プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

シンガポールとマニラで見つけた昔の日本地図

更新日:

シンガポールの国立博物館とマニラのサン・アグスティン教会で見つけた日本の古い地図を紹介します。
まずは、シンガポールの国立博物館の地図

1600年代の地図にしては、めっちゃいい加減。
当時はイギリスにとっては、Japanのことなんて、どうでもよかったんでしょうね(笑)
その下にあるformosaは台湾のことですが、台湾の場所と大きさも適当です。
沖縄、台湾などの区別がついてなくて、「その辺りに島が沢山あるよ」ぐらいの情報しかありません。

マニラのサン・アグスティン教会の地図1

これも確か1600年代。
スペインは、かなり日本のことを調べあげていたことがわかります。
伊豆諸島、佐渡ヶ島、壱岐などについても調査済みです。
でも、COREAがちょっと大きいですね。
宣教師のスパイ能力は大したものです。
ザビエルは、スパイ行為をやりつつ、ちゃっかり日本の教科書にも載ってるんだからビックリです(笑)

マニラのサン・アグスティン教会の地図2

これは、上の地図よりは、少し後の時代だった気がします。
台湾、沖縄、北海道などが地図に含まれていて、かなり正確になってきていますね。
COREAの大きさも合っています。

気になった方は、是非、現地に行ってみて下さい。

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-シンガポール, フィリピン

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.