プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

エンジニアが成長できる環境

更新日:

エンジニアや採用担当者から、「エンジニアが成長できる環境って何?」という話を耳にしたことがあります。
それって、どんな環境ですか?

記事の内容


「エンジニアが成長できる環境」は、「エンジニアを採用しやすい環境」にも繋がります。
今回は、その環境を具体的に説明していきたいと思います。

エンジニアの成長と経営者側の成長は違う

エンジニアの成長とは何でしょうか?
いくつか、具体例を出して考えてみましょう。

事例1

広告のシステムを作りました。
そのシステムを運用して、会社は利益を上げ続けています。
最初にキッチリとシステムを作りこんだので、エンジニアは主に保守作業をしています。

事例2

銀行のATMのシステムを作りました。
そのシステムを運用して、銀行は利益を上げ続けています。
最初にキッチリとシステムを作りこんだので、エンジニアは主に保守作業をしています。

事例3

Airbnbのようなマッチングシステムを作りました。
そのシステムを運用して、会社は利益を上げ続けています。
さらに会社が成長するために、ユーザーからのフィードバックを元にして、エンジニアはシステムの改修を続けています。

3つを比較してみると、全ての会社が利益を出してますがエンジニアが積極的に仕事をしているのはAirbnbの会社だけです。
他の2社のケースでは、エンジニアはシステムを作り終えた後は、保守作業がメインで大した仕事をやっていません。
こういった場合には、経営者側とエンジニア側で、摩擦が起きやすいので注意が必要です。
エンジニアの成長と経営者側の成長の違いを認識した上で、次はエンジニアの成長を深掘りしていきます。

エンジニアの成長とは何でしょうか?

様々なシステムを扱える

例えば、社内に「広告」、「出会い系」、「仮想通貨」といったシステムがあった場合に、要望を出せば部署異動ができる仕組みがある。

様々な技術を扱える

PHP、Ruby、Javaなどの様々なな技術を扱う機会がある。
サーバーサイドエンジニア、フロントエンジニア、インフラエンジニアなどと変に業務範囲を決めすぎずに、やる気があれば、誰もが幅広く業務を遂行できる。

様々なタスクがある

ルーティンワークではなく、新規機能の追加といった新しい課題がある。
多くのエンジニアがルーティンワークを嫌います!

新しい技術を扱える

新しい技術、例えばAndroid開発で言えば、Kotlinなどを使うことが許される。

未来がありそうな汎用性のある技術を扱える

Ruby on Rails、Pythonといった汎用性のある技術を使うことができる。
COBOLや独自フレームワークといった環境では、エンジニアにとっては辛いだけです。

一緒に仕事をする仲間がいる

エンジニアは、自分よりできる人と一緒に仕事をすることを好みます。(エンジニアに限らないとは思いますが)
逆にエンジニアを一人で放置しておくと、いつの間にか辞めていきます。

仕事の範囲

ウォーターフォール的な開発で、依頼されたことだけを実装する方法は、エンジニアにとっては嬉しくありません。
ウォーターフォールの場合だと、コミュニケーションが疎かになりがちです。
そして結果として、成果物に対して設計者と実装者との間で、責任のなすりつけ合いが始まりやすくなります。
エンジニアが設計の段階から入って、サービスを立ち上げることが理想です。

技術的な業務の割合

仕事の内容が管理業務やMTGだらけだと、エンジニアのモチベーションは下がります。
Slackなどを使って無駄を省き、できるだけ管理業務の割合を減らすようにしましょう。

まとめ

「エンジニアが成長できる環境」を分解して説明しました。
エンジニアの方にとっては、転職時の目安になると思います。
採用担当者の方にとっては、「エンジニアを採用しやすい環境作り」の参考になるのではないでしょうか。
エンジニアの離職率に悩んでいる方は、社内のエンジニアに、どれだけの項目が当てはまっているか、一度、確認してみるといいかもしれません。

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

関連コンテンツ

-エンジニアの採用

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.