プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

フリーダイビングの適正ウエイトの調べ方【これからフリーダイビングを始める人へ】

更新日:

フリーダイビングの適正ウエイトは、どのように調べたらいいですか?

フリーダイビングの適正ウエイトは、「何mぐらいの深さでフリーフォールを始めるのか」という事と関係してきます。
この記事では、適正ウエイトの調べ方を紹介していきたいと思います。

本記事の内容

  • フリーフォールとは?
  • 浮力チェック(buoyancy check)
  • まとめ

フリーフォールとは?

フリーフォールとは、海中で何もしないと、自然に沈んでいく現象のことを指します。
人間には浮力があるので、通常は浮きます。
でも、深く潜ると浮力が少なくなるので、自然に海中に沈んでいきます。

具体的な数字で、もう少し詳細に説明します。
0mから10mぐらいの地点だと、上下の水圧差が強く、浮力も強いため、人間は自然に浮きます。
潜り始めの時に、頻繁に耳抜きをする事と同じ理由です。
でも、10mを越えてくると、上下の水圧差が弱くなってきて、次第に浮力も弱まってきます。
そうして、自然に沈んでいくのがフリーフォールです。

浮力チェック(buoyancy check)

適正ウエイトを知るためには、浮力チェックを行いましょう。
1kgか2kgの重りをつけて、水深12mぐらいのところで、静止して下さい。
潜ってすぐだと、身体にモメンタムがついているので、12mについてから少しだけ待って下さい。
水深12mの地点で、上にも下にもいかない状態ならば、そこで均衡しているということです。
ちょうど良いウエイトです。

もし、身体が上に浮いていくなら、浮力が強いのだと思います。
もう少し重りをつけましょう。
もし、身体が下に沈んでいくなら、重りが重いのでしょう。
もう少し重りを軽くしましょう。

まとめ

この記事では、フリーフォールと浮力チェックについて説明しました。
上記のやり方に沿えばい、きっと適正ウエイトがわかるはずです。

ちなみに、ドルフィンスイムの場合だと、あまり深くは潜らないので、浮力チェックは4mぐらいのところで行いましょう。

フリーダイビングについてもっと知りたい人は、この記事を読んで下さい

フリーダイビングでオススメの本【2020年最新】

テクニック スキンダイビング・セーフティ(2訂版) 人体の仕組みや安全について知りたい方には、この本をオススメします。 フリーダイビングの器具、ブラックアウト、フリーダイビングの事故などについて詳しく説明している本です。 これからフリーダイ ...

続きを見る


ジャック・マイヨールのドキュメンタリー映画が気になる人は、この記事を読んで下さい。

フリーダイビングの映画【ドルフィン・マン】を観てきました

人生と家族 ジャック・マイヨールは魅力的な人間であったと同時に、自分勝手な人間でもありました。 お金、女、冒険が好きという、典型的な男性です。 彼はパスポート、シュノーケル、フィンだけを持って、世界のあちこちを旅していました。 旅行に行った ...

続きを見る

関連コンテンツ

-フリーダイビング

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.