プログラミング道場Top

エンジニアってどういう人が多いですか?

更新日:

エンジニアの性格は悪いといった話を聞いたことがあります。
実際のところ、エンジニアはどういう性格の人が多いですか?


エンジニアの性格が悪いということはありません。
でも、コミュニケーションが下手な人は多いかもしれません。
この記事では、エンジニアの特徴を説明したいと思います。

本記事の内容

  • エンジニアはコミュニケーションが苦手
  • エンジニアは勤勉です
  • エンジニアは細かいと思われがち
  • エンジニアに向いている性格

エンジニアはコミュニケーションが苦手

エンジニアには男性が多く、基本的にはバランスの悪い人が多い気がします。
大学でも理系出身だと周りが男ばかりなので、女性と話す機会が少なかった人も多いはずです。
そのため、男性同士ならいざしらず、女性と話す時には上手くコミュニケーションができない人も多くいます。
そこは、できるだけ察してあげましょう。
そのためパワハラやセクハラなどは少なく、ITの部署では滅多にそういった話を聞きません。
ただし、その分、逆に自分から聞かないと、十分な情報を引き出さないかもしれません。

会社やプロジェクト自体がプラックな場合は、みんなが納期に追われているので、人間関係がギスギスしていることもあります。
ただ、そういった周りからの圧力がない場合は、基本的にノンビリとした性格のよいひとが多い気がします。

エンジニアは勤勉です

エンジニアは勤勉な人が多いです。
常に勉強することを求められているので、週末や長期休暇に勉強していることも普通です。
普通の人に比べたら、英語力も高い人が多いかもしれません。

エンジニアは細かいと思われがち

エンジニアは、えてして詳細な内容まで考えがちです。
そのため、エンジニア以外の人からすると、非常に細かい人と思われるかもしれません。
「今は、そういった細かいことは気にしないで!」って思うこともあるかもしれません(笑)
ただ、それはプログラムの実装時に必要となってくるので、聞いているはずです。
最終的に、いい成果物を出してもらうためにも、協力的に答えてあげましょう。

エンジニアに向いている性格

もしかすると、これが一番、読者が知りたいことかもしれません。
エンジニアに向いている人は、「Noとハッキリと言える人」な気がしています。
もちろん、何でもかんでもNoと言っていたら仕事になりません。
でも、常に「Yes」と言っていると現場は次第に崩壊していきます。
残業を常にしていたら、新しい技術を勉強する時間はつくれません。
経営者に対して、「エンジニアは勉強する必要があるので、あまり残業はしたくありません」と言う必要があるかもしれません。

また、「新しい技術を使いたいので、少し工数が伸びるかもしれません」と説明する必要も時にはあります。
ムリにゴリ押しをするのではなくて、「自分はAがしたいです。理由はBだからです」とハッキリと伝えて、理由を説明することが何よりも大事です。

ちなみに、経営者がこういった要望を無視することもありますが、そうするとエンジニアは自分の未来に不安を感じて離職という道を選択しがちです。
エンジニアも丁寧に理由を説明する必要がありますし、経営者はエンジニアとの対話を大事にしましょう。

Good luck for your engineer life!

-IT業界の説明, エンジニアの処世術

Copyright© プログラミング道場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.