プログラミング道場Top

エンジニアにとってベンチャーと大企業のどちらがいいのか?

更新日:

エンジニアにとって、働く環境はベンチャー企業と大企業のどちらがいいのでしょうか?

こういった疑問にお応えします。
大企業かベンチャーかというのは、数十年前からあるテーマで、正解はありません。
私の場合は、両方とも働いたことがありますが、いまだに優劣はつきません。
それでも、どちらに行こうか迷っている人の参考になるような回答をしたいと思います。

本記事の内容

  • 大企業の特徴
  • ベンチャーの特徴
  • どちらが、あなたに向いているのか?

大企業の特徴

若い人で、大企業に勤めたいという人がいますが、大企業の特徴とは何でしょうか?
一般的には、このような感じだと思います。

  • 安定している。
  • あまりリストラされない。
  • 給料が高い。
  • 大きな仕事を手掛けることができる

これは、Web系の大企業にも、そのまま当てはまるのでしょうか?

安定している

ITの大手企業は、確かに安定しています。
有給なども取りやすいし、各種の制度も整っているように思えます。
ただ本当に安定しているというよりは、ベンチャー企業の倒産リスクは高すぎるので、それに比べればマシという感じです。
ライブドアのような場合もありますし、一時期は隆盛を誇っていたグリーも今では低迷しています。
アメリカの場合だと、Yahooはベライゾン社に買収されました。
なので、かっこ()安定している、という感覚が正しいように思います。

あまりリストラされない

これはその通りだと思います。
大手のWeb系の企業では、なかなかリストラはされません。
ただし、今はエンジニアが売り手市場なので、リストラされないことに意味があるとは思えません。

ちなみに、なかなかリストラはされませんが、mixiは追い出し部屋を作っていたという話がありましたし、グリーは200名以上をリストラしました。
このように、リストラされる可能性は十分にあります。

給料が高い

これは会社によります。
大手のY社は給料が安くて有名でした。
今では上がっているのかもしれませんが、大手だからといって、給料が高いとは限りません。

大きな仕事を手掛けることができる

イメージ的には、大きな仕事を手掛けられると思いますが、実際の所はそうとも限りません。
なぜならば、以下のようなケースがあるからです。

  • 大きいシステムは外注する。
  • 大きいシステムは外部から買ってくる。
  • 大きいシステムには、大人数で取り掛かるので、一人あたりの仕事は少ない。
  • 既存の大きいシステムが存在していて、その保守の仕事しかない。

また、Sier、例えばNTTデータや富士通などに入社できたとしても、仕事先は子会社や関係会社という場合があります。
その場合は、エンジニアに仕事を依頼するだけのマネージメントだけを手掛けることもあるようです。

ただ、運がよくて、かつ実力があれば、やり甲斐のあるシステムを手掛けることができるはずです。

次にベンチャーのメリットを見ていきましょう

ベンチャーの特徴

  • 仕事の裁量が大きい
  • 経営陣との距離が近い
  • 意外と給料が高い

仕事の裁量が大きい

ベンチャーの場合は、仕事の裁量が大きいことが一般的です。
見方を変えれば、様々なことを一人でやらなければいけません。
大手ならば、サーバーサイドのプログラミングだけでよくても、ベンチャーの場合は、サーバーサイドからフロント、そしてデザインもやらなければいけないことがあります。
それをどう思うかで、大手向きかベンチャー向きかがわかります。
激務でもいいけど、一人で全てを実装できることに喜びを感じるならば、あなたはベンチャー向きです。
また、「私がサーバーからデザインまで、一人でやります。」と発言した場合に、大手企業だと周りから嫌われる可能性があります。
なぜならば、仕事を独占する人だと思われるからです。
でも、ベンチャーだと、人材のリソースが足りていないので感謝される可能性の方が高いはずです。
ちなみに、自分の知っている会社だと、社長自らが手を動かすこともあります。

それほど、社内でリソースが足りていないわけではないのですが、自社のプロダクト愛で溢れているからだと思います。
こういうのは、いかにもベンチャーだと思います^^

経営陣との距離が近い

ベンチャー企業だと、経営陣とコミュニケーションを図る機会は圧倒的に多いと思います。
大手企業だと社長とランチや飲みにいく機会は、なかなかないと思いますが、ベンチャーだとそういったことは日常茶飯事です。
経営陣と距離が近いと、意図をくみやすいし、仕事にも張りが出てきます。
「何でこの仕事をしないといけないの?」という時にも、経営陣に質問をした上で、気持ちよく仕事をすることができます。
ただ、ベンチャーの場合に、経営陣と仲がよくなりすぎて、ただのやりがい搾取になる場合もあるので、距離感には十分に気をつけましょう。

意外と給料が高い

最近は、ベンチャーでも、それなりの給料を出してくれます。
人手不足万歳ですね(笑)
ただ、その分、倒産リスクは高いので、いつでも他社にいけるような実力を養っておく必要があります。

どちらが、あなたに向いているのか?

誰しもが安定した生活を望みます。
ポイントは、安定をどのように定義するのかではないでしょうか?
安定とは、「資金的に体力のある企業に属すること」と定義するならば、大企業に行くべきです。
「どの企業でも働ける実力を身につけること」と定義するならば、ベンチャーの方が向いている気がします。
ただ、これはあくまでも一般論なので、自分が入社する会社の人達とはよく話して、社風を調べた上で入社しましょう。

Good luck for your engineer life!

-エンジニアの生き方

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.