プログラミング道場Top

エンジニアに求められるスキル

更新日:

エンジニアに求められるスキルには、どういったものがありますか?

この記事では、エンジニアに求められるスキルを説明します。
エンジニアに求めらてくるスキルは、以下の4つです。

本記事の内容

  • エンジニアに求められる技術力
  • ドキュメントを書く能力
  • コミュニケーション力
  • 英語力

エンジニアに求められる技術力

エンジニアに求められる技術力は、国語力+その他のどれか一つです。

国語力

エンジニアの仕事とは、抽象的な事柄を具体的な仕様に落とし込む作業です。
その際に、物事を性格に把握する必要があるので、国語力は必須のスキルと言えます。
でも、試験の点数はあまり関係がないかもしれません。
なぜならば、相手が言ったことをそのまま仕様にするわけでもないからです。
国語力とコミュニケーション力がセットで求められます。

Linuxのスキル(プログラマ用)

ほとんどの企業がLinuxを使っているので、Linuxは必ず覚えるようにしましょう。

プログラミングのスキル(プログラマ用)

Java、PHP、Ruby、JavaSCriptとか何でもいいので、一つはマスターしましょう。

データベースのスキル(プログラマ用)

CRUDや簡単なテーブルの操作は覚えておきましょう。

ネットワークのスキル(ネットワークエンジニア用)

ルーターやネットワークに関する知識は必須です。

UI/UXのスキル(デザイナー用)

フォトショップ、イラストレーター、Sketchといったツールの使い方を覚える必要があります。
また、デザインや色彩の理論も重要になってきます。

わかりやすくドキュメントを書くスキル

エンジニア内で情報を共有したり、他部署に情報を共有する時に、ドキュメントを作る必要があります。
UMLを使って専門的な情報をドキュメントを作る時もあれば、Confluenceのようなツールを使って一般的なドキュメントを作る時もあります。
そういった時に、「わかりやすくドキュメントを作る」というスキルは大事になってきます。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、例えエンジニアであっても、大事なスキルです。
周りと一緒に仕事をすることが多いので、気持ちよく仕事をするために適切なコミュニケーションが必要とされます。
挨拶、先輩への敬語、気遣い、提案など、気にすべきところは沢山あります。

仕様を確認する時でも、コミュニケーション力は大事です。
「Aさんが言ったことは、こういう理解でいいですか?」と聞き返して、お互いの理解があっていることを確認する必要があります。
時々、議事録を盾にして、「あの時、あなたはこう言ったじゃないですか!証拠もありますよ」と言う人もいます。
でも、そういったケースは、ただのミスコミュニケーションであることがほとんどです。
残念ながら、問題の解決にはなりません。
次回以降、Aさんは、あなたに協力してくれなくなるでしょう。

英語力

プログラマやデザイナーをとわず、最新の技術は英語圏から入ってくることがほとんどです。
Google翻訳があるので、絶対に英語力が必要とは言いませんが、読めるに越したことはないです。

また、最近は外国人が日本で働く機会も増えています。
外国人と英語で話せることは、エンジニアとして、一つの武器になります。

学問的には、どういったスキルが必要になってくるの?と疑問に思われる方もいるかもしれません。
そういった方は、「文系でもエンジニアになれますか?」を読んでみて下さい。

Good luck for your engineer life!

-プログラミング初心者

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.