プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

フリーダイビングのFRCトレーニングとは何ですか?

更新日:

この記事では、FRCトレーニングについて説明していきたいと思います。
FRCとは、「Functional Residual Capacity」の頭文字を取ったものです。

本記事の内容

  • FRCトレーニングとは?
  • FRCトレーニングのメリット
  • まとめ

FRCトレーニングとは?

FRCトレーニングとは、海に潜る前に、肺に空気を最大まで入れないで潜る方法を意味しています。

  1. 90秒間ぐらい、呼吸を整える
  2. 肺に空気を最大に入れる
  3. 軽くため息をつくような感じで、息を吐き出す。(強く息を吐き出すわけではありません。)

FRCトレーニングのメリット

FRCトレーニングのメリットは、10mまで潜ったところで、20mの負荷を感じることができるという点にあります。
なぜならば、肺に空気が満タンまで満たされていないからです。
「10m潜ったならば20m」「20m潜ったならば40m」に潜った時と同様の圧力が、肺にかかります。
何度も深く潜って身体に大きな負担をかけたくない時は、FRCをやるようにしましょう。

また、マウスフィルの練習をする時でも、FRCと組み合わせすることで、効果的な練習をすることができるはずです。
マウスフィルでは、口の中の圧力を繊細にコントロールする必要があります。
FRCをやることにより、意図的に肺と口の中に空気が少ない状況を作り出せば、擬似的に深いダイビングと同じ環境を作りだすことができるので、いい練習になります。

ただし、FRCトレーニング中にマウスフィルをやる場合は、必ず水深3mより上でマウスフィルをやるようにしましょう。
そうでないと、身体を傷つける恐れがあります。

深さ 実際に肺が感じる圧力
0 1BAR
10m 20m
20m 40m
30m 60m
40m 80m

まとめ

この記事では、FRCトレーニングについて説明しました。
FRCトレーニングはいい練習方法ですが、危険も伴います。
やる時は、必ずインストラクターと一緒に潜るようにしましょう。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

フリーダイビングをやろうとしている人にオススメの本はこちらです。
ソーラー式のダイブコンピュータを探している方には、こちらがオススメです。

-フリーダイビング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.