結果になるとは限りません。

20、30代では、年収700万以上の人は、フリーランスの方が多い。

40代だと、年収500 - 1000万の人は正社員が多い。
また、フリーランスには年収300万未満の人が多い。

50代だと、年収500 - 1000万、そして年収1000万以上の人は正社員が多い。

正社員のエンジニアの年収(dodaの調査)

正社員なので、グラフから年功序列が見てとれます。
20代で300万後半、30代で400万後半、40代で500中盤、50代で600万円ぐらいです。

50代のネットワークエンジニアは、いないようです。
また、アプリ開発者やデータサイエンティストは新しい職種なので、40代や50代がいないようです。

正社員のエンジニアの年収(経済産業省の調査)

平均年収は、20代で413万、30代で526万、40代で646万、50代で754万です。
dodaよりは少し年収は上ですが、こちらも年功序列が色濃く出ています。

ただし、この資料では、最大値が平均を押し上げている可能性もあります。
中央値は、もう少し低いはずです。

まとめ

この記事では、三つの資料を元にして、フリーランスエンジニアと正社員エンジニアの比較をしました。

ここがポイント!

  • エンジニアでも、正社員は年功序列
  • フリーランスは年齢に関係なく、実力で稼げる
  • 40代以降は、正社員の方が給与が高い人が多い

フリーランスの場合、実力に応じて、若い時から大金を稼ぐことができます。
フリーランスだと、月収80万円ぐらいの案件は多数、存在しています。
それを年収で計算すると、80万円 × 12で、960万円です。
正社員でそこに到達するためには、40代まで待たなければいけません。
でも、フリーランスであれば、20代からでも到達することが可能です。

フリーランスになるなら、若い内の方がいいですね。
正社員で数年間の経験を積んだ後は、是非、フリーランスも検討してみて下さい!
そして、40代になる頃には正社員になる方がいいのかもしれません。

フリーランスを紹介しているエージェントですが、私は、案件数の多さからレバテックをオススメしています。
サービスを使うのは無料なので、まずは登録してみて下さい。

今すぐ詳細を見てみる

もしかすると、案件数が少ない関西では、レバテックだけでは苦戦する可能性もあります。
その場合は、アイムファクトリー株式会社にも登録してみて下さい。

今すぐ詳細を見てみる

Good luck with your engineer life!

こちらが、この記事で使用した参考資料です。

フリーランスについて詳しく知りたい人は、この記事を読んで下さい

フリーランスエンジニアの実態【正社員からフリーランスになってみて】

フリーランスエンジニアでも色々な働き方があります 一口にフリーランスエンジニアといっても、いくつかの働き方があります。 この記事を読んでいる方が混乱しないように、まずは、働き方の整理をしたいと思います。 エージェントを利用した常駐案件(準委 ...

続きを見る

フリーランスとサラリーマンの税制の違いについて知りたい人は、この記事を読んで下さい

給与面でフリーランスと正社員はどっちが得なのか?

サラリーマンは払っている税金額を知らない まず、多くのサラリーマンは、自分が払っている税金の額を把握していません。 日本の税金は複雑ですが、おおよそ、以下のものを払っているはずです。 税金 所得税 住民税 社会保障費 健康保険 年金 雇用保 ...

続きを見る

ブログの内容を復習をしたい人は、動画を見て下さい

関連コンテンツ

-IT業界, フリーランス

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.