プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!

エンジニアが市場価値を把握しておくべき理由 エンジニアは、なぜ市場価値を把握しておいた方がいいのか、まずはその理由について説明します。 エンジニアの市場価値を決める要素 エンジニアの市場価値を決める要素について説明します。 経験業務と年数 ...

続きを見る

アジャイル開発とスクラム開発でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

更新日:

記事の内容


この記事では、アジャイル開発とスクラム開発でおすすめの良書と動画教材を紹介していきたいと思います。

Udemyのここがオススメ

  • 一ヶ月間は自由に返金することができるので、お試しで講座を受けられる。
  • 情報が古くなった場合には、著者が教材をアップデートしてくれることが多いので、初心者に優しい。

初心者向け

アジャイルサムライ−達人開発者への道

アジャイル開発の定番本です。
アジャイル開発の心構えや実務のコツを啓蒙してくれる良書です。

いちばんやさしいアジャイル開発の教本 人気講師が教えるDXを支える開発手法

フトウェア開発の現場でアジャイル開発を実践してきた著者陣が、その知見を丁寧にまとめたものです。
どう実践してよいかわからないという人でも読んだその日から自分の現場で取り組めるように、具体的なやり方が豊富な図とともに解説されているのが特徴です。

必要な前提知識のハードルが低く、非常にわかりやすい本です。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発

マンガ形式で、システム開発の物語を追いながらスクラム開発を学べる本です。
最新のスクラムガイドに準拠し、透明性・検査・適応や確約・勇気・集中・公開・尊敬など丁寧に説明されています。
スクラムを実際の開発現場に、どう適用すればよいのかを、わかりやすく解説しています。

中級者向け

正しいものを正しくつくる プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について

本書では、共創を実現する具体的な⼿段としてのアジャイル開発を下敷きに、これからのソフトウェア開発づくりに、作り⼿と、それを必要とする⼈がどのように臨むべきなのか、その考え方と行い方を具体的に提⽰する一冊です。
「正しいものを正しくつくる」という挑戦的なタイトルですが、中身はその意味をしっかりと説明しています。
正しいのものを作るのは難しいと思っている方にはぜひ読んでほしいです。

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

「日本の現場」に寄り添った、アジャイル開発の実践本です。
「正しいものを正しくつくる」と同じ著者です。

【本書の特徴】

  • 現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる
  • 1人でも始められる業務改善の手法から、チームマネジメントの手法まで解説
  • 日本の現場を前提にしているので、実践しやすい
  • アジャイルをこれから始める人だけでなく、もっとうまく実践したい人にも最適

プロダクトマネジメント ―ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける

本書は、顧客に価値を届けるプロダクトを作り出すプロダクトマネジメントについて学ぶ本です。
プロダクトマネジメントを理解することで、企業がビジネス目標を達成しながら、顧客の課題を解決する方法を解説します。
プロダクト開発に関わるすべての組織のリーダーにおすすめの本です。

Clean Agile 基本に立ち戻れ

この本を通読すれば、アジャイルはどんなものか、ウォーターフォール型開発との違いは何なのか分かります。
アジャイルについて網羅的に紹介されています。

読み物っぽい本です。

SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意

「スクラムマスターは何をすればよいのか」に答えてくれる本です。
スクラム、アジャイルに関しての本は数多ありますが、その中でもスクラムマスターに特化した本になります。

スクラムマスターとして初めて指名された人におすすめです。

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

本書は、なぜアジャイル開発を行わなければならないのか、という本質的な問いに真っ向から答えてくれます。
アジャイルはなんのなく知っているけど体系的に学びたい方におすすめです。
実例を含めてアジャイルな見積りの仕方や進め方、ポイントについて説明されており、ウォーターフォール型との違いが理解することができます。

アジャイルイントロダクション:Agile開発の光と影

ソフトウェア工学分野の“大御所”バートランド・メイヤー博士の手による、アジャイル入門書にして具体的な開発手法にまで言及した一冊。
アジャイルのプラス面だけでなく、マイナス面にも切り込んで紹介している点が本書の特徴である。
メイヤー博士は、オブジェクト指向開発のバイブル的書籍「オブジェクト指向入門」でも有名な人です。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるアジャイル開発

今すぐ詳細を見てみる

このコースでは、あらゆるレベルのビジネスプロフェッショナルが理解しやすい方法でアジャイルとスクラムの基本をカバーします。
アジャイルとスクラムの基礎に関するこのコースから得られる知識を使用して、アジャイルとスクラムに適した環境を作成できます。
Udemyの人気の講師ですね。
いつもながら、わかりやすい講座です。

【アジャイル開発】スクラム基礎講座

今すぐ詳細を見てみる

このコースは海外人気講座 "Agile Scrum Course: Scrum Fundamentals | Scrum Certification"の日本語字幕版です。
グローバルIT企業でも採用されているアジャイル開発手法について、英語での言い方を確認しつう、日本語字幕の補助つきで学習いただけます。

コンサル一年目が学ぶこと

本書は、コンサルタンティング会社に勤める人のためだけの本ではありません。
職業・業界を問わず、 15年後にも役立つ普遍的なスキルを、
社会人一年目で学んだときの基礎的なレベルから理解するための本です。

直接的に、アジャイル開発と関係するわけではありませんが、知っていると役立つ知識が多く書かれています。

この本は、「Kindle Unlimited」の30日間無料体験で読むのがオススメです ^^
無料体験後も、200万冊以上の本を月額980円で読むことができる、読書好きにはもってこいのプランです。

エンジニアの組織論について興味がある人は、この記事を読んで下さい

エンジニア組織を作る時におすすめの本【2022年最新】

Googleのソフトウェアエンジニアリング ―持続可能なプログラミングを支える技術、文化、プロセス Googleのエンジニア達が培ってきたノウハウが、600ページ以上にわたって書かれた本です。 Googleの現役ソフトウェアエンジニアたちが ...

続きを見る

プロダクトマネジメントについて興味がある人は、この記事を読んで下さい

プロダクトマネジメントをする人におすすめの本【2022年最新】

プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで プロダクトマネジメントに必要となる極めて広汎な知識領域について、基礎知識や著名なフレームワークを解説しています。 プロダクトマネジメン ...

続きを見る

DX(デジタルトランスフォーメーション)について興味がある人は、この記事を読んで下さい

DX(デジタルトランスフォーメーション)でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

分類ごとの記事 自然言語処理については、この記事を読んで下さい 機械学習については、この記事を読んで下さい 機械学習で使う数学については、この記事を読んで下さい MLOpsについては、この記事を読んで下さい Pythonについては、この記事 ...

続きを見る

電子書籍を大きな画面で読みたい人には、外部ディスプレイがオススメです

ディスプレイのオススメ【2022年最新】

ディスプレイの選び方 ①、使い方に合ったサイズを選ぶ まずは、サイズを決めていきましょう。 21型といった場合の「型」はインチ(2.54cm)を意味し、画面の対角線の長さが21インチであることを示しています。 19インチ以下のモニターは、コ ...

続きを見る

プログラミングスクールに行きたい人には、この記事がオススメです

都道府県別のプログラミングスクール紹介【2022年最新】

プログラミング言語 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄 まとめ この記事では、都道府県別にプログラミングスクールを紹介しました。 近くに行ってみたいスクールがあれば、是非、連絡をしてみて下さい^^ Good luck w ...

続きを見る

関連コンテンツ

-プログラミング, 書評

Copyright© プログラミング道場 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.