プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

【Ruby入門】Module(モジュール)の使い方

更新日:

この記事では、Module(モジュール)の使い方を紹介します。

本記事の内容

  • Moduleとは何か?
  • Moduleの使い方
  • まとめ

Moduleとは何か?

Moduleには、主に2つの機能があります。
これらについて、順番に見ていきたいと思います。

  • 名前空間を提供する
  • クラスに組み込んで多重継承を実現する

Moduleの使い方

名前空間を提供する

Moduleを使うことで、イメージ的には、変数やクラスを整理することができます。
同じ定数名でも、module名が異なれば別の値として使うことができます。

それは、クラスでも同様です。
同名のクラス名、メソッド名でも、moduleが異なれば別のクラスとして扱われます。

多重継承

Rubyの継承は、一つの親クラスしか持てませんでした。
しかし、Moduleを利用した多重継承のような機能を使えば、複数のクラスにある機能を使うことができます。
その機能をMixin(ミックスイン)と呼びます。
下記の例では、「空に関する能力」と「海に関する能力」の2つを子クラスで実装しています。
子クラスが、インスタンスメソッドとしてmoduleを利用するためには、「include」というキーワードを使います。

上記の例では、インスタンスメソッドから使いましたが、クラスメソッドとしても実装することができます。
子クラスが、クラスメソッドとしてmoduleを利用するためには、「extend」というキーワードを使います。

まとめ

この記事では、Moduleが提供する機能について説明しました。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.