プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

シアトルにあるホームレスを追い出すためのアプリ【Find it, Fix it】

更新日:

記事の内容


この記事では、シアトルにある、「ホームレスを追い出すためのアプリ」とも呼ばれている「Find it, Fix it」というアプリを紹介していきたいと思います。

「Find it, Fix it」とは、どんなアプリ?

「Find it, Fix it」とは、アメリカのシアトル市が提供しているアプリです。
住民が、街にある問題を発見したら、アプリを使ってそれを市に通報することができます。
アプリで作業をする順番は以下のようになります。

  1. 問題を報告するボタンを押す
  2. カテゴリーを選ぶ(廃車がある、排水の問題、動物の死骸、落書き、不法投棄、道路のくぼみ、信号)
  3. 最後に、位置情報をつけて、問題の写真をアップロードします

日本では報告をするまでもなく、こういった問題をあまり見掛けません。
なので、普段のシアトル市がどういう状態なのかは気になりますが、便利なアプリだと思います。

「Find it, Fix it」を使って、ホームレスの野営地を報告する住民

「Find it, Fix it」というアプリの用途はわかって貰えたと思います。
それだけを見ると素晴らしいアプリに見えますが、今はシアトルにいるホームレスの人達を通報する用途にも使われているそうです。
住民がホームレスの野営地を見つけると、「Find it, Fix it」を使って、「ここにホームレスが寝泊まりしているから追い出してくれ」とシアトル市に報告をします。

それだけを聞くと、ホームレスの人達は迷惑だから、通報されても仕方がないと思うはずです。
ただし、シアトル市に大量のホームレスが生まれた背景を知ると、話が変わってきます。

シアトル市には、Amazonの本社があり、4万人以上の従業員が雇用されているそうです。
その結果、何が起こったのかと言うと、地価やアパートの賃貸料が大幅に上昇しました。
2018年の住宅価格の中央値は、前年に比べて19%も上がったそうです。
月額で考えると、2017年には家賃が10万円だったアパートが、2018年には11万9千円に上がる計算です。
一年の上昇額としては、とんでもない数字です。
さらに、2011年から計算すると、家賃が約60%も上昇しているそうです。
そういった背景があり、シアトル市では学生も含めて、多くのホームレスが生まれました。
同様のことが日本で起こり、法律が借り主の味方をしなければ、きっと日本でも多くのホームレスが生まれるはずです。

まとめ

この記事では、「Find it, Fix it」というアプリと、その問題?について紹介しました。
テクノロジー企業が税収という形で街に貢献していることはわかりますが、そのせいで街に多くのホームレスも生み出しました。
そして、テクノロジーは、さらにそのホームレス達を追い詰めようとしています。
法的には問題ないのでしょうが、これが先進国の在るべき姿には見えませんね。

ちなみに、シアトル市はこの問題に対応すべく、市営住宅を建てるつもりのようですが、財源をどうしようか悩んでいるそうです。
一つの案としては、Amazonの従業員に人頭税をかけるという話もあるそうですが、それについてはベゾスが怒って、「それならばシアトルから出ていくかもしれない」と伝えたそうです。
普通に考えれば、ベゾスが怒るのも当然です。
「Amazonの従業員だけが、年間で3万円を払え!」と言われれば、誰だって怒るはずです。
シアトル市が、どのようにホームレス問題を解決するのかはわかりませんが、今後も注目していきたいと思います。
Amazonのようなテクノロジーの会社は確実に社会をよくしていますが、それでも何らかの社会問題が生まれます。
その問題を最終的に解決するのは、テクノロジーではなく倫理なのかもしれません。

Good luck!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

関連コンテンツ

-ポエム, 社会

Copyright© プログラミング道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.